教材開発コース【家政教育領域】

教材開発コースとは

教材開発コースは、それぞれの専門分野に教科教育学、教材開発及び授業研究等を置き、実践的理論的な教育研究を行います。

教材開発コース【家政教育領域】における教育・研究の概要

家政教育領域

  • 家庭科教員として必要な教育実践・研究能力の向上を図ります。
  • 食物学、被服学、住居学、保育学、家庭経営学及び家庭科教育分野における専門的知識と研究方法を学ぶことにより、研究・教育能力の向上を図ります。
  • 専門分野の理論と地域の特性を活かした新しい教材開発研究を行います。
  •   

家政教育領域の教員一覧

教員名 久保 加織・くぼ かおり
研究テーマ 食品の栄養価・嗜好性・機能性に関する研究、食教育に関する研究
教員名 田中 宏子・たなか ひろこ
研究テーマ 住教育・自然災害教育に関する研究
教員名 與倉 弘子・よくら ひろこ
研究テーマ 最適な被服設計のための素材性能評価に関する研究、衣生活教育に関する研究
教員名 平松 紀代子・ひらまつ きよこ
研究テーマ 家庭経営・家族関係に関する研究

最近の修士論文題目の例

  • 絹ちりめん布の風合い特性に関する研究
  • 教科間のつながりを重視した減災教育の可能性とカリキュラムの提案
  • 家庭科における被服製作実習が購入行動に及ぼす影響
  • 食品偽装と消費者市民社会に関する一考察 −加工食品の期限に関する意識調査を通して−
  • 繊維製品のマテリアルリサイクルに関する基礎的研究
  • 学校における減災の実態と発災後の教育活動支援に関する研究
  • ふなずしの嗜好性に関する研究
  • 中国の学校における食育に関する研究
  • 子育て世代の食意識と食生活からみる高等学校家庭科の意義と役割
  • 教員養成大学における災害教育の必要性に関する研究