教材開発コース【美術教育領域】

教材開発コースとは

教材開発コースは、それぞれの専門分野に教科教育学、教材開発及び授業研究等を置き、実践的理論的な教育研究を行います。

教材開発コース【美術教育領域】における教育・研究の概要

美術教育領域

  • 美術教育の内容を教育の現代的課題の中で捉え直すとともに、美術教師として必要な教育実践研究能力の向上を図ります。
  • 美術教育の根源について考察し、人間の尊厳と芸術文化への洞察を深めます。
  • 美術教育の立場から、表現の諸領域及び美術理論・美術史における高度な専門的知識と方法論を総合的に把握することをめざします。
  •   

美術教育領域の教員一覧

教員名 谷田 博幸・たにた ひろゆき
研究テーマ イギリスを中心とする西欧近代美術史
教員名 新関 伸也・にいぜき しんや
研究テーマ 美術教育における表現及び鑑賞の理論と実践の研究
教員名 世ノ一 善生・よのいち よしお
研究テーマ タイポグラフィを中心としたグラフィックデザイン
教員名 藤田 昌宏・ふじた まさひろ
研究テーマ 具象的な立体表現を中心とする現代美術及びアートを通したワークショップ
教員名 村田 透・むらた とおる
研究テーマ 造形活動における子どもの表現行為の事例分析

最近の修士論文題目の例

  • 図画工作科の充実をめざして −子ども理解と関係性を重視した指導のあり方について−
  • 乱世の美 −当世兜にみる世界観・メンタリティ・美意識−
  • 美的経験の認知に着目した美術鑑賞授業の提案
  • 児童の造形行為の読み取りと自己省察 −中学年の造形遊びを通して−
  • グラフィックによる情報伝達
  • 中学校美術科における協働的な学びに関する考察 −自身の絵画制作を起点として−
  • 知覚・語り・経験から生成される学びの過程−対話による意味生成的な美術鑑賞授業に注目して−
  • 遊びの構造を分析することで見えてくる造形教育の在り方
  • 材料を観点とした「造形遊び」の実践的研究 −中学年の身辺材を使った活動を通して−
  • 「アウトサイダー・アート」を活用した美術鑑賞教育の可能性
  • 芸術実践と教育の結節的に関する現象学的考察