初等教育コース 初等教科専攻 体育専修・中等教育コース 保健体育専攻

初等教育コース初等教科専攻体育専修・中等教育コース保健体育専攻とは

初等体育専修および中等保健体育専攻においては,共通して体育ならびに保健体育に関する高い専門的知識と技能を持った教員の養成を目指しています。そのために,理論として,保健体育科教育学,体育学(武道論,スポーツ社会学、スポーツ心理学など),運動学(体力科学,運動方法学,運動生理学など),学校保健(衛生学および公衆衛生学,学校保健)を学び,実技として,球技,水泳,陸上競技,器械運動,武道,スキー,ダンス,救急処置や看護法などを習得します。

体育領域については,体操,スポーツ,ダンス,武道,野外活動などのスポーツ文化について,それぞれの運動の仕組み(構造的特性),楽しさ(機能的特性),心身発達への影響(効果的特性)などを把握し,それらの具体的な運動学習への取り組み方を,理論と実践によって深めていきます。特に現在の社会においては,学校教育の中の身体運動に加えて,生涯スポーツの望ましい実践につないでいくことが重要な課題となっています。また,スポーツ文化を学習し,楽しみ,次につないでいく「スポーツ享受能力」の養成に焦点をおいた学習指導をしていくためには,運動ばかりでなく,その基になる身体そのものについての学習も必要になります。

健康領域については,身体の発育発達,けがや病気,健康生活など,健康や安全についての正しい知識を身につけ,関心を持ちながら,日常の生活や生涯の健康に生かしていくことについての専門的な学習や研究が重要な課題となります。それらを通して,中学校,高等学校での効果的な保健の教育・指導について学習を深めていきます。

また,初等体育専修では小学校の体育の場で,中等保健体育専攻では中学校の保健体育の場で,効果的な学習指導を展開するための教材開発や授業づくり,カリキュラムづくりについて深く探求し,実践的指導力の基礎を形成します。

これらのことから,本専修・専攻ともに,体育領域と健康領域の相互の関連性を常に念頭におきながら,それらに関心を持ち,知識を深め,実践していける有能な教員養成を目指しています。具体的には,1,2回生でいろいろな専門的知識や技術の学習を積み重ねながら,3回生では,特に自分の興味関心のある対象について,実験や文献調査などによって,情報収集や資料整理を行い,4回生ではそれらからテーマを絞り込み卒業論文にまとめていきます。


スタッフ

本専修・専攻では,運動(スポーツ)・体育・健康について,多面的・専門的に学ぶことができるスタッフが揃っています。また,運動部活動の顧問として頼れる,力強い味方の教員ばかりです。 それでは,教員がどんな分野を専門として活動しているのか,簡単に自己紹介(①研究分野・研究活動,②学部の授業,③運動部顧問,④オフィスアワー・連絡先等)をします。

大平(おおひら) 雅子(まさこ)  准教授
  1. 衛生学・健康科学:人間の生体情報・生理状態の計測による評価研究
  2. 学校保健I~III,衛生・公衆衛生学,環境とストレス,健康と社会,保健栄養学など
  3.  
  4. オフィスアワー : 火・水 12:00~12:50
    E-mail address : ohira@edu.shiga-u.ac.jp
    TEL&FAX : 077-537-7726(大平研究室)

加登本(かどもと) (ひとし)  准教授
  1. 保健体育科教育:小学校体育授業における学習集団の形成に関する研究,体育教師教育の研究
  2. 初等体育科内容学I・II,初等体育科教育法,中等保健体育科教育法II,身体運動の科学,キャンピング,スキーなど
  3. バスケットボール部 、水泳部
  4. オフィスアワー : 月曜日12:00~12:50
    E-mail address : kadomoto@edu.shiga-u.ac.jp
    TEL&FAX : 077-537-7761(加登本研究室)

(つじ) 延浩(のぶひろ)  教授
  1. 保健体育科教育:優れた体育授業の分析と評価,睡眠教育支援プログラムの開発と評価に関する研究
  2. 初等体育科内容学I・II,バスケットボール,スキーI,中等保健体育科教育法I,保健体育科教育学演習など
  3. 準硬式野球部
  4. オフィスアワー : 月 16:10~17:30,木 12:00~12:50
    E-mail address : ntsuji@edu.shiga-u.ac.jp
    TEL&FAX : 077-537-7785( 辻 研究室)

平井(ひらい) (はじめ)  教授(国際理解教育コース兼任)
  1. スポーツ社会学,スポーツ文化論(スポーツを通して人や社会を視ることに興味があります)
  2. スポーツ社会学,バレーボール,身体文化と異文化理解,スポーツと現代社会など
  3.  
  4. オフィスアワー : 月・水12:00~12:50,16:00~17:30
    E-mail address : hirai@edu.shiga-u.ac.jp
    TEL&FAX : 077-537-7801(平井研究室)

松田(まつだ) 繁樹(しげき)  准教授
  1. 運動生理・測定評価・発育発達:サッカーに関する研究,トレーニングに関する研究,子どもの足裏形態に関する研究
  2. 体育Ⅰ・Ⅱ,体力科学,生理学,体力科学演習,サッカー,陸上競技など
  3. 剣道部
  4. オフィスアワー:月・木12:00~12:50
    E-mail address : matsuda@edu.shiga-u.ac.jp
    TEL&FAX : 077-537-7757 (松田研究室)

カリキュラム

1年次の秋に毎年15名程度,初等体育専修および中等保健体育専攻の選択者が決まり,本格的に講義が始まります。図1は,主な履修科目を表しています。初等体育専修では,教員養成基本科目として小学校全科にわたる初等教科内容学と初等教科教育法を履修します。体育実技科目では,陸上競技,器械運動,バスケットボール,水泳,ダンスが必修とされています。体育・健康に関わる理論として,スポーツ心理学,スポーツ社会学,武道学,体力科学,スポーツ運動学,生理学(運動生理学を含む),衛生学および公衆衛生学,学校保健などを履修します。

中等保健体育専攻では,教育課程及び指導法に関する科目として,中等保健体育科教育法IおよびII,中等保健体育科教材内容論IおよびIIを履修します。体育実技科目では,陸上競技,器械運動,サッカー,バスケットボール,剣道,水泳,スキーI,ダンスが必修とされています。体育・健康に関わる理論として,初等体育専修よりも多くの選択・必修科目を履修します。

大学4年間で,保健体育科の教師としての基礎的な資質や能力を高めていきますが,様々な実技能力を高めることは,各種運動教材の実技指導能力を高めることにつながります。運動の得意な人はさらなる技術の向上と指導力の獲得を,苦手な人は原点に立ち返って,運動の楽しさの追究と指導力の獲得を目指してほしいと願っています。


図1.初等教科専攻体育専修および中等教育コース保健体育専攻の主なカリキュラム

写真が語る初等体育専修・中等保健体育専攻の魅力


スキー実習は思い出に残る行事

キャンプ実習を行う葛川少年自然の家

体育の授業には教材の工夫がいっぱい!

保健の授業も観察します

教育実習は最大の行事!

体育授業研究会に参加してみませんか

最近の卒業論文

3年次になると,卒業論文を書くにあたって,自分の専門研究領域を決定します。分野は,教員スタッフで紹介しているように,①運動学(体力科学,スポーツ 運動学),②体育学(スポーツ社会学,武道論),③学校保健(健康科学),④体育科教育学の4つがあります。では,卒業生がどのような論文を作成しているのか,紹介します。

平成28年度卒業生

平成27年度卒業生

卒業生の進路

本専攻・専修で学ぶ学生のほとんどが,教職希望です。卒業後,期限付き講師につく卒業生もいますが,1・2年で採用試験に合格して正採用されます。最近3年間の主な進路は,以下の通りです。

ページトップへ