教材開発コース【音楽教育領域】

教材開発コースとは

教材開発コースは、それぞれの専門分野に教科教育学、教材開発及び授業研究等を置き、実践的理論的な教育研究を行います。

教材開発コース【音楽教育領域】における教育・研究の概要

音楽教育領域

  • 音楽教員として必要な教育実践・研究能力の向上を図ります。
  • 器楽、声楽、作曲、音楽学の各領域における専門的技能や知識を深めることにより、芸術文化への深い洞察に導き、総合的な研究・教育能力の向上を図ります。
  • 初等・中等教育における音楽教育の内容や方法について深く学ぶことにより、教材開発や授業研究などの実践的能力の向上を図り、学校における芸術教育に資することをめざします。
  •   

音楽科教育領域の教員一覧

教員名 犬伏 純子・いぬぶし すみこ
研究テーマ (1)ピアノ作品、ピアノを含む作品の演奏法
(2)ピアノ教育
教員名 杉江 淑子・すぎえ よしこ
研究テーマ (1)学校および学校外の音楽教育の社会学的研究
(2)音楽科教育の教材内容論と教材開発
教員名 林 睦・はやし むつみ
研究テーマ (1)地域と連携した音楽教育
(2)応用音楽学
教員名 若林 千春・わかばやし ちはる
研究テーマ 神話としての儀式空間における音楽作品の創作・・・「人間の内なる自然」と「人工の夢想あるいは理念の幻影」との狭間
教員名 中根 庸介・なかね ようすけ
研究テーマ (1)オーボエを中心とした木管楽器奏法の研究
(2)管楽アンサンブルの演奏法,指導法
教員名 渡邊 史・わたなべ あや
研究テーマ (1)舞台における歌唱表現
(2)声と言葉,および歌唱の効果的な基礎訓練法について

最近の修士論文題目の例

  • 小学校音楽科の読譜指導 −児童の読譜力の実態調査及び授業実践の提案−
  • 学校音楽教育における地域との連携に関する研究−音楽家との新たなコラボレーション授業の開発を中心として−
  • 日本における近代フランス音楽の受容 −ピアノ演奏からの考察を中心に−
  • J−POPとは何か −歴史的変遷と若者による変容−
  • 特別支援教育における音楽療法的視点を取り入れた音楽の学習活動に関する研究
  • 声の可能性を探る −声優・モノマネ芸人に学ぶ−
  • バルトークのピアノ作品における民謡研究の影響について−「ハンガリー農民歌による即興曲」Op.20を中心に−
  • 淡路人形浄瑠璃の伝承システムにみる教育の役割−地域の学校や子ども会活動における郷土芸能の伝承と発展−
  • 音楽科の授業改善のための授業分析 −音楽科特有の教授行為に着目して−
  • ベートーヴェンのピアノソナタ−フォルテピアノとモダンピアノから考えられる演奏の可能性について−
  • 日本における音楽のアウトリーチ活動の研究−中国の活動と比較してー
  • 地域における音楽ボランティア活動に関する研究−福祉施設での活動を中心として−
  • G.フォーレの作品における教会旋法について

音楽教育講座ホームページ「大学院紹介」「教員紹介」のページをご覧ください。