大学院紹介

  • HOME > 
  • 大学院紹介

滋賀大学大学院 教育学研究科 教科教育 音楽教育専修 について

 音楽教育専修は、声楽2名、器楽(ピアノ)2名、作曲1名、音楽教育担当2名という、合計7名の教員で構成されています。学生は、滋賀大学の卒業生はもちろん、同志社女子大学音楽学科や大阪音楽大学など、周辺の音楽学部からやってくる人、また、現職教員など、実に幅広い人材が、それぞれのニーズやスタイルに合わせて学んでいます。

 大学院の音楽教育専修というのは、一体どういうところなのだろうかと、思われる方もあることでしょう。我が音楽教育専修の学生たちは、実におおらかに、それぞれの方法で音楽と向き合いながら楽しく勉強しています。実技の研鑽を積み、コンクールやオーディションなどを受けるひと・・・今までにないアプローチを探求しつつ創作活動に励むひと・・・音楽教育をさらに深く研究しようと視野を広げ、学ぶひと・・・また、免許取得を目指して旺盛な勉学への意欲を満たそうとするひと・・・など、静かな緑に囲まれた環境の中で伸び伸びと、しかし真摯に目標に向かってそれぞれ頑張っています。

 あなたが今、気になるテーマは何ですか?ここへ来て一緒に学びませんか?我々教員は、あなたと、あなたの音楽に未来を繋ぐお手伝いをしたいと考えています。

最近の修士論文題目より

「淡路人形浄瑠璃の伝承システムにみる教育の役割−地域の学校や子ども会活動における郷土芸能の伝承と発展−」
「リヒャルト・ワーグナーの音楽について−その楽劇における管弦楽の使用についての研究」
「現代日本歌曲私論」
「声の可能性を探る−声優・モノマネ芸人に学ぶ−」
「音律の変遷とピアノの調律について」
「ラヴェルのピアノ作品に見られる古典的様式」
「学校音楽教育における地域との連携に関する研究−音楽家との新たなコラボレーション授業の開発を中心として−」
「エチュードの原点−クレメンティの教本を考察して−」
「豊かな合唱表現を培う指導法の研究−人や音との関わりの中でtextureを通して生まれる音の表現と美の追究−」

主な修士演奏曲目より(ピアノ)

主な修士演奏曲目より(ピアノ)

ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ
スクリアビン:ソナタ 第2番、第4番
ショパン:幻想曲
ベートーヴェン:エロイカ変奏曲
ショパン:バラード 第3番、第4番
リスト:ソナタ ロ短調
シューベルト:ソナタ D960
グラナドス:ピアノ組曲「ゴイエスカス」
ショパン:ソナタ 第2番
フォーレ:バラード
スクリアビン:ソナタ 第3番
ベートーヴェン:ソナタ Op.110
ラヴェル:クープランの墓
ショパン:ソナタ 第3番
キュイ:プレリュード
シューマン:幻想曲

主な修士演奏曲目より(声楽)

主な修士演奏曲目より(声楽)

シューマン:「女の愛と生涯」
カゼッラ:「14世紀の3つの歌」
ロッシーニ:「フィレンツェの花売り娘」、「約束」、「アルプスの羊飼いの娘」
プッチーニ:オペラ《ラ・ボエーム》より ミミのアリア「私の名はミミ」、
「あなたの愛の呼び声に」
プッチーニ:オペラ《トスカ》より トスカのアリア 「歌に生き、恋に生き」
ビゼー:オペラ《カルメン》より カルメンのアリア「恋は気まぐれな小鳥のよう」
團伊玖磨:「わがうた」より
林光:「4つの夕暮れの歌」、「ものに寄せる歌」より、「ことに寄せる歌」より
中田喜直:「日本のおもちゃ歌」、「六つの子供の歌」より

大学院生の主な出身大学

滋賀大学教育学部
同志社女子大学音楽学部
京都市立芸術大学音楽学部
大阪教育大学教育学部教養学科
京都女子大学発達教育学部
大阪音楽大学
相愛大学音楽学部
東京芸術大学音楽学部
愛知県立大学音楽学部 
島根大学教育学部 他