教育科学コース

教育科学コースとは

教育科学コースは、教育の基礎と方法、発達と学習を中心とした分野を設けています。

教育科学コースにおける教育・研究の概要

教育科学領域

  • 生涯学習体系の中での学校教育を探求し、教育の基礎的諸科学の研究能力を養います。
  • 学校における教授学習過程や児童生徒の神玄関にみられる心理学的機序を解明します。
  • 人格形成における親子関係、幼児期の初期経験に関する専門的知識を基礎として、学校集団への適応にかかわる生徒理解とカウンセリングの方法を習得します。
  •   

教育科学領域の教員一覧

教員名 井上 毅・いのうえ たけし
研究テーマ 知識の構造とその処理過程に関する認知心理学的研究
教員名 菅 眞佐子・すが まさこ
研究テーマ 乳幼児期の子どもの認知発達とそれを支える支援について
教員名 三輪 貴美枝・みわ きみえ
研究テーマ ドイツにおける「教育」概念の展開と学校教育理論についての研究
教員名 若松 養亮・わかまつ ようすけ
研究テーマ 青年期の進路意思決定過程の解明と支援
教員名 渡部 雅之・わたなべ まさゆき
研究テーマ 視点取得を中心とする認知発達研究
教員名 芦谷 道子・あしたに みちこ
研究テーマ 子どもの心身の問題にまつわる臨床心理学的支援
教員名 太田 拓紀・おおた ひろき
研究テーマ 教師の職業的社会化研究、近代の教師教育に関する歴史社会学的研究
教員名 藤村 祐子・ふじむら ゆうこ
研究テーマ 教員に関する政策研究
教員名 蔵永 瞳・くらなが ひとみ
研究テーマ 学級集団における対人相互作用に関する教育社会心理学研究

最近の修士論文題目の例

  • 幼児期における協調運動能力と自己身体認識の関連
  • 学級集団の実践コミュニティ化に関する実践的試論−社会力を高めあう学級づくりモデルの構築−
  • 藤樹の理念に基づく学習モデルの構築−自己実現としての「明徳」に着目して−
  • 児童の役割取得向上を目的とした教育実践によるレジリエンス育成に関する心理学的研究
  • 中学校の教育相談における生徒の自己開示に及ぼす諸要因の効果
  • 描画活動を通した幼児の自己形成
  • 滋賀県における日系ブラジル人児童生徒の生活と教育に関する一考察−保護者の就労形態と地域社会の支援を中心にして−
  • 高校生における思考の硬さと疎外感の関係
  • 能動的で協働的な学習集団づくりに関する実践研究ー授業と学級活動の相互関連の追及を通してー