初等教育コース 教育文化専攻

教育文化専攻とは

現代社会においては、教育の営みは、学校を中心にしながらも、家庭や地域、メディアなど、多元的な広がりの中で行われています。また、幼児期から学校段階、職業生活を経て老後にいたるまで、生涯にわたって教育が重要な位置を占めるようになっています。

教育文化専攻は、制度的、組織的な教育の場である学校を軸としながらも、家庭、地域、社会といった教育の場の広がりの中で、また人間の生涯という時間軸のなかで教育を捉えなおす能力を身につけることを目的としています。そのためには、教育の理念や制度といったフォーマルな観点から教育を理解するだけでなく、文化の側面から生きた教育を統合的に捉えなおす能力を育成することが必要です。教育文化専攻では、教育文化という観点から、領域的にも時間的にも広がりをもった様々な場での教育を相互に関連づけながら考え、教育を多面的にとらえることのできる教師の養成をめざしています。

また、教育文化専攻では、このような教師としての資質を磨きながら、同時に地域において子ども、青年、成人、高齢者の教育を支援すること、いわゆる社会教育の指導者の養成も重要な使命と考えています。生涯学習社会にふさわしい教員と各領域における指導者を養成することが、本専攻のめざしているところです。

教育文化専攻の指導体制

教育文化専攻では、以上のような目的を達成するために、教育学および関連する分野の基礎をしっかりと学習する機会を提供するとともに、学校以外のさまざまな場における教育や学習活動を知り、また体験できるようこれらの実践場面に接する機会を数多く設けます。たとえば、青少年教育の施設、文化施設、養護施設、企業の生産現場、青少年矯正教育の施設などへの訪問、またここでの体験活動です。さらに、このようなことを、広く歴史的、また国際的な視野で考えられるような学習も行います。

そして、何よりも、こうした力量の形成は日常的な学びの積み重ねが重要となります。そこで、1回生からプレゼミの時間(教育文化論、教育文化研究I、II、他)を設けて、早い段階から教育学の専門教育に触れる機会を設けています。3回生までの間に3つのゼミをすべて経験し、そこでの学習を通して、自分の興味関心を明確化し、自分にもっとも適した学びのスタイルや研究課題を発見します。

スタッフ紹介

喜名信之
専門分野
教育文化史
研究テーマ
西洋における理想的人間像の研究、国際理解教育論
三輪貴美枝
専門分野
教育哲学(とくにドイツ教育思想研究)
研究テーマ
教育概念の変遷史、ドイツ敬虔主義教育思想、バーデン・ヴュルテンベルグにおける民衆学校史
藤村祐子
専門分野
教育制度学
研究テーマ
教師教育、アメリカの教員政策

カリキュラム:教育文化専攻で何を学ぶか

カリキュラム構成のイメージ

他の専攻において開講されている科目との知のコラボレーションにより多様な学習を実現したカリキュラム構成になっています。

基本的カリキュラム

  1回生 2回生 3回生 4回生
教育文化専攻科目 教育文化論[必]
教育文化研究Ⅰ[必]
外国語専門書講読[選]
教育学専門科目[選必]

教育文化研究Ⅱ[必]
外国語専門書講読[選]
教育学専門科目[選必]
教育学研究法[選必]



教育学専門科目[選必]
教育学研究法[選必]
卒業研究[必]
教職関連科目 教職科目
教育実習事前指導
教職科目
教育実習事前指導
教職科目
基本実習Ⅰ(主免/必)
教育実習事後指導
教職科目
基本実習Ⅱ(副免/選)
社会教育主事資格科目[*] 社会教育関連科目 社会教育関連科目 社会教育関連科目
社会教育実習
社会教育関連科目
教室行事 ペスタロッチ祭 ペスタロッチ祭 ペスタロッチ祭[main] ペスタロッチ祭

このようなカリキュラムを通して、小学校I種の免許状および希望する免許状が取得され、同時に教育学の各分野の基礎、すなわち、教育の哲学的、歴史的、制度的、社会学的、社会教育的な知見や理論を学び、さらに、現代の子どもと学校をめぐる様々な状況を検討しながら、現実的に対処する能力を獲得することがめざされています。

[*]印の科目について

教育文化専攻では、社会教育主事基礎資格の取得の有無にかかわらず、広い視野の獲得をめざして、社会教育に関する科目の積極的履修を推奨しています。

取得できる免許状

教育文化専攻では、卒業するために、小学校I種の免許状を取得します。そのほかには、幼稚園、中学校、高等学校、特別支援学校のI種あるいはII種の免許状を取得することも可能です。また、社会教育主事の基礎資格を比較的容易に取得できるようになっています。

卒業研究

4年間の学習成果をまとめるのが卒業論文です。教育文化専攻の卒業論文は、総じて、学校教育、社会教育、子ども文化、青年文化などに関する歴史的、哲学的、社会制度的な観点から行われています。そのテーマは広い範囲におよび、教育に関する様々な問題について、学生自身の興味関心や問題意識にそって比較的自由に追究することができます。以下は最近のテーマの一部です。

卒業後の進路

これまで教育文化専攻を卒業した多くの学生は、小学校、中学校、幼稚園の教師になっています。専攻がその育成をめざしている広い視野をもった人々が数多く育っており、教育現場で活躍しています。そのほか、公務員、一般企業に就職する人もいます。また、近年は大学院に進み、さらに研究を進める人も増えてきています。

ページトップへ