歴史論関係文献

 ver 1


・[筆者]
・[タイトル]
・[発行/掲載]
・[キー・パーソン]
・[キー・ターム]


目次

1. 邦語文献
1−1. 単行本・雑誌
1−2. 論文
2. 欧文文献
2−1. 単行本・雑誌
2−2. 論文
3. 書評

1. 邦語文献

   1−1. 単行本・雑誌


・安藤英治
・ウェーバー歴史社会学の出立
・未来社 8034Y.
・WEBER、
・歴史社会学、プロテスタンティズムの倫理、資本主義、


・西部
・生まじめな戯れ−−価値相対主義との闘い
・筑摩書房 1984.
・NISIBE、S.、NIETZSCHE、BERLIN(68)、POPPER>PLATON(83)、BAUDELIARD、ORTEGA、
・価値相対主義、北海道、歴史の喪失、自由、象徴の王国、正義、吃り、観念の暴力、55年体制、庶民と大衆、皮膚としての国家、高貴なる嘘、戦争、物語、幻想的動物、歴史的動物、


・ハーバーマス
・哲学的・政治的プロフィール 上下 
・未来社 86.
・HAB.ON:HEIDEGGER、JASPERS、GEHLEN、PLESSNER、BLOCH、ADORNO、MITSCHERLICH、LOEWITH、WITT.、ARENDT、アーベントロート、MARCUSE、BENJAMIN、ショーレム、GADAMER、SCHUETZ、HORKHEIMER、レーヴェンタール、
・ポスト・モダン、「ドイツ的イデオロギーについて」「歴史哲学に関する批判のために」「否ナインと言うことの難しさについて」「延期された近代主義」「ドイツの高級官僚マンダリン」


・レーヴィット
・ナチズムと私の生活
・法政大学出版局1991.2987Y
・LOEWITH>HEIDEGGER、
・歴史性(94)、


・柄谷行人+イワ岩井克人
・終りなき世界
・太田出版1990.
・KARATANI.K.、IWAI.K.、MARX、WEBER、SOMBARDTLENIN、CARR.E.H.、SMITH.A.、HUKUYAMA.F.、
・日本型資本主義、社会主義の敗北、歴史の終わり、


・三谷隆正
・幸福論
・岩波文庫
・PASCAL、JESUS、MITANI.T.、EPIKUROS、SOKRATES、KANT、PAULO、
・幸福論の歴史、賭け、神、キリスト教、不幸の原因、至福、苦難の意義、


・ニスベットNISBET.R.
・保守主義−−夢と現実
・昭和堂1990.2300Y.
・ORTEGA、VICO、ELIOT、OAKESHOTT、NISBET、COOLIDGE.J.C.、CHATEAUBRIAND、SPENGLER、SIMMEL、SPENCER.H.、DURKHEIM、TOENNIES、TOCQUEVILLE、HAYEK、BURKE、FRIEDMAN、BURKHARDT、HEGEL、MANNHEIM、RANKE、ROUSSEAU、ROOSEVELT.F.、
・保守主義、歴史、伝統、偏見と理性、自由と平等、福祉保守主義(160)、


・今村仁司ED.
・トランスモダンの作法
・リブロポート1992.
・IMAMURA.H.、SINOHARA.M.、NAKAOKA.N.、NOE.K.、WASIDA.K.、
・近代性、ポストモダン、幸福論、共同性、自律(186FF.)、方法主義的制覇(194)、反方法(253)、労働、法としてのモード(619)、歴史の終焉(674)、


・伊藤益
・ことばと時間
・大和書房
・KAKINOMOTO.HITOMARO、KAKINOMOTO、AUGUSTINUS、ELIADE、
・古代日本人の思想、言挙、言霊、時間、象徴的不死性(194)、永遠と永続、


・フクヤマ.F.
・歴史の終わり 上・中・下
・知的生きかた文庫(三笠書房)1992.
・FUKUYAMA.F.、HEGEL、SPENGLER、MARX、
・歴史の終わり、歴史の終焉、


・スタイナー.G.
・ハイデガー
・岩波、同時代ライブラリー1992.
・HEIDEGGER、GADAMR、NIETZSCHE、HUSSERL、APEL、HOELDERLIN、HITLER、
・存在と時間、形而上学の克服、神学、


・大森荘蔵
・時間と自我
・青土社 2200Y.
・OOMORI.S.、
・時間と自我、


・グレーヴィチ.A.
・中世文化のカテゴリー
・岩波 1992. 400Y.
・GUREVICH.A.Y.、AUGUSTINUS、THOMAS、ANSELMS、DANTE、LE GOFF.J.、/BIESE.A.、
・中世文化、『連獄の誕生』(463:12世紀と13世紀のはざま)、富と労働、神、法と習慣、橋:通例;追善供養のため(60)、空間、風景、景観、美、森林、象徴、時間、歴史、


・ヒッティ.R.K.
・アラブの歴史(上)(下)
・講談社学術文庫1982.1983.

・アラブの歴史、イスラム教、


・大林信治
・マックス・ウェーバーと同時代人たち
・岩波書店1993.04.6000Y.
・OOBAYASHI.S.、WEBER、NIETZSCHE ・歴史主義、ニヒリズム、


・青木隆嘉
・ニーチェと政治
・世界思想社1993.05.1950Y.
・NIETZSCHE、LACOUE-LABARTHE(139)>HEIDEGGER(153)、NANCY(138)、
・政治、正義、美、真理、崇高(197)、国家審美主義(139)、「大きな政治」、N.の歴史哲学≠歴史主義(97)、「生の詩人」(66)、ポリス(137)、芸術作品としての国家(153)、



・現代思想1986-10.特集:現代ドイツの思想

・HAB.、FRANCK.M.、WELLMER、BOHLER.K.H.、SLOTERDIJK.P.、NOE.K.、ADORNO、NIETZSCHE、BENJAMIN、JUENGER.E.、HITLER、APEL、HEIDEGGER、
・現代ドイツの思想、芸術、フランクフルト学派、超越論的論証、歴史的アプリオリ、語用論、モデルネ、ポストモダン、ナチズム、


・三島憲一
・ニーチェとその影
・未来社1990.
・NIETZSCHE、HAB.、ADORNO、HORKHEIMER、
・歴史主義、


・野家啓一
・無根拠からの出発
・勁草書房 1993.07.3090Y.
・NOE.K.、EINSTEIN、WITT.、KANT、QUINE、CHISHOLM、DESCARTES、DERRIDA、NEWTON、HAB.、HUSSERL、MACH、EUCLID、RORTY、
・無根拠、生活世界的アプリオリ、還元、幾何学、基礎づけ、言語ゲーム、指示、公理主義、志向性、現象学、沈殿した意味、物理主義、明証性、歴史性、ロゴス中心主義、論理実証主義、


・バーリンBERLIN.I.
・ヴィーコとヘルダー
・みすず 3914Y.
・BERLIN、VIVO、HERDER、ARISTO.、WINCKELMANN、VOLTAIRE、KANT、CROCE、GROTIUS、GOETHE、SCHELLING、SHAFTESBURY、SCHILLER、SPINOZA、DESCARTES、NIETZSCHE、BURKE、HAMANN.J.G.、HUME、PUFENDORF、PLATON、BACON、HEGEL、BODIN.J.、HOBBES、MARX、MICHELET、LEIBNIZ、MONTESQUIE、ROUSSEAU、LOCKE、WAGNER、
・表現主義、感情移入、郷愁、ロマン主義、自然、疾風怒涛、進歩、自由、知識、ナショナリズム、人間性、美学、歴史主義、


・バーリンBERLIN.I.
・自由論
・みすず 3605Y.
・BERLIN、WEBER、HELVETIUS、CARR.E.H.、CARLYLE.T.、KANT、COLERIDGE、CONSTANT.B.、COMTE.A.、CONDORCET.A.、SAINT-SIMON、SCHELLING、SPINOZA、SEN、TOCQUEVILLE、HUME、HEGEL、BENTHAM、HOBBES、MARX、MILL、MONTESQUIE、ROUSSEAU、
・自由、歴史の必然性、政治理論、ロマン主義、


・レーヴィット
・ハイデッガー 乏しき時代の思索者
・未来社 1968.
・LOEWITH、HEIDEGGER、HOELDERLIN、HITLER、FICHTE、PLATON、
・自然、歴史、存在、神秘主義、言語、生起EREIGNIS(?)、


・色摩力夫
・オルテガ
・中公新書
・ORTEGA、
・危機の時代、大衆論、文明論、正統性の神話、国家、環境、「歴史的理性」「生の理性」(8、134、137)、風景(126)、「展望」(137)


・丸山高司
・人間科学の方法論争
・勁草書房
・MARUYAMA.T.、DILTHEY、SHUETZ、WINCH、GADAMER、HAB.、APEL、
・人間科学、歴史的理性、行為の説明、現象学的社会学、理解、地平融合、認識と関心、超越論的解釈学、


・マッキンタイアMACINTYRE.A.
・美徳なき時代(PRG:AFTER VIRTUE)
・みすず書房1993.
・MACINTYRE、ARISTO.、AQUINAS、WEBER、KANT、KIERKE.、SARTRE、STEVENSON、SMITH.A.、SPCRATES、DIDOROT、DWORKIN.R.、TLOTSKY、NIETZSCHE、NOZICK、HUME、PLATON、HARE、HEGEL、MARX、MOORE、MILL、RAWLS、RORTY、
・徳、共同体、共約不可能性、功利主義、個人主義、実践、自由、審美的態度、正義、全体主義、善、伝統、道徳生活、分析哲学、利己主義、歴史主義、


・ボッビオ.N.
・イタリア・イデオロギー
・未来社3914Y.
・BOBBIO.N.、CROCE、GRAMSI、GENTILE、PARETO、MARINETTI、MUSSOLINI、BURKE(133)、MANN.T.(134)、
・イタリア・ファシズム、現実主義的な歴史観(29)、歴史主義(33、127、285)、行動主義(79、212)、実証主義VS.理想主義(126)、実証主義的な反歴史主義(126)、ナショナリズムと耽美主義(審美主義?)の融合、伝統を聖なるものととらえる感覚、保守主義(140)、未来派(169)、自由経済主義(237)、大文字で始まる歴史(229)、



・思想 1993.11.:統一ドイツ?歴史の経験
・岩波
・HAB.、ADORNO、LUHMANN、
・「ノーマルな国家」、極右政党、歴史家論争、ナチズム、『啓蒙の弁証法』、


・ハイエク
・科学による反革命 理性の濫用
・木鐸社 1979.
・HAYEK、HEGEL、COMTE、SAINT-SIMON、SMITH.A.、NEURATH、MILL、
・科学主義、社会科学における構成的方法、計画化、集団主義、歴史主義、


・蓮見重彦/柄谷行人
・闘争のエチカ
・河出文庫・文芸コレクション
・HASUMI.S.、KARATANI.K.、
・ポストモダン、歴史の終焉、権力、美と倫理、共同体的倫理、


・ハントHUNT.L. ED.
・文化の新しい歴史学
・岩波書店 1993.筒井訳
・HUNT.L.、/GEERTZ、CARR.E.H.、SAID、CHARTIER.R.、SAUSSURE、TURNER.V.、DAVIS.N.Z.、DERRIDA、NIETZSCHE、HEIDEGGER、FOUCAULT、BOURDIEU、BRAUDEL、WHITE.H.、LACAPRA.D.、L.-STRAUSS、/TSUTSUI.K.、
・感性的な文化史、アナール学派、歴史社会学、文化史、ローカル・ノレッジ、


・浅田彰
・「歴史の終わり」と世紀末世界
・小学館 1700Y.
・ASADA.A.、
・歴史の終焉、


・多木浩二
・生きられた家
・青土社 2200Y.
・TAKI.K.、BACHELARD、BOLLNOW、BURKE、DERRIDA、FOUCAULT、HEIDEGGER、M.-PONTY、MINKOWSKI、PIAGET、RAPOPORT.A.、
・テキストとしての家、空間、場所、住みつくかたち、象徴、時間と記憶、



・思想 1994.04.838.:歴史学とポストモダン

・TOMIYAMA.T.、SPIEGEL.G.、STONE.L.、JOYCE.P.、KELLY.C.、IGGERS.G.G./WHITE.H.、GEERTZ、HUNT.L.、JAY.M.、DE MAN、バフチン(28)、
・歴史学とポストモダン、テクスト、言葉の根源的な修辞性(DE MAN 3)、言説、証拠、史料、ニュー・ヒストリシズム、コンテクスト、


・ノルベルク=シュルツ
・ゲニウス・ロキ
・住まいの図書館 ABOUT 10000Y.
・NORBERG-SCHULZ.C.、HEIDEGGER、KAFKA、GOETHE、MACHELARD(51)、LYNCH.K.、RILKE、BOLLNOW、/NAKAMURA.Y.、HARA.K.、MATSUOKA.S.、
・巨大都市、場所性の喪失、人工の場所、場所:意味;同一性;歴史、ゲニウス・ロキ、


・柄谷行人
・意味という病
・講談社文芸文庫 1989.ORG.:1975.河出書房新社
・KARATANI.K.、
・場所と経験、生きた時間、


・栗原あきら
・歴史とアイデンティティ
・新曜社 1982.
・ERIKSON、
・アイデンティティ、存在証明の歴史社会学、


・エリクソン.E.H.
・歴史のなかのアイデンティティ
・みすず 2266Y.
・ERIKSON、JEFERSON、
・歴史のなかのアイデンティティ、


・柄谷行人
・マルクス その可能性の中心
・講談社学術文庫 1990.ORG.1978.
・KARATANI、MARX、NATSUME.S.、TAKEDA.T.、HEGEL、
・歴史、階級、価値形態論、


・マーザー.W.
・人間ヒトラー:アドルフ・ヒトラー伝 上
・サイマル出版 1971.
・HITLER、
・ファシズム、ナチズム、芸術家・建築家H、新古典主義、歴史に対する感覚(215)、ギリシア・ローマ、アリアン人(アーリア人)(222)、



・思想 1994.06.840.

・BENJAMIN、BOHRER、BOLZ.N.、TAKI.、MISHIMA.K.、SIMIZU.T.、
・都市、美学、歴史、メヂア論、パサージュ論、パリ、


・クルターマン.U.
・芸術論の歴史
・勁草書房 1993.
・KANT、SCHILLER、GOETHE、HEGEL、SCHELLING、SCHOPENHAUER、SCHLEGEL、BAUDELAIRE、RUSKIN、ADORNO、ARISTO.、WAGNER、WINCKELMANN、WORRINGER、ORTEGA、GADAMER、GAUGIN、COLLINGWOOD、SHAFTESBURY、CEZANNE、DANTE、DIDEROT、DEWEY、DERRIDA、TOLSTOI、NIETZSCHE、HEIDEGGER、PICASO、VISCHER、FIEDLER、PLATON、FREUD、HERDER、MARX、MONDRIAN、READ.H.、WORDSWORTH、
・芸術論の歴史、ロマン主義、


・ミンコフスキー
・生きられる時間 2
・みすず 1973.
・MINKOWSKI、
・生きられる時間、生きられる空間の精神病理学、


・上村忠男
・歴史家と母たち
・未来社 1994.2884Y.
・GINZBURG、WHITE.H.、WITT.、FRAZER、LEVI-STRAUSS、BLOCH.M.、GEERTZ、VICO、HITLER、
・歴史、アナール派、表象と真実、アウシュヴィッツと表象の限界、厚い記述、



・現代思想1989-2.特集:ニュー・ヒストリズム

・DERRIDA、VICO、DE MAN.P.、HEIDEGGER、
・新歴史主義、脱構築、アメリカ、コカコーラ、テクスト、



・理想1980-02.N.561. 哲学の現場 II

・NAKAOKA.N.、KATOU.H.、NAKAMURA.H.、
・解釈学的循環、歴史哲学、特殊者の指示と同定、


・神奈川大学
・神奈川大学評論 N3.特集:歴史学の可能性
・1988.

・歴史叙述と方法、


・丸山+EDS.
・知の理論の現在

・MARUYAMA.T.、OGAWA.T.、NOE.K.、
・象徴、覚醒、般若、ロゴスとドクサ、イデオロギー批判、知覚と生活世界、ノイラートの船、歴史的アプリオリ、絶対主義対相対主義という不毛な..(20)、


・ファイヤーアーベントFEYERABEND
・自由人のための知
・新曜社
・FEYERABEND、EINSTEIN、ARIST.、WITT.、GALILEO、SPINNER.H.、NEWTON、NEURATH、HITLER、HAYEK、PLATON、BOHR.N.、POPPER、POLANYI.M.、HOMEROS、MACH、MARX、KUHN、DINGLER(92)、
・理性と実践、相対主義、占星術、ANYTHING GOES、イデオロギー、市民発議、ディングラー主義(92)、歴史的伝統、


・日本哲学会ED.
・哲学 39.
・1989.
・HUSSERL、GADAMER VS RICOUER、
・認識論と認知科学、伝統の連続性と解釈の歴史性、



・浮遊する意味

・NAKAOKA.N.、
・歴史、批評、コミュニケーション、


・ギアーツGEERTZ.C.
・文化の解釈学 I、II
・岩波現代選書
・GEERTZ.C.、L.-STRAUSS、
・厚い記述、文化体系としての宗教、ナショナリズム、意味の政治、「バリにおける人間・時間・行為」、


・ギアーツGEERTZ.C.
・ヌガラ
・みすず 1990. 4120Y.
・GEERTZ.C.、WEBER、SCHUETZ(II-302)、
・劇場国家、国家儀礼、ヌガラ、日本、理念型、「権力の詩学」(カヴァー:帯)、時間、連続性の感覚=幻想(II-317)、「満ちた」時間と「空の時間」(II-435)、時間の方向性の欠如(II-436)、


・ジンメル
・著作集 1
・白水社 1977.
・SIMMEL、
・歴史哲学、心理学的アプリオリ、人格の統一性と集団の統一性、歴史法則、


・浜井修
・ウェーバーの社会哲学
・東京大学出版会
・WEBER、HAMAI.O.、ALBERT.H.、WINCH、KANT、SCHUETZ、HAYEK、HAB.、HUSSERL、POPPER、MARCUSE、MANNHEIM、RICKERT、
・社会哲学、没価値性、価値自由、心情倫理、歴史認識、法則科学、因果帰属、行為理解、方法論的個体主義、理解社会学、理念型、英雄倫理HELDEN-E.と平均倫理DURCHSCHNITTSE.(52)、心情倫理;責任倫理(53)、


・リッケルトRICKERT
・文化科学と自然科学
・岩波文庫
・RICKERT、
・文化科学と自然科学、歴史的文化科学、精神科学、


・新睦人+
・社会学のあゆみ
・有斐閣選書 1979.
・コント、MARX、WEBER、SIMMEL、DURKHEIM、MEAD、PARSONS、MERTON、GOULDNER、
・社会学の歴史、


・西部
・近代経済思想
・放送大学
・NISIBE.S.、KEYNES、
・経済思想の歴史、古典派、歴史主義、新古典派、厚生、民主主義、自由主義、公共性、価値の逆説(価値のパラドクス)(62)、使用価値、交換価値、限界効用、


・ヘーゲルHEGEL
・歴史哲学講義 上・下
・岩波文庫 1994.
・HEGEL、
・歴史哲学、近代、


・ボルノー
・気分の本質
・筑摩書房
・BOLLNOW、NIETZSCHE、PROUST、HEIDEGGER、JASPERS、HOELDERLIN、BECKER.O.、BINSWANGER、
・気分、幸福と共同体、「失われた時」、ハシシュ陶酔(152)、「別の歴史」(N.)、「担われた状態GETRAGENHEIT」(B.)、居心地のよさ、愛の時間的性格(200)、(超人の)大きな幸福と(最低の人間たちの)小さな幸福(N.179)、永劫回帰説=時間性の誤った解釈(188)、


・関雅美
・歴史主義の擁護
・勁草書房
・SEKI.M.、DILTHEY、RICKERT、SCHELER、MANNHEIM、POPPER、ROTHACKER.E.、MEINECKE、TSUTSUI.K.、NAKATEGAWA.Y.、JUENGER(122)、STERN.A.、HEIDEGGER(127)、
・歴史主義の擁護、相対主義、価値論、ファシズム、決意性、行動主義的ニヒリズム、


・ポパー
・歴史主義の貧困
・中央公論社
・POPPER>MARX、MILL、
・歴史主義、反自然主義、社会工学、ユートピア主義、本質主義、科学主義、漸次的工学、


・レーヴィット+
・歴史とは何か
・理想社
・LOEWITH、MANN.G.、POPPER、
・歴史、


・神川正彦
・歴史における言葉と論理 II
・勁草書房
・APEL、ALTHUSSER、ARON、WEBER、WALSH、ENGELS、GARDINER、KANT、GOOCH.G.P.、CROCE、COLLINGWOOD、SARTRE、SPENGLER、DANTO、DILTHEY、TOYNBEE、THUCYDIDES、TAWNEY、DRAY、PARSONS.T.、HAB.、BOUDON.R.、HEGEL、HEMPEL、POPPER、WHITE.M.、MARX、MIKI.K.、M.-PONTY、JASPERS、RANKE、L.-STRAUSS、
・歴史哲学、歴史主義、歴史的説明、


・フロイント
・人間科学の諸理論
・白水社
・SCHLEIERMACHER、MILL、WUNDT.M.、コント、RICKERT、WEBER、BOLLNOW、HUSSERL、HAYEK、CASSIRER、
・人間科学、自然主義VS歴史主義、説明と理解、実証主義、解釈学、


・ウェーバーWEBER/マイヤー
・歴史は科学か
・みすず
・WEBER、MEYER、
・M:「歴史の理論と方法」;W.:「文化科学の論理学の領域における批判的研究」、


・ウェーバーWEBER
・ロッシャーとクニース(一)(二)
・未来社
・WEBER、ROSCHER、KNIES、SIMMEL、LIPPS、CROCE、(DEGUCHI.Y.)、
・歴史、非合理性、因果性、感情移入、解明DEUTUNG、歴史学派、歴史主義、


・カンかんば俊雄
・歴史と歴史主義
・理想社
・KANNBA.T.、DILTHEY、TROELRSH、HEGEL、
・歴史主義、理解、世界史、


・徳永恂
・社会哲学の復権
・せりか書房
・LUKACS、MANNHEIM、WEBER、HUSSERL、ADORNO、
・社会哲学、歴史主義、価値自由、全体性、疎外論、


・岸本昌雄
・歴史認識の論理
・河出書房 S.22.
・SCHELER、SPRANGER、WEBER、
・歴史認識、理念型、類概念、理解、了解、体験移入、


・ディルタイ
・ディルタイ著作集 4 :歴史的理性批判
・創元社
・DILTHEY、
・歴史的理性、「精神科学における歴史的世界の構成」、「歴史的理性批判への試論」、「精神科学の基礎づけへの研究」、生の連関、知識の構造、


・樺山紘一ED.
・現代歴史学の名著
・中公新書
・TSUDA.S.、HUIZINGA、POWER.E.、HINTZE.O.、CHILDE.G.、PIRENNE、BLOCK.M.、LEFEBRE.G.、BRUNNER.O.、OOTSUKA.H.、ISHIMODA.T.、COLLINGWOOD、BRAUDEL、CARR.E.H.、ERIKSON、HOBSBAWM、TAYLOR.A.J.P.、FOUCAULT、VENTURI.F.、WILLIAMS.E.、
・歴史学、


・アントーニ.C.
・歴史主義から社会学へ
・未来社
・DILTHEY、TROELTSCHトレルチ、マイネッケ、WEBER、ホイジンハ、ヴェルフリン、HEGEL、CROCE、HITLER、VICO、
・歴史主義:ドイツの;イタリアの、摂理、個性、自然法、普遍性、


・西村貞二
・ヴェーバー、トレルチ、マイネッケ
・中公新書
・WEBER、TROELTSCH、MEINECKE、
・フライブルク、ハイデルベルク、歴史主義、『プロテスタンティズムの倫理』、ドイツ、政治と倫理、


・加藤尚武
・歴史哲学の地平
・河出書房新社
・KATOU.H.、HEGEL、
・歴史哲学、人倫性SITTLICHKEIT、近代、


・阿閉吉男ED.
・マンハイム研究
・勁草書房 1958.
・MANNHEIM、
・イデオロギー、歴史主義、権力、保守主義、知識社会学、大衆社会、/「純粋or自然的保守主義」=「伝統主義」、保守主義:近代に起源、


・出口勇蔵
・増補 ウェーバーの経済学方法論
・ミネルヴァ
・WEBER、DEGUCHI.Y.、
・理念型、没価値性、歴史学派、相対主義の徹底、


・大塚久雄ED.
・マックス・ヴェーバー研究
・東京大学出版会 1965.
・WEBER、OOTSUKA.H.、
・理解社会学、歴史学、日本におけるW研究、近代法、


・フロイント
・マックス・ウェーバーの社会学
・文化書房博文社
・FREUND.J.、WEBER、
・合理化、自然主義的方法と歴史的方法、因果性、理念型、理解社会学、宗教、政治、法、芸術、音楽、


・スターンSTERN.A.
・歴史哲学と価値の問題
・岩波
・STERN.A.、NIETZSCHE、CAMUS、VICO、
・歴史哲学、価値、歴史主義、記念碑的歴史観、歴史的感覚の放蕩、存在、過程、生成、摂理(89)、


・マンハイムMANNHEIM/シェーラーSCHELER
・知識社会学(M:歴史主義、知識社会学問題、知識社会学、S:道徳形成におけるルサンチマン)
・青木書店
・MANNHEIM、SCHELER、
・歴史主義、知識社会学、ルサンティマン、道徳、キリスト教、近代的道徳、


・矢野健太郎
・数学をきずいた人々
・講談社現代新書
・TALES、PITAGORAS、GALILEO、KEPLER、DESCARTES、PASCAL、LEIBNIZ、NEWTON、GAUSS、POINCARE、HILBERT、EINSTEIN、
・数学の歴史、


・ライヘンバッハREICHENBACH
・相対性理論の誕生
・講談社学術文庫
・REICHENBACH、EINSTEIN、
・相対性理論、空間、時間、ユークリイド空間、


・高島弘文
・カール=ポパーの哲学
・東大
・POPPER、KANT、HEGEL、HUME、
・反証可能性、弁証法批判、因果性、歴史法則主義、方法論的個体主義、社会科学、社会工学、


・三宅剛一
・時間論
・岩波
・MIYAKE.G.、
・時間、ギリシア、仏教、永遠、近世、身体的時間と時間の意識、


・三宅剛一
・学の形成と自然的世界
・みすず
・MIYAKE.G.、PLATON、DESCARTES、LEIBNIZ、KANT、ARIST.、OCKHAM、
・時間、空間、数学的宇宙論、イデア、『ティマイオス』、延長、モナド、無限、


・ホワイトヘッドWHITEHEAD
・科学的認識の基礎
・理想社
・WHITEHEAD、EINSTEIN、PLATON、POINCARE、EUKULID、
・空間、時間、合同、点、無限、運動、


・コーンフォースCORNFORTH.M.
・開かれた哲学と開かれた社会−−カール・ポパー批判
・紀伊國屋書店
・CORNFORTH>POPPER、MARX、
・弁証法、歴史主義、社会革命と社会工学、民主主義、共産主義、


・ヒンクフスHINCKFUSS.I.
・時間と空間の哲学
・紀伊國屋書店
・HINCKFUSS.I.、EINSTEIN、VAN FRASSEN、GALILEO、KUHN.T.、QUINE、GALE.R.M.、SMART.J.J.C.、DUMMETT、ZIMMERMAN.E.J.、TAYLOR.R.、DESCARTES、NEWTON、PRIOR.A.、BROAD.C.D.、POINCARE、POPPER、BOLTZMANN、MAXWELL、MCTAGGART、MACH、EUCLID、LEIBNIZ、REICHENBACH、RYLE、GRUNBAUM.A.、
・空間、時間、幾何学、剛体、合同規約、時制の消去(161)、


・ガモフGAMOV.G.+
・最新の宇宙像
・白揚社
・GAMOV、
・最新の宇宙像、宇宙観の歴史、進化する宇宙、


・ロゼーLOSEE.J.P.
・科学哲学の歴史
・紀伊國屋
・ARIST.、PYTAGORAS、GALILEO、NEWTON、EINSTEIN、POPPER、CARNAO、
・科学哲学の歴史、帰納主義VS仮説−演繹的科学館、数学的実証主義と規約主義、


・リリーLILLEY.S.
・人類と機械の歴史 増補版
・岩波 1968.
・LILLEY.S.、
・機械の歴史、産業革命、



・社会と歴史 新・岩波講座・哲学 11

・HAB.、HORKHEIMER、PLATON、LUHMANN、
・社会哲学、説明と理解、正義論、相互行為論、システム、真理、国家、支配と暴力、戦争、歴史叙述、因果、


・三島憲一ED.
・戦後ドイツを生きて
・岩波 1994.09.

・歴史家論争、統一、PKO、


・ヴェーヌ.P.
・歴史をどう書くか
・法政大学出版会 1982.3914Y.
・ヴェーヌVEYNE.P.、ARIST.、ARON.R.、WEBER、GALILEO、KANT、STEG.、DILTHEY、NAPOLEON、HUSSERL、PLATON、HEGEL、MARX、RUIS.14.、トゥキュディディス、ヘロドトス、
・歴史、相対主義、遊び、社会学、


・三島憲一
・ニーチェ
・岩波新書
・MISHIMA.K.、NIETZSCHE、HEGEL、PLESSNER、(ABIKO:RITTER.J.)、
・ポストモダン、自由、ドイツ文化、ナショナリズム、歴史主義、伝統とのナイーヴな連続性、


・ニーチェNIETZSCHE
・歴史論
・大学書林
・NIETZSCHE、
・歴史、



・パイデイア N.11.特集=〈思想史〉を超えて−−ミシェル・フーコー
・1972.春
・FOUCAULT、DELEUZE、NIETZSCHE、DEIIDA、
・論文:F:歴史への回帰;ニーチェ・系譜学・歴史;哲学ノ劇場、アルノー+ランスロ....;距タリ・アスペクト・起源;D:コギトと『狂気の歴史』、F:デリダへの回答、


・マンハイム
・初期論文集(全集1)
・潮出版社 S.50.
・MANNHEIM、LUKACS、TROELTSCH、HEGEL、
・「魂と文化」「ルカーチ「小説の理論」批評」「世界観解釈の理論への寄与」「科学分類の問題」「認識論の構造分析」「歴史主義」、生、相対主義、


・クルマンCULLMANN.O.
・キリストと時
・岩波現代叢書
・CULLMANN.O.、
・キリスト教、時、時間、救済史、信仰と選び、復活の信仰、キリスト来臨、


・坂田徳男
・科学と歴史
・船場書店 S.18.
・SAKATA.T.、
・科学と歴史、


・橋川文三
・増補 日本浪曼派批判序説
・未来社
・HASHIKAWA.B.、YASUDA.Y.(89)、KOBAYASHI.H.(90)、
・日本浪曼派、ロマン主義、イロニー、農本主義、愛国心、美意識と政治、小林=決断主義、正統性原理(95)、歴史意識、


・伊東佐喜雄
・日本浪曼派
・潮新書
・ITOU.S.、ITOU.S.、YASUDA.Y.、KAMEI.K.、
・日本浪曼派、風景と歴史、イロニー、政治か文学か、


・ルーランROULIN.P.
・現代世界と精神 ヴァレリィの文明批評
・法政大学
・VALERY、
・現代世界の告発、倫理の転換、時間、永遠(11)、歴史、V.の「反歴史的な態度」(15)、反歴史的な記憶(17)、過去の感覚(16)、


・小林秀雄
・歴史について(小林秀雄対談集)
・文芸春秋
・KOBAYASHI.H.、ETOU.J.、
・歴史、


・山本信+EDS.
・講座 哲学 2:世界と知識
・東京大学出版会
・KURODA.W.、OOMORI.S.、KUROSAKI.H.、
・時間、空間、知識と行為、「ことだま論」、多義性、理論と説明、因果、


・シェルティング
・ウェーバー社会科学の方法論
・れんが書房新社
・SCHELTING、WEBER、
・社会科学方法論、歴史的一般概念と理念型、理解、直観主義的方法論、因果帰属、文化科学、


・アーペル+
・言語と認識
・法律文化社
・APEL、SPECHT.E.K.、WEISGERBER.L.、WAGNER.H.、GADAMER、LOHMANN.J.、LIEBRUCK.B.L.、
・A:「超越論的反省の....」、S:「存在論の言語分析的基礎づけの..」、W:「認識論における言語的捕捉」、W:「言語の原理的考察」、G:「意味論と解釈学」、L:「歴史的理性の表出としての言語」、L:「超越論的な...」


・滝浦静雄
・時間
・岩波新書
・TAKIURA.S.、ARIST.、HUSSERL、AUGUSTINUS、MCTAGGART、
・時間、



・武蔵野美術 N.83 特集:風景試論
・ムサシノ出版 1991.
・KONAKAWA.T.、ARAKI.T.、
・風景、風景画の歴史、アルカディア、


・クロォチェ
・歴史の理論と歴史
・岩波文庫
・CROCE、
・歴史叙述、


・シュルツ.W.
・変貌した世界の哲学 1−4
・二玄社
・SCHULZ.W.、KIERKE、HEIDEGGER、JASPERS、SARTRE、SCHOPENHAUER、NIETZSCHE、GEHLEN、PLESSNER、SCHELER、
・内面化、精神化、肉体化、哲学的人間学、実存哲学、歴史主義、/生、純粋の直接性、瞬間、幸福、無知、人間と動物(171)、


・吉本隆明ED.
・ナショナリズム(現代日本思想体系4)
・筑摩書房
・YOSHIMOTO.T.、
・日本のナショナリズム、山路「韓山紀行」「日本の歴史における..」高山「日蓮上人..」石光「神風連」「弔鐘」徳富「将来の日本」陸「近時政論考」中野「国家改造計画綱領」杉本「大義」竹内「近代の超克」


・ベルヂャーエフ
・現代における人間の運命
・現代教養文庫
・BERDYAEV、
・「歴史に下された審判−−世界大戦」「人間失格」「現代の運命を支配するもの」「文化とキリスト教」


・新田義弘+EDS.
・現象学の現在
・世界思想社
・HUSSERL、ARIST.、KANT、SARTRE、DILTHEY、HEIDEGGER、HELD.K.、M.-PONTY、LANDGREBE、
・現象学、形式論理学と命題論理学、多様体論、地平、生き生きとした現在、反省、身体、対話、芸術作品、人格と価値、生活世界、歴史主義、


・ホールHOHL.H.
・生活世界と歴史
・行路社
・HOHL.H.、HUSSERL、BRENTANO、
・生活世界、志向性、指向性、歴史、時間性、普遍的-アプリオリな類型性と具体的-事実的な類型性(33)、自明性(32)、故郷世界(40)、VORHANDENHEIT(27)、


・ブラントBRAND.G.
・世界・自我・時間
・国文社
・BRAND.G.、HUSSERL、
・生き生きとした時間、時間、反省と時間性、


・テイラー.R.
・哲学入門
・培風館
・TAYLOR.R.、
・人間と身体、自由と決定論、運命、時間、神、


・今村仁司ED.
・現代思想を読む事典
・講談社現代新書 1988.
・WEBER、SPINOZA、NIETZSCHE、FREUD、HEGEL、MARX、LEVINAS、ADORNO、ALTHUSSER、WITT.、KAFKA、GRAMSCI、SARTRE、SAUSSURE、HEIDEGGER、BETEILLE、BAKHTIN、FOUCAULT、HUSSERL、BLOCH、BENJAMIN、WHITEHEAD、LACAN、LUKACS、L.-STRAUSS、LENIN、
・現代思想、新しい歴史学、イスラーム、イデオロギー、家族、貨幣、管理社会、儀礼、権力、資本主義、シュルレアリスム、贈与、ダダ、フェミニズム、物象化、暴力、労働、権力、


・原佑
・ハイデッガー
・勁草書房
・HEIDEGGER、
・現存在、時間性、歴史的運命、技術、存在の住家、詩作者の使命、故郷喪失、救い、


・沢田允茂/吉田夏彦
・現代論理学入門
・有斐閣
・SAWADA.N.、YOSHIDA.N.、
・論理と数学、論理学の歴史、論証の形式化、論理的正しさ、



・現代思想1994.09. 特集:時間と生命

・DERRIDA、KAWAMOTO.H.、OOMORI.S.、YOUROU.T.、NOE.K.、OOSAWA.M.、DENNETT、
・時間と生命、オートポイエーシス、自我概念の起源、社会性の起源、時間と観察者、


・シュネ-デルバッハ
・ヘーゲル以後の歴史哲学
・法政大学 1994.08.3090Y.
・SCHNAEDELBACH、HEGEL、
・歴史哲学、歴史主義、


・渡辺二郎
・ハイデガー「存在と時間」入門
・有斐閣選書
・HEIDEGGER、
・『存在と時間』、


・矢野健太郎
・幾何学の歴史
・NHK
・YANO.K.、
・幾何学の歴史、トポロジー、非ユークリッド幾何学、微分幾何学、リーマン幾何学、空間、


・ライヘンバッハREICHENBACH
・科学哲学の形成
・みすず
・REICHENBACH、
・古典的物理学、幾何学の本性、時間、原子の存在、



・伝統と現代 1974-7.歴史思想と歴史学

・NOJIMA.H.、/WATSUJI.T.、KARAKI.J.、YASUDA.Y.、KOBAYASHI.H.、
・N:「風土・自然と歴史」、三島VS全共闘、



・中央公論 S.17-1、4;18-1

・NISHIDA.K.、/KOUSAKA.M.、SUZUKI.S.、KOUYAMA.I.、NISHITANI.K.、
・京都学派、「世界史的立場と日本」「東亜共栄圏の倫理性と歴史性」「総力戦の哲学」(近代の超克)


・カーCARR.E.H.
・ナショナリズムの発展 ORG:NATIONALISM AND AFTER
・みすず
・CARR.E.H.、ACTON、STUBBS.W.、POWICKE.F.M.、BUTTERFIELD(180)、POPPER、
・ナショナリズムの諸期、国際主義、歴史主義、歴史的解釈−−道徳的判断、シニシズム、方向感覚、


・市川浩
・精神としての身体
・勁草
・ICHIKAWA.H.、M.-PONTY、PIAGET、SARTRE、BERGSON、
・精神としての身体、アイデンティティ、感覚、感応、記号、空間、行動、時間、自己、指向性(向性+志向性)(56)、シンボル、用具、


・真木悠介
・時間の比較社会学
・岩波
・MAKI.Y.、MITA.M.、
・時間意識と社会構造、時間意識:古代日本;ヘレニズム;ヘブライズム、近代、


・荒川幾男
・三木清
・紀伊國屋新書
・ARAKAWA.I.、MIKI.K.、SINNRANN、
・「構想力の論理」、歴史哲学、マルクス主義、『親鸞』、全人的テクノクラート、「時務の道」、


・ビュアリBURY.J.B.
・思想の自由の歴史
・岩波新書
・BURY.J.B.、
・思想の自由の歴史、思想の自由の基礎づけ、


・カーCARR.E.H.
・歴史とは何か
・岩波新書
・CARR.E.H.、
・歴史家と事実、社会と個人、歴史の科学と道徳、因果関係、進歩、


・茅野良男
・歴史のみかた
・紀伊國屋新書
・KAYANO.Y.、AUGUSTINUS、ARIST.、VICO、WINDELBAND、VOLTAIRE、KANT、CROCE、COMTE、SCHELLING、SCHOPENHAUER、SIMMEL、DILTHEY、DESCARTES、THOUKYDIDES、TROELTSCH、NIETZSCHE(152)、HUME、HEGEL、BURCKHARDT、HERODOTOS、HERDER、BACON、MEINECKE、MARX、MANNHEIM、MILL、RANKE、RICKERT、LOEWITH、HEIDEGGER、
・歴史、歴史哲学、歴史主義、生、「存在の歴史」、


・西部
・リベラルマインド
・学習研究社 1993.
・NISHIBE.S.、
・リベラルマインド、歴史の知恵、自由なき社会民主主義の天国、自民党≒社会党、ルールなき情治主義の極楽、世論、国粋主義、国体なき国家、新保守主義、



・差別(現代哲学の冒険3)
・岩波書店 1990.
・TAKAHASHI.T.、OOBA.T.、YAMAGUCHI.S.、KUSAYAMA.K.、/HUSSERL、HITLER、
・「理性 歴史 暴力」「嫉妬」「平等の正当化」「現代社会の不平等」、貢献(261)、


・奈良和重
・イデオロギー批判のプロフィール
・慶応通信 H.6.8858Y.
・NARA.K.、BELL.D.、ARON.R.、HAB.VS LYOTARD、/NIETZSCHE、SCHNADELBACH、
・相対主義、歴史認識、ポストモダニズム、/歴史主義、美学主義、解釈、歴史的感覚=未来の感情、


・大橋良介ED.
・ハイデガーを学ぶ人のために
・世界思想社 1994.11.
・HEIDEGGER、PLATON、ARIST.、DESCARTES、KANT、HEGEL、NIETZSCHE、HUSSERL、
・存在論、自然、歴史、芸術、人間、倫理、神、近代への反省、


・筒井清忠 ED.
・「近代日本」の歴史社会学−−心性と構造
・木鐸社 1990.
・TSUSTUI.K.、TANAKA.N./MARUYAMA.M.、HASHIKAWA.B.、SAKUTA.K.、KAMISIMA.J.、/BOURDIEU、SCHELER、WEBER、MIKI.K.、
・歴史社会学、近代日本、近代主義政治学・社会学、学歴エリート、


・バーク.K.
・象徴と社会
・法政大学 1994.11.5974Y.
・BURKE.K.、ARIST.、IBSEN、ELIOT、GUSFIELD.J.R.、GOFFMAN、COLERIDGE、SHAKESPEARE、SPINOZA、SOCRATES、NAPOLEON III.、PARSONS.T.、HITLER、PLATON、FREUD、HEGEL、BENTHAM、MARX、MEAD、MILTON、LENIN、WORDSWORTH、
・象徴と社会、アイロニー、演劇、階級、犠牲、究極志向、キリスト教、劇学DRAMATISM、行為、祭式、資本主義、修辞学、シンボル、動機づけ、ナショナリズム、ファシズム、文体、メタファー、歴史主義、


・小野紀明
・フランスロマン主義の政治思想
・木鐸社 1986.
・ONO.N.、SCHILLER、SCHLEGEL、HEGEL、ROUSSEAU、CHATEAUBRIAND、LOCKE、HUME、SMITH.A.、CONSTANT、STENDHAL、TOCQUEVILLE、
・フランスロマン主義の政治思想、自由主義批判、近代的自我の苦悩、保守主義、L.の”論証的道徳”(260)、HAB.> LOEWITH:「歴史意識からのストア的退却」(440)、



・思想 1983-1.703.

・SUGIYAMA.M.、IMAMICHI.T.、KOBAYSHI.S.、FUJIKAWA.Y.、/HIRAI.T./RAWLS、
・「感情の歴史学」、技術時代に於ける新しい倫理学、公正としての正義による功利主義パラダイムの論駁、



・思想 1989-4.778.

・HAYEK、
・アナール、「社会科学の危機と歴史学」、秩序論、


・橋本努
・自由の論法
・創文社 1995.01.4326Y.
・POPPER、MIESES、HAYEK、POPPER、MENGER、
・自由、社会科学方法論、社会主義経済計算論争、反歴史主義、個人主義、批判的合理主義、功利主義、自由主義、オーストリア学派、


・プーレ.G.
・人間的時間の研究 第二巻
・筑摩書房 V.1.1969、V.2.1977.
・POULETプーレ.G.、PROUST、モンテーニュ、DESCARTES、
・人間的時間、内的距離、ルネサンス、個人、近代、神、自然、ロマン主義(29)、キリスト教的時間、


・今村仁司
・ベンヤミンの〈問い〉
・講談社メチエ 1995.02.
・IMAMURA.H.、BENJAMIN、GOETHE、ソレル.G.、NIETZSCHE、PASCAL、PLATON、BLANQUIブランキ、BLOCH、HEGEL、BAUDELAIRE、FREUD、MARX、JUENGER.E.、KANT、
・哀悼的想起、倦怠、気晴らし、救済、根源史、神話的暴力、崇高、星座、廃墟、パサージュ、不気味なもの、法、メランコリー、憂鬱、歴史哲学、アウラ、


・ニコルソン.M.H.
・暗い山と栄光の山
・国書刊行会 3900Y.
・NICOLSON.M.H.、ADDISON.J.、BURNET.T.、AUGUSTINUS、ADDISON.J.、ARIST.、EVELYN.J.、EPICUROS、GALILEO、RUSKIN、KEPLER、COPERNICUS、SHAKESPEARE、SHAFTESBURY、SWIFT、DONNE.J.、DESCARTES、DENNIS.J.、NEWTON、BURKE、PLATON、BRUNO、BACON.F.、HOBBES、MALLET.D.、MILTON、MORE.H.、LUTHER、WORDSWORTH、BYRON、DESCARTES、ADDISON.J.、
・無限性の美学、新しい叙景詩、神学におけるディレンマ、海、空間、時間、崇高、地質学、天文学、美、山、理神論、自然学的神学、ロマン主義、自然、(風景、景観?)、


・コルバン
・浜辺の誕生
・藤原書店 8800Y.
・コルバンCORBIN.A.、
・感受性の歴史、


・カーライルCARLYLE.T.
・衣服哲学
・岩波文庫 1946.
・CARLYLE.T.、
・衣服哲学、自然の超自然性、時、時間、


・サイードSAID
・オリエンタリズム 上・下
・平凡社ライブラリー 1600Y.
・SAID、BACHELARD、
・オリエンタリズム、心象地理、心象歴史学(132)、空間の詩学(130)、物語的叙述と辞書的・碑銘的な定義、細部描写、アイデンティティ、



・20世紀の性表現
・宝島社 1995.

・性表現の歴史、ポルノ、


・ルゴフ.J.+
・歴史・文化・表象−−アナール派と歴史人類学  シャルチエ「表象としての世界」
・岩波 1992.
・CHARTIER.R.、FOUCAULT、RICOEUR、GINZBURG、BOURDIEU、JAUSS、MAUSS.M.、DURKHEIM、ELIAS、
・アナール派、歴史、表象、


・ダント-
・物語としての歴史
・国文社 1989.
・DANTO.A.、
・物語としての歴史、相対主義、時代編年史、


・ヴェーヌ.P.
・差異の目録
・法政大学出版会 1983.
・ヴェーヌVEYNE.P.、FOUCAULT、
・歴史、相対主義と懐疑論、ナレーションと科学的説明、


・ギンズブルグ
・神話・寓意・徴候
・せりか書房 3605Y.
・ギンズブルグGINZBURG.C.、
・ルネサンスからナチズムまでの歴史、


・ポイカートPEUKERT.D.J.K.
・ナチス・ドイツ−−ある近代の社会史
・三元社 1991.4800Y.
・HITLER、PEUKERT.D.、
・近代の病理としてのナチズム、ファシズム、歴史家論争、アウシュヴィッツ、ナチス支配下の「ふつうの人びと」の日常、民族共同体、


・プレスナー.H.
・ドイツロマン主義とナチズム ORG:遅れてきた国民 ORG.:1935
・講談社学術文庫 1995.05.
・HITLER、PLESSNER.H.、MANN.G.、ROEPKE.W.、HEINE、DILTHEY、SPENGLER、KROCKOW、BENJAMIN、LUKACS、MARCUSE、LOEWITH、HEIDEGGER、MANN.T.、
・ドイツロマン主義とナチズム、歴史主義(161)、歴史=欠落していた市民的政治的伝統の補償、生の歴史的正当化、政治の審美化、ファシズム、決断主義(24)、


・鷲田清一
・分散する理性
・勁草書房 1989.
・WASHIDA.K.、HUSSERL、WALDENFELS、BLANKENBURG、M.-PONTY、LANDGREBE、RICOEUR、
・分散する理性、日常性、共存のポイエティック、間主観性、相対主義、歴史的アプリオリの複数性(180)、


・ラカプラLACAPRA.D.
・歴史と批評
・平凡社1989.
・LACAPRA.D.>GINZBURG、
・歴史、


・サイードSAID
・始まりの現象 ORG:1975.
・法政大学 1992.5974Y.
・SAID、VICO、AUERBACH、ELIOT、KUHN.T.、コンラッド、SARTRE、DERRIDA、HEIDEGGER、NIETSCHE、BARTHES.R.、FOUCAULT、PROUST、FREUD、MALLARMEマラルメ、L.-STRAUSS、
・意図、エクリチュール、権威、言語、記述、作家、小説、知識、テクスト、始まり、批評、歴史、


・中村英樹
・表現のあとから自己はつくられる
・美術出版社 1987.
・NAKAMURA.H.、KATSUSIKA.H.、ENNDOU.K.、
・風景、「もうひとつのコンテキスト」、「文化的混血性のエネルギー」、「粘りのある水」、歴史的記憶・身体的記憶(207)、


・保田與重郎
・機織る少女  所収:「風景と歴史」
・萬里閣 S.18.
・YASUDA.Y.、
・風景と歴史、


・多木浩二/磯崎新
・世紀末の思想と建築
・岩波 1991.
・TAKI.K.、ISOZAKI.A.、MISHIMA.Y.、BENJAMIN、NAKAHIRA.T.、
・古典主義とポストモダニズム、歴史の終焉?、写真、建築、文化のアイデンティティ、「生きられた家」、


・保田與重郎
・全集 V.11:含む:近代の終焉(C.S.61)、V.12.:含む:風景観の變遷、風景について(C.S.61)、V.13.:含む:国家主義と詩美、V.15:含む:万葉集の精神、V.16:含む:風景と歴史、V.19:含む:風景と歴史 IN 機織る少女(C.S.62)
・講談社
・YASUDA.Y.、HITLER(99)、
・風景と歴史、「私の京のセンチメンタル」(249)、京都、ナチス文芸(380)、国民文学、「新しい倫理」、進歩と保守、自然、「日本の浪曼主義」、ロマン主義、「自然主義文化感覚の否定のために」、「歴史と地理」、「都会人の道徳」、「風景観について」、『万葉集』、



・異常心理学講座 新版第10巻  中の:宮本忠雄「精神病理学における時間と空間」

・MIYAMOTO.T.、BURKHARDT、BINSWANGER、MINKOWSKI、
・精神病理学における時間と空間、「『上』は神秘的なものの支配する空間、ミトスの空間」、風景の発見(248)、神経症、現象学、空間の病態、


・コイレKOYRE
・閉じた世界から無限世界へ
・みすず 3090Y.
・KOYRE、ARIST.、GALILEO、GILBERT.W.、CUSANUS、CLARKE.S.、CATES.R.、KEPLER、COPERNICUS、SPINOZA、DIGGES.T.、DESCARTES、NEWTON、PASCAL、PLATON、BRUNO、BENTLEY.R.、BOYLE.R.、MALEBRANCHE、MORE.H.、LEIBNIZ、LUCRETIUS、
・閉じた世界から無限宇宙へ、空間、天文学、神、絶対空間、延長、引力、宇宙、運動、空虚、恒星、時間、新プラトン主義、精神的延長、物体、物質、望遠鏡、無神論、惑星、


・ベンヤミンBENJAMIN
・来るべき哲学のプログラム
・晶文社 1992.
・BENJAMIN、HOELDERLIN、SOCRATES、KANT、HUMBOLDT、
・風景(29)、歴史劇、形而上学、認識、言葉、「謎かけと秘密」、悲劇、ロマン派、「宗教としての資本主義」、/日記、深化した時間、


・高橋哲哉/鵜飼哲EDS.
・「ショアー」の衝撃
・未来社 1995.06.1854Y.
・UKAI.S.、TAKAHASHI.T.、IWASAKI.M.、LANZMANN>スピルバーグ(28)、UEMURA.T.、/HAB.、ARENDT、NAKASONE.Y.、
・ショアー、アウシュヴィッツ、ホロコースト、ナチズム、歴史家論争、歴史修正主義、景観、アイデンティティ、憲法愛国主義(108)、世界喪失(109)、公共性、


・ノルテ.E./ハーバーマス.J.+
・過ぎ去ろうとしない過去
・人文書院 1995.06.2884Y.
・NOLTE.E.、HAB.、FEST.J.、MISHIMA.T.、
・ナチズムと歴史家論争、アウシュヴィッツ、記憶、歴史の公的使用、修正主義、


・阿部良雄
・シャルル・ボードレール 現代性(モデルニテ)の成立
・河出書房新社 1995.06.4800Y.
・ABE.Y.、BAUDELAIRE、
・現代性(モデルニテ)=美に関する理念;≠政治的(41)、都市の破壊(71)、真善美の区別(204)、パリ(377)、「パリ情景」(397)、リアリズム(399)、美の定義(409)、不幸(412)、サン=シモンの鉄の夢(450)、歴史主義(81)、


・多木浩二
・比喩としての世界
・青土社 1988.
・TAKI.K.、キリコ、ル・コルビュジエLE CORBUSIER、DESCARTES、HEGEL、ソシュール、(ABIKO:T.>MAMIYA.Y.ON LE C.)、
・ファシズムと芸術、「比喩としての自然と建築」「ル・コルビュジエの幾何学」「モデルとしてのスポーツ」「歴史の詩学」、C.≠デカルト、


・スコチポル.T.ED.
・歴史社会学の構想と戦略
・木鐸社 4120Y.
・WEBER?、
・歴史社会学、



・現代思想1995.07 特集:ショアー 歴史と証言

・LANZMANN.C.、UEMURA.T.、TAKI.K.、TAKAHASHI.T.、IWASAKI.M.、NANCY、MATSUBA.S.、/ARENDT、NOLTE、HITLER、HAB.、
・『ショアー』、ナチズム、Tラウム、歴史家論争、「ドイツ的なるものの形而上学」「真実と証言」、全体主義、政治的なるもの、「忘却の穴」、/ポストモダン、


・斎藤正二
・日本的自然観の研究 上・下
・八坂書房 S.53.
・SAITOU.S.、
・日本的自然観、「伝統的自然観のイデオロギー性」「花と文学的象徴」「正しい自然観=風景観を確立するために」「「古き郷土」と「新しい郷土」「「武蔵野の発見」「風景−−歴史的人間の作品」


・ブラムウェルBRAMWELL.A.
・エコロジー−−起源とその展開
・河出書房新社 1992.
・BRAMWELL.A.、HAECKEL.E.、LOVELOCK.J.E.、MOHLER、NIETZSCHE、MANN.T.、WHITE.L.、HUXLEY、MERCHANT.C.、BAHARO.R.、THOMAS.K.、ENGELS、PARSONS.H.L.、JOHNSON.W.、DURANT.J.、KELLY.A.、LORENZ.KO.、ADAMS.H.、ROUSSEAU、MUMFORD.L.、JEFFERSON.T.、BOARDMAN.P.、SODDY.F.、THOREAU.H.D.、ARMYTAGE.W.H.G.、LAWRENCE.D.H.、GARDINER.H.R.、WILLIAMSON.H.、FERGUSON.A.、JENKS.J.、SCHNAEDELBACH、HEIDEGGER、SPENGLER、HARDIN.G.、SCHUMACHER.E.H.、ORWELL、SCHTEINER.R.、HITLER、HESS.R.、GENTILE、MUSSOLINI、
・エコロジーの歴史、ガイア(L.N1)、ファシズム。エコロジズム、緑の党、マニ教、科学万能主義、キリスト教、構成主義的合理主義、ナチズム、全体論、生気論、仏教、有機農業、


・オルテガ
・反文明的考察
・東海大学出版会 1978
・ORTEGA、SCHPENGLER、CICERO、HUIZINGA、
・『西洋の没落』、自由、ローマ帝国、『中世の秋』、闘牛、文化とは(83)、歴史的理性、歴史的感覚、理解、了解、生、


・ホブズボウムHOBSBAWN.E.J./ランガーRANGER.T.
・創られた伝統 序論+7+「伝統」と「文化」BY青木保
・紀伊國屋書店 1992.4900Y.
・HOBSBAWN.E.J.、AOKI.T.、KUPER.A.、
・伝統の発明、人類学、アイデンティティ(22)、歴史=制度化されたもの(25)、歴史家はすべてこの過程に携わっている(25)、


・AMR ED.
・アメニティを考える
・未来社 1989.
・BERQUE.A.、JINNNAI.H.、FUJIMORI.T.、
・アメニティ、B.:「日本の風土性とアメニティ問題」、「風景とアメニティ」、「歴史的環境の保存対策の系譜」、陣内:「東京を読む」


・柄谷行人
・終焉をめぐって
・講談社学術文庫 1995.0RG.1990.
・KARATANI、OOE.K.、MURAKAMI.H.、MISHIMA.Y.、HIROMATSU.W.、NAKAGAMI.K.、
・「大江健三郎のアレゴリー」「村上春樹の「風景」」、歴史の終焉、近代の超克、


・開発・環境問題を考える住民運動交流集会実行委員会+EDS.
・京に似合うかのっぽビル 規制緩和で京都が危ない
・かもがわ出版 1988.
・KIMURA.M.、JYUGAKU.A.、NISHIYAMA.U.、
・景観問題、高さ規制、規制緩和、景観の歴史的価値(39)、総合設計制度、


・飯塚勝久
・フランス歴史哲学の発見
・未来社 2884Y.

・フランス歴史哲学、


・ヴァン・デン・ベルク
・現象学の発見
・勁草書房 1988.
・VAN DEN BERG、
・現象学、絵画の歴史の危機(11)、水≠H2O(9)、現代と宗教、


・西村清和
・現代アートの哲学
・産業図書 1995.09.2678Y.
・NISHIMURA.K.、REYLE.G.(157)、WORRINGER、
・現代アート、美的モダン、アヴァンギャルド、美しくない「芸術」、作品、フィクションの快楽、歴史と物語、趣味、キッチュ=際物、写真、ポップ、美的多元主義、「美術館的墓地」、R.on 快楽、悪趣味、ネオ・キッチュとしての広告、ハイ・キッチュ(150)、VIEW≠LANDSCAPE(風景)、


・阿部良雄
・モデルニテの軌跡  「歴史主義からモデルニテへ」

・ABE.Y.、
・歴史主義、モデルニテ、


・木原啓吉
・歴史的環境
・岩波新書 1982.
・KIHARA.K.、
・歴史的環境、「シヴィック・アメニティズ法」CIVIC AMENTIES ACT(86)、文化財保護、ナショナル・トラスト運動、



・ACTES N.3.:思想の地盤がえ
・1987.
・BOURDIEU、ILLICH、FOUCAULT、/JMAMESON、MARUYAMA.M.、YOSHIMOTO.T.、
・文化主義、心性、神話・イデオロギー、B.:「ハビトゥス・コード・コード化」、I.:「行為のスタイルについて」、F.:「歴史の書き方」



・ACTES N.4.:現代空間論
・1988.
・AMINO.Y.、BOURDIEU、YAMAMOTO.T.、FUKUI.N.、/WALLERSTEIN.I.、
・A.:「歴史と空間」、F.:「空間・地理学・権力」、B.:「アイデンティティと表象」、世界システム論、ナショナリズム(53、85)、文化象徴資本、


・伊藤精晤
・風景概念の構造に関する研究
・S.60.
・ITOU.S.、
・風景概念の構造、外界の総合的知覚の歴史的変遷、



・思想 1995.09.特集=フランスとドイツ 思惟の対話

・FOUCAULT、HAB.、DELEUZE、NIETZSCHE、M.-PONTY、SCHELLING、
・「英語圏における日本研究の歴史叙述」、啓蒙、


・鈴木隆之
・「建築」批判
・彰国社 2400Y.
・SUZUKI.T.、MURAKAMI.H.、NAKAGAMI.K.、IGUCHI.T.、
・建築批判、コスモロジー批判、ポストモダン、建築と風景、歴史の解体、都市、



・情況 1995-10. 特集:歴史とは何か

・YOSHIMI.T.、TAKAHASHI.J.、KOSAKA.S.、OGUMA.E.、KIMAE.T.、
・「歴史とアウシュヴィッツ」「ドイツ「歴史家論争」と現在」「ニューヒストリシズムからポストコロニアリズム」「祝祭論再考」「『ショアー』とその反響をめぐって」「「伝統」としての「日本近代」」、リベラリズム、オウム真理教、『単一民族神話の起源』


・ラコフLAKOFF.R.T./シェールSCHERR.R.L.
・フェイス・ヴァリュー/美の政治学
・ポーラ文化研究所 1988.
・LAKOFF.R.T.、SCHERR.R.L.、
・美の政治学、美の心理学、美の歴史、


・クリステヴァKRISTEVA.J.
・女の時間
・勁草書房 1991.
・KRISTEVA、
・「女の時間」、祖国、よそ者、


・京都編集部ED./北條誠 監修
・京都から京都へ
・白川書院新社 1990.
・MORIYA.K.、OONISHI.K.、KATOU.S.、
・京都、歴史の町、京都=博物館都市、景観論


・ウルフWOLF.F.
・もう一つの宇宙
・講談社ブルーバックス 1996.01.
・WOLF.F.A.、/EINSTEIN、BOHR.N.、SCHROEDINGER、HEISENBERG、MINKOVSKI、
・並行宇宙、量子力学、コペンハーゲンの波、ブラックホール、ビッグ・バン、タイム・トラヴェル、「知る」とはどういうことか、量子コンピュータ、不確定性原理、超空間、時間、


・ノルベルク=シュルツ
・住まいのコンセプト
・鹿島出版会 4940Y.
・NORBERG-SCHULZ.C.、HEIDEGGER、
・建築、意味と場所、風景、ポストモダン(146)、19世紀歴史主義、住まうこと、場所、


・大峯顯ED.
・西田哲学を学ぶ人のために
・世界思想社 1996.
・NISHIDA.K.、MIZOGUCHI.K.、NAKAOKA.N.、TSUNETOSI.S.、OOHASHI.R.、HEIDEGGER、BERGSON、JAMES、
・西田哲学、歴史、国家、


・カーノカン.W.B.
・カリキュラム論争
・玉川大学出版部 2472Y.

・一般教育の歴史の検証(INアメリカ)、カリキュラム改革、


・橋爪大三郎
・橋爪大三郎コレクション I 身体論
・勁草書房 1993.
・HASHIZUME.D.、(SEIYAMA.K.、)、WITT.、HUSSERL.M.-PONTY、
・共同主観性、ダブル・リアリティ、記号空間=社会、間身体的作用論、歴史、/規範、言語、権力、身体像、了解、歴史幻想、


・廳茂
・ジンメルにおける人間の科学
・木鐸社 7210Y.
・CHOU.S./SIMMEL、TROELTSCH、
・社会学的人間科学、認識と生、歴史主義、歴史的時間、


・リフトン
・?あり?

・リフトン、/ホメイニVSラシュディー、
・歴史心理学、プロテアニズムVS原理主義、



・時間と空間の社会学(岩波講座 現代社会学6)
・岩波 1996.02.09.
・MITA.M.、HARA.H.、WAKABAYASHI.M.、YAMASITA.S.、KABAYAMA.K.、MIYAKE.M.、NAGATA.K.、USAMI.K.、
・時間、空間、社会学、「空間の基礎概念と〈記号場〉」、都市空間、観光、現代芸術、/制度と空間、宇宙論的様式性、古代中国の都城、ルネサンスの理想都市論、/観光=1.聖なる旅、2.疑似イベント、最初の鉄道団体旅行、


・喜安朗
・近代の深層を旅する
・平凡社 2800Y.
・KIYASU.R.、
・近代の深層、時間意識、感性、累積的で伸延的な時間、


・弥永信美
・歴史という牢獄
・青土社 1988.
・YANAGA.N.、SAID、
・オリエンタリズム、SAID批判、われらの日常を「歴史という意味」から解放する、



・社会学がわかる。AERA MOOK 12
・1996.
・HASHIZUME.D.、OGURA.T.、MIYAJIMA.T.、INOUE.S.、YOSHIMI.T.、HURIHARA.A.、UENO.C.、TUTUI.K.、SATOU.K.、IIJIMA.N.、SAKUTA.K.、TOMINAGA.S.、SEIYAMA.K.、UKAI.M.、MIYADAI.S.、OOSAWA.M.、ICHINOHARA.Y.、UCHIDA.R.、
・カルチュラル・スタディーズ、歴史社会学、環境社会学、宗教社会学、自我の社会学、


・ベルク.A.
・都市の日本
・筑摩書房 2900Y.
・BERQUE.A.、WATSUJI、ANNDOU.T.、MAKI.F.、ISOZAKI.A.、BENJAMIN、KARATANI.K.、INOSE.N.、MAFFESOLI.M.、NAKAMURA.Y.、LEFEBVRE.H.、UMEHARA.T.、BOURDIEU、KARAKI.J.、YOSHIMOTO.T.、TAKI.K.、BARTHES.R.、
・都市の日本、川、空間の中の時間、自然(といってもいろいろある)、ノスタルジー、都市の記号と象徴、場所と場、遊ぶ、近代性のアポリア、エクメーネ、風景、


・橋川文三
・歴史と感情
・未来社 1983.
・HASHIKAWA.B.、
・歴史と感情、


・陣内秀信
・都市の地中海
・NTT出版 1300Y.
・JINNNAI.H.、
・永い歴史に培われてきた、心地よい町の生活の秘密、(A:快楽)、


・飯沢耕太郎
・写真美術館へようこそ
・講談社現代新書 1996.
・IIZAWA.K.、ADAMS.A.、ARAKI.N.、DOHERTY.W.、FUKUHARA.S.、BALTZ.L.、RAY.M.、/EMERSON、THOREAU(104)、
・写真、風景・モノ・都市、主観的な写真風景、風景の歴史性・社会性、コンピュータ、


・ジッテ.C.
・広場の造形 ORG:1901.
・鹿島出版会 1983.1500Y.
・SITTE.C.、ARIST.、
・「世界観照の知覚表現」、(A:幸福)、調和、広場、ギリシア都市、アゴラ、ルネサンス、モニュメント、歴史的記憶(20)、


・四日谷敬子
・ハイデッガーの思惟と芸術
・世界思想者 1996.04.2300Y.
・SHIKAYA.K.、HEIDEGGER、KANT、HEGEL、HOELDERLIN、RILKE、CELAN.P.、GADAMER、KLEE、SOPHPKLES、DILTHEY、DESCARTES、NIETZSCHE、BUECHNER.G.、
・芸術存在論、『芸術作品の起源』、「芸術作品の時間性」、


・フォン フリッツ.K.+
・歴史叙述
・平凡社 1988.
・VON FRITZ.K.、BUTTERFIELD.H.、
・歴史叙述(IN 古代ギリシア、古代世界、中世、近代)


・バウムガルトBAUMGART.F.
・西洋建築様式史(上)(下) (SD選書)
・鹿島出版会 1983、1983
・BAUMGART.F.、
・西洋建築様式史、ギリシア建築、ゴシック、/歴史主義、ルネサンス、ロマンチック・クラシシズム、


・紀田順一郎
・日本の名著 名言事典
・講談社学術文庫 1987.
・KIDA.J.、
・美、道徳人、日本人、戦争、歴史、自然、幸福、


・上村忠男
・ヘテロトピアの思考
・未来社 2800Y.
・UEMURA.T.、SAID、VICO、MIKI.K.、HEGEL、PARETO、TAKAHASHI.T.、
・ヘテロトピア、アイデンティティ、『ショアー』、全体国家、記憶、文化史、反場所、歴史と証言、同一性への欲望、


・バーク.P.
・ニュー・ヒストリーの現在
・人文書院 1996.05.4200Y.

・歴史叙述、ニュー・ヒストリー、


・ミーゼス
・ヒューマン・アクション
・春秋社 1991.
・MISES、
・プラクセオロジー、人間行為学、合理性、方法論的個人主義、時間、不確実性、カタラクティクス、純粋市場経済、経済学と価値判断、限界効用、主観主義、近代経済学の主観主義的価値論、功利主義、欲求、アメニティ(44)、


・松嶋敦茂
・現代経済学史1870〜1970
・名古屋大学出版会 3914Y.
・MATSUSHIMA.A.、HICKS、WALRAS、JEVONS.W.S.、MARSHALL、ROBINSON、PARETO、EDGEWORTH、SCHUMPETER、SRAFFA、LANGE.O.、HAYEK、BENTHAM、KEYNES、MIESE、SIMON.H.A.、WICKSELL.K.、RAWLS、HARSANYI、HARROD、ARROW、
・科学史としての経済学史、限界革命、方法論的個人主義、稀少性、均衡、快楽、供給曲線、パレート最適、市場的社会主義、社会主義経済計算論争、厚生、貨幣、不確実性、有効需要、主観的時間、プラクシオロジー、功利主義、レッセ・フェール、効用、同感、


・冨田恭彦
・アメリカ言語哲学の視点
・世界思想社 1996.06.1950Y.
・TOMIDA.Y.、QUINE、RORTY、DAVIDSON、LOCKE、SEARLE、DESCARTES、KANT、
・アメリカ言語哲学、分析哲学、志向性、心の哲学、指示理論、反表象主義、近代観念説、経験論の自然主義的枠組み、包括的歴史主義、「語りえないもの」、


・八木紀一郎
・オーストリア経済思想史研究
・名古屋大学出版会 1988.3800Y.
・YAGI.K.、MENGER、WEBER、WIESER、POLANYI.K.(54)、
・オーストリア学派、主観主義、自由主義、経済人IN WEBER(35)、ピューリタニズム、「経済生活の心理的基礎」(47)、歴史学派のいう「私的利己主義のドグマ」(47)、経済人類学(56)、限界効用価値論(57)、欲望論(57)、


・ウォルツアー.M.
・解釈としての社会批判 ORG:INTERPRETATION AND SOCIAL CRITICISM
・風行社 1996.
・WALZER、WEBER、SARTRE、DESCARTES、NAGEL.T.、MARX、ROUSSEAU、LENIN、LOCKE、/KAWAMOTO.T.、
・道徳哲学の三つの道、社会批判、家、故郷、住み家(HOME)、解釈、会話、価値、共同、共有された理解、権威、コミットメント、ローカル、民主主義、歴史、預言者、


・コルバンCORBIN.A.
・時間・欲望・恐怖−−歴史学と感覚の人類学
・藤原書店 1993.
・コルバンCORBIN.A.、
・「歴史学と感覚の人類学」、社会的表象、感受性の歴史、


・保苅瑞穂
・プルースト・印象と隠喩
・筑摩書房 1982
・HOKARI.PROUST、
・「シャルダン」、印象、隠喩と記憶、鐘搭と時間、アルベルチーヌの風景、


・掛下栄一郎
・美と実在
・早稲田大学出版会 1993.
・KAKESHITA.E.、BERGSON、MARCEL、PLATON、
・美と実在、瞬間の美学、美的時間、芸術、


・ドゥブレ・レジス
・西洋における視線の歴史


・西洋における視線の歴史、



・NHKオルセー美術館 1-6 3.:都市「パリ」の自画像 オスマンのパリ大改造、ドガ、ロートレック 3
・1990.
・オスマン、ガルニエ、C.、TAKASHINA.S.、SUZUKI.H.、NAPOLEON、
・オルセー美術館、1:「リアリズム・美の革命」、2:「印象派」、3:「都市[パリ]の自画像 オスマンのパリ大改造」、4:「後期印象派」、5:「世紀末・生命の輝き アール・ヌーヴォーとロダン」、6:「20世紀へのかけ橋」、/ガス燈、第二帝政様式、オペラ座、パリ、歴史的な美意識、国家体制の公式的表現、


・浅井健二郎
・経験体の時間 カフカ・ベンヤミン・ベルリン
・高科書店 1994.
・BENJAMIN、KAFKA、GOETHE、ADORNO、BRECHT、KIERKE.、
・「ゲーテ対ベンヤミン」「女・モード・娼婦−−モデルネの経験」「ベルリンの近代」「室内の変容」「世紀末ベルリンの夜」「ベンヤミンの時間意識」、


・加藤尚武
・現代を読み解く倫理学
・丸善ライブラリー 1996.
・KATOU.H.、
・いじめ、インフォームド・コンセント、TBS問題、ワイセツ、「宗教の倫理学」、オウム真理教、「災害の倫理学」、「環境の倫理学」、環境ラディカリズムと歴史観念論、ディープ・エコロジー、「未来の倫理学」、遺伝子診断、戦争倫理学、


・竹内裕二
・イタリア中世の山岳都市
・彰国社 1991.
・TAKEUCHI.Y.、
・イタリア中世の山岳都市、自然と歴史の息づく街、サンジミニャーノ、搭、



・富士山
・日本交通公社出版事業局 1996.1545Y.

・富士山、「新富嶽三十六景」「文学にみる富士」「富士登山の歴史」「描かれた富士」


・神谷忠孝/奥出健
・保田與重郎書誌
・笠間書院 S.54.7500Y.
・YASUDA.Y.、
・書誌、著作解題、浪曼派、民族的優越感、美、環境と批評、近代の終焉、風景と歴史、万葉集、



・講座 学校 1
・柏書房 1995.

・学校、教育、寺崎:「近代学校の歴史的特異性と〈教育〉」、


・コーン.A.
・都市形成の歴史
・SD選書

・都市形成の歴史、


・野家啓一
・物語の哲学
・岩波 1996.
・NOE.K.、FUKUYAMA.F.、YANAGIDA.K.、KARATANI.K.、KATOU.H.、DANTO.、OOMORI.S.、HUSSERL、DERRIDA、BARTHES.R.、ELIOT、RICOUER、SAKABE.M.、AUSTIN、AUGUSTIUNS、DUMMETT、HEGEL、ARIST.、RORTY、MARUYAMA.K.、KURODA.W.、QUINE、WITT.、
・物語、歴史の発見、小さな物語のネットワークとしての歴史を、解釈学、ナラロトジー、歴史の終焉、虚構の中の指示行為、科学と文学、


・オールセンOLSEN.D.J.
・芸術作品としての都市
・芸立出版 1992.5600Y.
・OLSEN.D.J.、BURCKHARDT(7)、
・芸術作品としての都市、19世紀の美学、記念碑としての都市、ロンドン、パリ、ウィーン、歴史的証拠としての建築、歴史の具現化としての都市、時代精神(405)、歴史主義(452)、


・タフーリTAFURI.M.
・建築のテオリア
・朝日出版社 1985.3800Y.
・TAFURI.M.、YATSUKA.H.、BENJAMIN、LE CORBISIER、
・アヴァンギャルド、「近代建築と歴史の蝕」、歴史主義、建築史、



・思想 1996.08.特集:歴史の詩学

・UEMURA.T.、WHITE.H.、REVEL.J.、TOMIYAMA.I.、/UKAI.S.、TAKI.K.、(2ff.)、BENJAMIN(19)、SAKAI.N.(28)、FANON.F.、RENAN.E.(110)、ANDERSON.B.(110)、GILRLOY.P.(111)、GLISSANT(111)、MORISAKI.K.、GUHA.R.(171)、GRAMSI(172)、RANCIERE.J.、ミシュレ、
・歴史の詩学、「記憶の弁証法−−広島」、ベトナム戦争、「関東大震災のメタヒストリーのために」、「文体に抗する「文体」、サバルタン、W.:「歴史的知の詩学」、歴史と政治、歴史と文学、R.:「記憶の重荷」、フランスのアイデンティティ(200)、



・現代思想1996-08.特集=想像の共同体

・SAKURAI.S.、DORISKOLL.M.、SO.K.、USUKI.A.、VINCENT.K.、EDELMAN.L.、NAGAHARA.Y.、DEAN.K./MASSUMI.B.、RI.S.、ISOMAE.J.、UGRESIC.D.、IWASAKI.M.、USUKI.A.、HARA.K.、BARTEN.B.、ARAKWA.S.、TSUKAHARA.F.、NAKAMURA.H.、/ANDERSON.B.、
・想像の共同体、櫻井:「江戸のユートピア」、変態機械、長原:「国体の身体論的本義」、近代国家、磯前:「近代エクリチュールの統一」、ユーゴスラヴィア、岩崎:「《歴史家論争》以後10年」、修正主義、臼杵:「イスラエルとホロコーストの〈記憶〉」、原:「民族を超える言語運動」/荒川+:「都市と身体」、養老天命反転地、芸術の終焉、



・岩波講座 日本通史 別巻1 歴史意識の現在
・1995.
・GLUCK.C.、KOTANI.H.、ISHII.S.、ASAO.N.、SEKIMOTO.T.、UENO.C.、KANO.M.、DOWER.J.W.、YUNN.K.、IDE.M.、SUZUKI.R.、HAYASHI.H.、/WHITE.H.、
・歴史意識、G.:「戦後史学のメタヒストリー」、歴史の詩学、言語論的転回IN歴史学(27)、社会史、時代区分、上野:「歴史学とフェミニズム」、鹿野:「日本文化論と歴史意識」、D.:「日本社会像の現在」、「戦後歴史学のアジア観」、井出:「戦後庶民の歴史像−−大河歴史ドラマの30年」、「歴史教育の現状と課題」、カルチャーセンターの歴史学、


・アリエスARIES
・歴史の時間
・みすず書房 1993.3800Y.
・ARIESアリエス、
・記憶、歴史、保守主義(10)、『アナル』、歴史を前にしての態度・中世、


・酒井直樹
・死産される日本語・日本人
・新曜社 1996.2800Y.
・SAKAI.N.、
・近代、国民共同体、日本国憲法、歴史という語り、日本語、人種主義、保守主義、文化主義、ナショナリズム、



・歴史への問い/歴史からの問い(岩波講座 社会科学の方法 IX)
・岩波 1993.3200Y.
・NINOMIYA.H.、BERQUE、HASEGAWA.H.、KONNDOU.K.、TSUTSUI.K.、
・二宮:「歴史的思考の現在」、B.:「自然・歴史・風土」、長谷川:「身体性の歴史学のために」、近藤:「日常生活と権力」、オリエンタリズム、歴史社会学、


・ホイシイHEUSSI.K.
・歴史主義の危機
・イザラ書房 1974.
・HEUSSI.K.、MEINECKE、NIETZSCHE、WAGNER.A.、KAEHLER.M.、LAMPRECHT、SIMMEL、TROELTSCH、BRUNNER.E.、RICKERT、BARTH.K.、MANNHEIM、LITT.T.、CROCE、DILTHEY、MOMMSEN.W.、HEIDEGGER、BRANDI.K.、LESSING.T.、SCHELER、BECKER.C.H.、RANKE、DRIESCH.H.、WEBER、
・歴史主義、HISTORIZISMUS(119)、


・マンハイム
・全集 全6巻 V.1.:含む:「歴史主義」/V.3.:含む:「保守的思考」

・MANNHEIM、
・歴史主義、保守主義 > 自然法哲学、


・高田珠樹
・ハイデガー
・講談社 1996.09.
・TAKADA.T.、HEIDEGGER、H.>JUENGER.E.、BENJAMIN、DROYSENドロイゼン、
・カトリック、存在史、ナチズム、『ナトルプ報告』、H.>歴史主義(238)、本来性、歴史性、伝統、『存在と時間』=史学的な書物(239)、


・ホブズボ-ムHOBSBAWN.E.J.
・20世紀の歴史 極端な時代 上・下
・三省堂 1996.09.4400Y.
・HOBSBAWN.E.J.、
・20世紀の歴史、



・ニーチェ物事典

・NIETZSCHE、
・歴史主義、


・ニーチェNIETZSCHE
・ニーチェ全集4.反時代的考察
・ちくま学芸文庫 1993.
・NIETZSCHE、
・歴史主義、「歴史の過剰」、


・丸谷才一
・コロンブスの卵 SEE JA3158
・筑摩書房 1979.
・MARUYA.S.、
・「歴史という悪夢」、モダニズム、マルクス主義、歴史主義、


・渡辺修
・オルテガ
・清水書院 1996.
・ORTEGA、HEIDEGGER、MILL、
・私=私+私の環境(102)、生、遠近法、パースペクティヴ(106)、周縁性、正当性、世代、慣習、生の理性、超民主主義、歴史的理性、ピレネー、根本的実在(82)、価値と評価(123)、「文化哲学」批判(126)、


・レーヴィット
・ポール・ヴァレリー
・未来社 1976.
・LOEWITH、VALERY、NIETZSCHE、(>A、?)
・歴史主義、太陽、普遍的な自我、道徳、虚構に基づく伝承、感覚、「私の地中海の経験」、


・レーヴィット
・ある反時代的考察
・法政大学出版会 1992.
・LOEWITH、SCHMITT.C.、HEIDEGGER、NIETZSCHE、AUGUSTINUS、ARIST.、VICO、KANT、KIERKE.、COMTE、SCHELLING、DILTHEY、DESCARTES、NAPOLEON、HITLER、PLATON、HEGEL、MARX、
・「実存哲学」「政治的決断主義」「ヨーロッパのニヒリズム」「世界の歴史と救済の生起」「自然と歴史」「人間の自然と人間性」「マルクス主義と歴史」「人間と歴史」「東洋と西洋の相違に対する所見」「60年後のニーチェ」「歴史の意味について」「進歩の宿命」「キリスト教、歴史、哲学」「ハイデッガーの存在の問題に寄せて」「真理と歴史性」


・ラスキンRUSKIN
・建築の七灯 CHAP.6:記憶の灯
・岩波文庫 1930、1991
・RUSKIN.J.、
・記憶の灯、国民的建築(256)、建築の歴史的価値、ピクチャレスク=寄生的崇高(267)、復旧=破壊、(ABIKO:時間の美学、レトロ)、


・三宅理一
・ドイツ建築史 上下
・相模書房 1981.1600Y.
・MIYAKE.R.、
・ドイツ建築史、ロマネスク、ゴシック、ルネサンス、バロック、ロココ、ロマン主義、新古典主義、歴史主義、バウハウス、機能主義、インターナショナル・スタイル、神秘思想、ネオ・プラトニズム、


・ヴェネボロ.L.
・近代建築の歴史 上下
・鹿島出版会 1978.

・近代建築の歴史、歴史主義、


・松田文子+
・心理的時間
・北大路書房 1996.09.5974Y.

・心理的時間、


・セルトー.M.
・歴史のエクリチュール
・法政大学出版会 1996.09.5974Y.

・隠された歴史記録に西欧の知の根源をさぐる、


・坂本多加雄
・近代日本精神史論
・講談社学術文庫 1996.09.
・SAKAMOTO.T.、FUKUZAWA.Y.、KOBAYASHI.H.、MARUYAMA.M.、TOKUTOMI.S.、NAKAE.C.、OOSUGI.S.、KITAMURA.T.、
・近代日本精神史、近代日本の時間体験、企業者、英雄、京都学派、自由民権運動、


・アルヴァックス
・集合的記憶
・行路社 1989.
・アルヴァックス、SAINT-BEUVE、STENDHAL、DURKHEIM、BLONDEL、BERGSON、LEIBNIZ、
・集合的記憶と個人的記憶、集合的記憶と歴史的記憶、


・保田與重郎
・全集 V.15.含む:「万葉集の精神」
・講談社 S.62.
・YASUDA.Y.、YAKAMOCHI、HOELDERLIN(9)、
・万葉集、皇神の道義、言霊、古典論、最も古い根源の風景(9)、土俗的な古典感覚(9)、歴史、伝統、大君の観念、自然主義文化観(94)、国民精神動員派(94)、歴史意識(225)、『海行かば』(353、521)防人(397)、歴史精神(489)、近年の日本主義(527)、美学、



・造景 1996.05. シリーズ対論:歴史環境への視点/特集2:長屋門公園
・建築資料研究社出版部

・歴史環境、歴史的建造物を用い、使われることで、街づくりの拠点となった、


・保田與重郎
・全集 V.2.
・講談社 S.60.
・YASUDA.Y.、OKETANI.H.、NODA.M.、VALLERY(129)、NIETZSCHE(150、377)、HOELDERLIN(150、377)、KOBAYASHI.H.、HITLER、
・「印象批評」「土地を失った文学」「中島榮次郎に」等/ロマン的風景(67)、歴史的意識(179)、芸術的価値(179)、プロレタリア(343)、ポエジー(372)、ナチ(542)、


・保田與重郎
・全集 V.22.

・YASUDA.Y.、
・「危機と青春」「時務と時務論」「大東亜文化論の根底精神」「伝統と芸術」「民衆と文芸」「歴史観の問題と文明開花流の残存物」「歴史と詩」


・保田與重郎
・全集 V.30. +井上司朗「ますらをにして詩人、そして予言者」
・講談社 S.63.
・YASUDA.Y.、INOUE.S.、
・「歴史の流れの底に」「さまざまな歴史家たち」「われらが愛國運動」「「日本人の美的生活」といふことについて」「歴史の真實」、「風景観(154)、風景(528)、竹槍(254)、/井上司朗「ますらをにして詩人、そして予言者」


・小林秀雄
・故郷を失った文学

・KOBAYASHI.H.、
・歴史、伝統、


・マンMANN.G.
・歴史論 I
・法政大学出版局 1972.
・MANN.G.、MEINECKEマイネッケ、BURKE、
・「フリードリヒ・マイネッケ『歴史主義の成立』」「歴史学の濫用」、国民的自由主義、


・ケーンKOEHN.L.
・文学と〈20年代〉−−ドイツ文学における歴史主義の克服
・ありな書房 1990.2060Y.
・KOEHN.L.、KAFKA、BRECHT、JUENGER.E.、BENJAMIN、BLOCH、SPENGLER、HEIDEGGER、LUKACS、MANN.T.、MANN.H.、RILKE、BENN、FREUD、PLESSNER(9)、
・歴史主義、ユーゲントシュティール(32)、ファシズム、民族主義的文学(57)、シュルレアリズ(62)、行動主義的表現主義(86)、芸術の社会学、ダダイズム、美的仮象の解消(162)、「芸術は政治だ」(172)、


・柄谷行人ED
・近代日本の批評 昭和篇[上]
・福武書店 1990.1500Y.
・KARATANI.K.、ASADA.A.、HASUMI.S.、MIURA.M.、/FUKUMOTO.K.、KOBAYSHI.H.、HAYASHI.T.、NAKANO.S.、TANIZAKI.J.、YASUDA.Y.、HANADA.K.、TOSAKA.J.、BENJAMIN、LOEWITH(230)、HEIDEGGER、SCHIMITT.C.、
・ロマン的イロニー、ロマン派的な歴史意識、決断、京都学派(231)、AD 保田:蓮實≠柄谷、AD 保田:浅田:ある種の持続の感覚;しかし≠歴史意識;柄谷:ロマン派的な歴史意識なり(188)、


・田中久文
・九鬼周造
・ペリカン社 1992.2400Y.
・TANAKA.K.、KUKI.S.、
・いき、偶然性、自然、形而上学としての詩学、回帰的時間、日本的性格、時間論、



・思想 1974-10.604.

・MISHIMA.K.、KABAYAMA.K.、TAGAWA.K.、/JESUS、
・M.:「歴史なき時代の歴史意識へ」、和算、マタイの律法理解、山上の説教、K.:「ゴシック世界の世界像」



・日本文学 1976-12.特集:昭和十年代の思想と文学(一)

・KAZAMAKI.K.、ISHIYAMA.T.、KUBOKAWA.T.、
・昭和十年代、歴史的立場(風巻)、歴史小説、



・武蔵野美術 N.101.特集=ヨーロッパ1800年代
・光琳社出版 1996.
・KASHIMA.S.、TANIGAWA.A.、MATSUURA.H.、MIYAKE.R.、KOGAWA.T.、BAUDELAIRE(55)、
・ヨーロッパ1800年代、〈首都〉の誕生、モダニズム、エレガンス、B.>歴史主義(55);サンクレティズム(折衷主義)、形式、


・ニーチェNIETZSCHE
・ニーチェ全集8.悦ばしき知識
・ちくま学芸文庫 1993.
・NIETZSCHE、
・歴史感覚、永遠回帰、解釈、科学、価値、キリスト教、芸術、高貴、自然、自己、真理、生、哲学、どいつ人、徳、認識、ヨーロッパ、良心、


・ランケRANKE
・ランケ自伝
・岩波文庫 1966.
・RANKE、
・歴史学、


・トレルチ
・歴史主義とその諸問題(上)(中)(下)
・ヨルダン社 1980、82、88.
・TROELTSCH、WEBER、
・歴史哲学、歴史主義、文化、発展概念(4-283)、個性(5-368)、普遍史(5-368)、


・現象学・解釈学研究会ED.
・歴史の現象学
・世界書院 1996.
・TAKEDA.S.、NUKI.S.、ITOU.T.、AGARI.H.、/HEIDEGGER、HUSSERL、KOSELLECK.R.、GADAMER、LUEBBE、DUMMETT、FINK、FOUCAULT、DILTHEY、ADORNO、HEGEL、BARTHES.R.、WHITE.H.、RUESEN.J.、
・歴史の現象学、歴史性、物語理論、メタ・ヒストリー、自然と歴史、



・現代思想1996-10.特集=いま精神分析に何ができるか

・TAKI.K/.UEMURA.T.、UENO.C.、LYOTARD、LACAPRA.D.、CARUTH.C.SAKURAI.S.、YAMANOUCHI.Y.、/MARUYAMA.M.、HEIDEGGER、FREUD、ZIZEL、LACAN、
・U.:「国民国家とジェンダー」、「丸山眞男とその時代」、U.+T.:「歴史の詩学と精神分析」、L.:「歴史・理論・トラウマ」、K.:「痕跡・テクスト・転移」「歴史学の実存論的根拠」(H.104)、L.:「排除された形象」


・鈴木博之
・建築の七つの力
・鹿島出版会 1984.
・SUZUKI.H.、RUSKIN、MORRIS(167)、
・建築、地霊、過去、歴史、記憶、武蔵野のおもかげ、ピクチャレスク、ゴシック、文化財、


・アポストリデスAPOSTOLIDES.J.-M.
・機械としての王
・みすず書房 1996.2575Y.
・APOSTOLIDES.J.-M.、LOUIS XIV、
・国王、王の身体、17世紀、神話的歴史、歴史の出現、古典派と近代派、イメージの固定化、ヴェルサイユの新しい景観、スペクタクル、庭園、遠近法、快楽、宮廷祝祭、ブルジョワジー、絶対王制、国家、


・井上充夫
・建築美論の歩み
・鹿島出版会 4532Y.
・INOUE.M.、ARIST.、ALBERTI、ARNHEIM、VIOLLET-LE-DUC、VITRUVIUS、WINKELMANN、VENTURI、KANT、GINZBURG.M.、GROPIUS、LE CORBUSIER、SULLIVAN.L.H.、SITTE.C.、SCOTT.G.、SEMPER.G.、NAPOLEON、BAUMGARTEN、HUTCHESON、HUME、PLATON、BLAKE.P.、HEGEL、PERRAULT.C.、MORITZ.K.P.、RUSKIN、LIPPS.T.、LYNCH.K.、LEONARDO、LOOS.A.、WAGNER.O.、
・建築美論、古代、中世、近世、芸術の自律、折衷主義、近代主義、様式論、都市美、反近代主義、歴史主義・地域主義、


・マンハイム
・イデオロギーとユートピア
・未来社 1968.
・MANNHEIM、BURKE.E.(101)、RANKE(103)、FICHTE(105)、RICKERT(105)、MUSSOLINI、ソレル、PARETO、
・イデオロギーとユートピア、ファシズム:反歴史、時間意識、保守主義、自由主義、歴史主義、保守主義、サンジカリズム、ロマン主義、


・港千尋
・記憶−−「創造」と「想起」の力
・講談社選書メチエ93.1996.12.
・MINATO.C.、AUGUSTINUS、BARTHES.R.、BENJAMIN、KRACAUER.S.、
・記憶、「場と記憶術」「回想の力」「写真と不在」「想起する歴史」「記憶の歴史」、歴史意識、「文化としての記憶系」、写真−歴史主義、


・鈴木博之
・建築の世紀末
・晶文社 1977.2900Y.
・SUZUKI.H.、BURKE、GIEDION、CLARK.K.、PEVSNER.N.、PUGIN.A.W.N.、RUSKIN、MORRIS.W.、ROOS.A.、READ.H.、LE CORBUSIER、VIOLLET-LE-DUC、
・19世紀末の建築史、アール・ヌーボー、折衷様式、近代精神、モダニズム、中世の破綻、ゴシック・リヴァイヴァル、装飾、ロマン的自然主義(295)、ロマン的歴史主義(169)、



・季刊 IICHIKO N.40.特集:文化科学の創造設計
・日本ベリエールアートセンター(地方小出版..)1996.夏 1000Y.
・WASHIDA.K.、UCHIDA.R.、JINNNAI.H.、TAKAHASHI.J.、YAMAMOTO.T.、FUKUI.N.、
・含む:総目次、文化科学、「臨床哲学」、「場所からの都市設計論序説」「都市の環境文化誌」「歴史学と文化研究」「イメージの機能と社会像の変容」「都市空間の比較研究」


・長谷川高生
・大衆社会のゆくえ−−オルテガ政治哲学
・ミネルヴァ書房 1996.12.3090Y.
・ORTEGA、
・大衆社会批判、物語る理性=歴史的理性、歴史意識、O.>伝統主義的精神、生・理性、反歴史的政治、ファシズム、中世人、


・若桑みどり
・隠された視線(岩波 近代日本の美術2)
・岩波 1996.12.2200Y.
・WAKAKUWA.M.、KURODA.K.、
・ジェンダー歴史学が書き換える日本美術史、近代化の視線、裸体論争、崇高と猥褻、


・和田明美
・古代的象徴表現の研究−−古代的自然把握と序詞の機能−−
・風間書房 1996.12.11330Y.
・WADA.A.、
・古代的自然把握、万葉集、古代的時、時間、時、時制、


・レーヴィット
・ブルクハルト−−歴史の中に立つ人間
・TBSブリタニカ 1977.
・LOEWITH、BURCKHARDT、NIETZSCHE、
・B.VS.N.、歴史主義、文化史、追憶(追想)と忘却(38)、キリスト教、青年と老年、英雄的な「未来主義」(43:原語?:「未来の生を志向すること」(『反』訳181))、


・高橋昭二/徳永恂EDS.
・歴史の哲学(現代哲学選書8)
・北樹出版 S.55.
・NIETZSCHE、DILTHEY、TROELTSCH、MEINECKE、RICKERT、GADAMER、RICOUER、ELIADE(103)、L.-STRAUSS(116)>SARTRE、HUME、
・歴史主義、歴史哲学、N HUME:歴史家>哲学者、


・マンハイム/オルテガ
・マンハイム/オルテガ(世界の名著68):M.:イデオロギーとユートピア;O.:大衆の反逆
・中央公論社 1979.1500Y.
・MANNHEIM、ORTEGA、
・歴史主義、ファシズム(253)、


・コッカ.J.
・歴史と啓蒙
・未来社 1994.
・KOCKA.J.、WEBER、WEHLER.H.-U.、KUHN.A.、CONZE.W.、STERN.F.、BISMARCK.W.、HITLER、MARX、HAB.、
・物語への回帰、大衆の物語としての歴史への要求、全体主義、ファシズム、アイデンティティ(217)、ポスト・モダンな啓蒙批判、新歴史主義(23)、


・ギーディオンGIEDION.S.
・現代建築の発展
・みすず 1961.
・GIEDION.S.、LE CORBUSIER、BAUDELAIRE、
・建築、趣味、記念性、歴史と建築家、新地方主義、19世紀の歴史=疑似表象の歴史(9)、B.>折衷主義(19、26)、情緒的要求(44)、都市中心と景観(45)、ゴシック(150)、ユニテ・ダビタション(179)、


・ニーチェNIETZSCHE
・ニーチェ全集12.権力への意志(上)(下)
・ちくま学芸文庫 1993.
・NIETZSCHE、
・歴史的感覚(117)、ニヒリズム、宗教の批判、道徳の批判、哲学の批判、肉体/精神(下71)、歴史主義(上26)、



・新潮 1997.01.

・KAWAMURA.J.、FUJIKAWA.Y.、AKIYAMA.S.、AEBA.T.、YAMAUCHI.M.、/INOUE.Y.、OOOKA.S.、/FUKUDA.K.ON OOE.K.、
・歴史と文学、


・レーヴィット
・ブルクハルト−−歴史のなかの人間
・ちくま学芸文庫 1994.1408Y.
・LOEWITH、BURCKHARDT、NIETZSCHE、
・B.VS.N.、歴史主義、文化史、追憶(追想)と忘却(56)、キリスト教、青年と老年、英雄的な「未来主義」(61:原語?:「未来の生を志向すること」(『反』訳181))、B.「過去の獲得」(27)、B.追想(追憶)に「根を下ろして」(79)、N.>装飾文化(30)、幼児(子供71)、19世紀の歴史意識(141)、B.>中世の浪漫主義的敬慕(A:中世主義511)、B.のペシミズム(511)


・野口武彦
・江戸の歴史家−−歴史という名の毒
・ちくま学芸文庫 1993.
・NOGUCHI.T.、HAYASHI.R.、ARAI.H.、YAMAGA.S.、OGYUU.S.、RAI.S.、YOSHIDA.S.、/MEINECKE、HASHIKAWA.B.(12)、SCHMITT.C.、
・江戸の歴史意識、「歴史主義の毒」「歴史思想と歴史意識の接点」、国学、幕末の危機意識、ロマン主義(18)、日本中心主義(26)、


・ニーチェNIETZSCHE
・ニーチェ全集3.哲学者の書
・ちくま学芸文庫 1994.
・NIETZSCHE、AUERBACH、ARIST.、WAGNER、WINCKELMANN、EMPEDOKLES、KANT、GOETHE、SCHOPENHAUER、SCHILLER、SOKRATES、PARMENIDES、PYTHAGORAS、PLATON、BURCKHARDT、HEGEL、HERAKLEITOS、HOMEROS、MOMMSEN、JAHN、LUTHER、LESSING、
・「運命と歴史」「意志自由と運命」「われわれの教養施設の将来について」「ショーペンハウアー哲学とドイツ文化との関係」「真理の情熱について」「哲学者に関する著作のための準備草案」「苦境に立つ哲学....」「われら文献学者....」、教養、幸福、歴史、芸術、大学、価値、教育、ギリシア、国家、神話、美、文化、崇高(234)、倫理的自然主義(441)、


・岩山三郎
・美の哲学
・創元社 S.41.
・IWAYAMA.S.、NIETZSCHE、KANT、
・美、芸術、「美とは何かという問いの出発点」「美の歴史性」「フォルムの意味」、価値、美の没関心性(無関心性)、


・ベンヤミンBENJAMIN
・近代の意味(ベンヤミン・コレクション I)
・ちくま学芸文庫
・BENJAMIN、
・「歴史の概念について」(著作集にもあるか?)


・ハイデガーHEIDEGGER
・有と時(世界の大思想28)
・河出書房新社 S.42.
・HEIDEGGER、
・2篇5章:「時性と歴史性」、


・ハイデガーHEIDEGGER
・ハイデガー全集59:直観と表現の現象学


・歴史、


・実存主義協会ED.
・ハイデッガーとヘーゲル
・以文社 1990.
・HEIDEGGER、KOUZUMA.
・上妻:「ハイデッガーにおける歴史の問題」


・ニーチェNIETZSCHE
・ニーチェ全集5、6.人間的、あまりに人間的I、II
・ちくま学芸文庫 1994.
・NIETZSCHE、(ABIKO:NARA.K.)、
・幸福と文化(I-294)、幼い頃、低級文化、歴史的感覚、/歴史病(II-10)、


・ヴァレリー
・全集 カイエ篇 9:主題 人間 歴史−政治 教育
・筑摩書房 1983.
・VALERY、
・歴史、記憶、幸福、政治、国民、想像、ドイツ人・イギリス人、社会、幻想、言語、非歴史的or非自然的戦争=動物的戦争、


・橋川文三
・著作集 4 含む:歴史意識の諸問題
・筑摩書房 1985.
・HASHIKAWA.B.、FUKUZAWA.Y.(8)、HEGEL、MEINECKE、LOEWITH、KOBAYASHI.H.(26)、MANNHEIM(31)、MIKI.K.(34)、RA.S.(42)、ISHIBASHI.T.、YASUDA.Y.(94)、MORI.O.(113)、MARUYAMA.M.、KITA.I.(173)、
・歴史意識、歴史感覚、歴史主義、マルクス主義、危機意識、「昭和十年代の思想」、転向の思想、自我の思想、資本主義論争、「歴史における残酷」、「日本人の価値意識構造」、ニヒリズム、ナチズム、


・ミッチェルMITCHELL.A.J.T.
・イコノロジー:イメージ・テクスト・イデオロギー
・勁草書房 1992.
・MITCHELL.A.J.T.、GOODMAN、GOMBRICH、LESSING、BURKE.E.、WITT.、KANT、PERICE、BARTHES.R.、BENJAMIN、LEONARD、
・イコノロジー、イメージ、絵画と文章、自然と因習(規約CONVENTION)、空間と時間、眼と耳、偶像破壊の修辞学、写真、マルクス主義、イデオロギー、物神崇拝、記号、幻覚、視覚、自然、リアリズム、崇高、美、


・マイネッケ
・歴史的感覚と歴史の意味
・創文社 S.47.
・MEINECKE、RANKE、SCHILLER、GOETHE、SCHLEIERMACHER、
・歴史的感覚、歴史の意味、


・中島義道
・時間を哲学する
・講談社現代新書 1996.
・NAKAJIMA.Y.>OOMORI.S.、BERGSON、HUSSERL、
・時間、過去、


・オルテガ
・著作集 IV:体系としての歴史
・白水社 1970.
・ORTEGA、
・「体系としての歴史」、生=ドラマ、物理学的理性の失敗、人間は自然をもたない、歴史−現在についての科学、歴史的理性(338)、歴史主義(339)、物理学的-数学的理性(346)、過去、歴史、「私の生」、


・三木清
・著作集 2 史的観念論の諸問題 含む:個性の問題、歴史主義と歴史
・岩波 S.24.
・MIKI.K.、KANT、HEGEL、SCHELLING、LEIBNIZ、GOETHE、DILTHEY、HUSSERL、PASCAL、/SAVIGNY、GRIMM、
・歴史主義≠歴史科学主義、歴史的意識、歴史的感覚、


・トレルチ
・歴史主義とその克服

・TROELTSCH、
・歴史主義、


・中埜肇
・時間と人間
・講談社現代新書 S.51.
・NAKANO.H.、
・時間、有情の時、過去・現在・未来、


・ブロック.M.
・封建社会 1、2
・みすず

・封建社会、中世の時間、自然、


・エリアス
・時間について
・法政大学出版会 1996.
・ELIAS、
・時間、


・プーレ.G.
・人間的時間の研究 第一巻 
・筑摩書房 V.1.1969、V.2.1977.
・POULETプーレ.G.、
・人間的時間、


・ヴァレリー
・全集 12:現代世界の考察 含む:「歴史について」
・筑摩書房 1968.
・VALERY、
・歴史、



・現代思想1997-01.特集=クレオール

・AMINO.Y.、GLISSANT.E.、CESAIRE.A.、CONFIANT.R.、CHEMLA.Y.、MAZAMA.A.、KINOSHITA.M.、/SAID、MIYAZAWA.K.、
・クレオール、「島・身体・歴史」「文化とアイデンティティ」「『記憶なき民』の記憶」「『クレオール性を讃える』批判」


・木村敏
・時間と自己
・中公新書 1982.
・KIMURA.B.、HEIDEGGER、ERIKSON(75)、BERGSON、
・時間、自我同一性(75)、分裂病、原始社会の時間と狂気、


・村上陽一郎
・時間の科学
・岩波書店 1986.1000Y.
・MURAKAMI.Y.、GALILEO、NEWTON、LEIBNIZ、EINSTEIN、
・時間、時間の神学、エントロピー、時間と自由、


・フランツFRANZ.M.-L.V.
・時間(イメージの博物誌12)
・平凡社 1982.2000Y.
・FRANZ.M.-L.、JUNG、EINSTEIN、NEWTON、
・循環的な時間と直線的な時間、超越的時間、神、キリスト教、インディアン、ヒンドゥー教、中国、


・ツワルトZWART
・時間を探検する
・岩波

・時間、


・アタリ.J.
・時間の歴史

・アタリ.J.、
・時間の歴史、


・福井憲彦
・時間と習俗の社会史

・FUKUI.N.、
・時間、習俗、


・内山節
・時間についての12章
・岩波

・時間、


・成田
・時間の現象学


・時間の現象学、


・カーンKERN.S.
・時間の文化史
・法政大学出版会 1993.
・KERN.S.、EINSTEIN、APPOLINAIRE、VERNE.J.、LAFKA、JAMES.W.、JOYCE.J.、SIMMEL、STRAVINSKY、SOREL.G.、DARWIN、TAYLOR.F.、NIETZSCHE、NEWTON、HUSSERL、PROUST、FREUD、BERGSON、MARINETTI、LEWIS.W.、
・時間の文化史、時間の性質、意識の流れ(38)、過去、


・ピカール
・時間を読む
・法政大学出版会

・時間、


・町田茂
・時間、空間の誕生
・大月書店

・時間、空間、


・ウィットロウ
・時間 その性質
・法政大学出版会 1993.1957Y.
・WHITROW.G.J.、KANT、NEWTON、LEIBNIZ、EINSTEIN、パノフスキー、バロー、
・時間、時間概念の起源、生物時計、時間の測定、相対性、時間の矢、中世における時間の循環概念と線型概念(25)、絶対時間(127)、ルネサンス、


・松本亮三ED.
・時間と空間の文明学
・花伝社 1995.2300Y.
・MATSUMOTO.R.、SAITOU.H.、
・時間、空間、「時間と空間の文明学−−感じられた時間と刻まれた時間の視点から」、リズムとメロディ−−時間の感覚、「文明営為と時間」、


・ヴァレリー
・全集 11:文明批評 含む:「精神の危機」「精神の政治学」「精神の政治学の道しるべ」「歴史についての講演」「地中海の感興」
・筑摩書房 1967.
・VALERY、
・歴史、精神、危機、過去・未来≠自然的な概念、時間の創造(発明)、


・兼岩正夫
・ルネサンスとしての中世
・筑摩書房 1992.
・KANEIWA.M.、
・「中世歴史記述における理念と事実との分離」「中世の歴史記述と古典的教養」「西洋、古代・中世の歴史思想」「歴史の科学性について」「現代ヨーロッパの歴史的自覚」、


・中川敏
・モノ語りとしてのナショナリズム
・金子書房 1996.2000Y.
・NAKAGAWA.S.、ANDERSON.B.、
・物語、ナショナリズム、歴史、創られた伝統、国民国家、


・阿部謹也
・歴史と叙述
・人文書院 1985.
・ABE.K.、HEIMPEL.H.、FRANK.W.、
・「歴史主義の運命」、H.における時間意識の基盤、異質なもののなかでの親しいもの(56)、人間=追憶をもつ存在、/「歴史叙述について」


・ライニッシュED.
・歴史とは何か
・理想社 1500Y.
・MANN.G.、LOEWITH、BULTMANN.R.、LITT.T.、トインビー、POPPER、
・歴史、


・サモン.G.
・時間と空間の誕生
・青土社 1987.
・SZAMOSI.G.、EINSTEIN、ARIST.、GALILEO、KEPLER、SCHROEDINGER、STRAVINSKY、NEWTON、HEISENBERG、PIAGET、PLATON、BOHR、YUKLID、
・時間、空間、初期人類の宇宙像、古典的な時間・空間、量子、芸術における空間・時間、


・ベンツ.E.+
・時の現象学II(エラノス叢書2)
・平凡社 1991.
・BENZ.E.、VAN DER LEEUW.G.、PLESSNER、
・「キリスト教神秘主義における永遠の若さ」「根源の時と終末の時」「死に対する時間の関わりについて」


・ホール・エドワード
・文化としての時間
・TBSブリタニカ 1983.
・HALL.E.、
・文化としての時間、時間の種類、インディアンの時間、文化の時計、時間の経験、時間の地図、共調した時間(37)、


・阿部謹也
・中世賎民の宇宙
・筑摩書房 1987.
・ABE.K.、GURJEWITSCH、
・ヨーロッパ中世、時間、空間、キリスト教、


・中島義道
・時間と自由
・晃洋書房 1994.
・NAKAJIMA.Y.、KANT、LAMBERT.H.、SCHOPENHAUER、HEIDEGGER、OOMORI.M.、HUSSERL、HELD.K.(162)、ZENON、マクタガートMCTAGGART、ARIST.、
・時間、「ランベルトの現象学」、過去、今、悟りin禅(154)、時間と身体、継起、時間の流れ(157)、


・神山四郎
・歴史入門
・講談社現代新書 S.40.

・歴史、



・批評空間 II期 NO.12.アドルノのアクチュアリティー
・1997.
・MIZUTA.K.、OTABE.T.、FUKUDA.K.、MORINAKA.T.、KIDA.G.、TOKUNAGA.J.、YASHIRO.A.、ASADA.A.、KARATANI.K.、GODARD、RANCIERE.J.、BALIBAR.E.、DERRIDA、KOBAYASHI.T.、ZIZEK、/ADORNO、NIETZSCHE、HITLER、HEIDEGGER、HOELDERLIN、NISHIDA.K.、KOBAYASHI.H.、
・水田:「美的思考の誕生」、福田:「アドルフ・ヒトラーとハイデガー哲学」(2)、ファシズム、ナチズム、守中:「癒えぬものの政治」、共同討議:「アドルノのアクチュアリティー」、G.:「映画と歴史について」、D.:「信仰と知」、小林:「無の場所の転落」



・理想1977-02.N.525.時間論の地平


・時間、「「時間」の風景」(諸思想家の時間に関する言)、生きられる時間、宇宙論、


・西村貞二
・マイネッケ
・清水書院 1993.
・MEINECKE、RANKE、GOETHE、DILTHEY、HITLER、HEGEL、ドロイゼン、ランプレヒト、
・歴史、政治、国民国家、ナチズム、個性と発展、


・ブルンナーBRUNNER.O.
・ヨーリッパ
・岩波書店 S.49.
・BRUNNER.O.、LITT.T.、ROTHACKER、MEINECKE、DILTHEY、LOEWITH、AUGUSTINUS、CALVIN、
・「西欧の歴史思想」、キリスト教、


・橋川文三
・著作集 6 含む:日本保守主義の体験と思想
・筑摩書房 1986.
・HASHIKAWA.B.、MANNHEIM、BURKE、YANAGIDA.K.、SUZUKI.T.、SUZUKI.S.(49)、TSUDA.S.(40)、
・保守主義、転向、時間体験(13)、『心』グループ、日本への回帰、歴史のイメージ、歴史に対する愛・憎しみ、


・西村貞二
・歴史観とは何か
・レグルス文庫

・歴史、


・森朝男
・古代文学と時間
・新典社 1989.980Y.
・MORI.A.、KAKINOMONO.H.、
・古代日本の時間、過去と重なり合った時間、時、


・谷川渥
・形象と時間 クロノポリスの美学
・白水社 1986.2400Y.
・TANIGAWA.A.、BCHELARD、BAUDELAIRE、BECKER.O.、BENJAMIN、BERGSON、CAILLOIS、DARWIN、DUFRENNE、GOETHE、GOMBRICH、HAB.、HERDER、HUSSERL、JACOBSON.R.、JAMESON、JENCKS.C.、JESUS、KANT、KOBAYASHI.H.、KUKI.S.、L.-STRAUSS、LYNCH、LYOTARD、MATSU.B.、OONISHI.K.、PERPEET.W.、POULET、RODIN、SARTRE、SCHILLER、SCHOPENHAUER、SEDLMAYR、SIMMEL、SONTAG.S.、VALERY、WEBER、POE、MARINETTI、NEWMAN.B.(237)、
・表象としての時間、古代日本の時間、骨董、廃墟、物語的時間、写真、過去、美意識、美的モデルネ、ポストモダン、速度、


・中島義道
・カントの時間構成の理論
・理想社 1987.2000Y.
・NAKAJIMA.Y.、KANT、ADICKES、KAULBACH、NEWTON、HEIMSOETH、VAIHINGER、PATON、MONZEL.A.、JANSOHN.H.、REININGER.R.、LEIBNIZ、
・時間、先験的統覚、われ思う、時間の経験的実在性、内的感官、自己触発、理念としての時間、過去・未来・現在の構成、



・現象学年報 12
・1997.1.
・NOE.K.、MIZOGUCHI.K.、TAKEDA.S.、NUKI.S.、/HUSSERL、HEIDEGGER、M.-PONTY、BERGSON、MURATA.J.、GOODMAN、
・溝口「歴史現象の存在論的解釈の可能性について」、竹田「歴史的現在」、貫「現象学と歴史の問題」、佐藤「像の指示機能と代表機能」


・バートBURTT.E.A.
・近代科学の形而上学的基礎
・平凡社 1988.
・BURTT.E.A.、NEWTON、LEIBNIZ、
・近代科学の形而上学的基礎、N.の形而上学、空間、時間、質料、エーテル、神、


・岩城見一ED.
・感性論
・晃洋書房 1997.03.4500Y.
・IWAKI.K.、YOSHIOKA.H.、UOZUMI.Y.、KOBAYASHI.N.、KATOU.T.、/ADORNO(23)、BLANKENBURG、HEIDEGGER、BOEHM.G.、HOLEDERLIN、GADAMER、IMDAHL..M.、BADT.K.、
・感性論、美学、美的なものと政治的なもの(20)、U.:「気分と日常性」、G.ベームの絵画論、K.:「気分について」、K.:「感性的認識における時間の問題」、


・小岸昭/池田浩士+EDS.
・ファシズムの想像力
・人文書院 1997.03.5800Y.
・KOGISHI.A.、IKEDA.H.、UKAI.S.、HOSOMI.K.、HIRAI.G.、IWASAKI.M.、FUKAZAWA.H.、
・ファシズム、歴史、記憶、ナチズムの文化表現、ドイツ占領期のフランス、ADORNO>HEIDEGGER、「ドイツ・ファシズムの演説」、ワイマール末期の音楽、「表象のポリティクスと映像の修正主義」、


・小河原誠
・ポパー−−批判的合理主義(現代思想の冒険者たち 14)
・講談社 1997.03.2800Y.
・KOGAWARA.M.、POPPER、EINSTEIN、ADORNO、ICHII.S.、WITT.、WEBER、CARNAP、KANT、KUNO.O.、GOMBRICH.E.H.、SCHLICK、SOCRATES、DARWIN、TARSKI、NEWTON、HAYEK、BARTLEY.W.W.、HAB.、HITLER、FEYERABEND、FREUD、HEGEL、BOHR、MACH、MARX、MANNHEIM、MILL、LAKATOS、LENIN、LORENZ.KO.、WATKINS.J.W.N.、
・批判的合理主義、反証主義、社会科学、歴史主義(歴史法則主義、歴史信仰)、政治哲学、実証主義論争、三世界論、P.>道徳的実定主義(326)、能動主義ACTIVISM(149)、


・小山慶太
・神さまはサイコロ遊びをしたか−−宇宙論の歴史
・講談社学術文庫 1997.03.

・宇宙論の歴史、


・リンチLYNCH.K.
・時間の中の都市
・鹿島出版会 1974.
・LYNCH.K.、
・都市の中の時間、


・永藤靖
・時間の思想
・教育社 1979.
・NAGAFUJI.Y.、
・時間意識IN古代日本、


・パスPAZ.O.
・弓と竪琴
・国書刊行会 1980.
・PAZ.O.、HEIDEGGER(203)、OTTO.R.(187)、NOVALIS(182)、MARX、DANTE(261)、
・詩、時、「ポエジーと詩」「彼岸」「詩的啓示」「瞬間の聖化」「小説の曖昧性」「詩、社会、国家」、詩と歴史、



・歴史学事典 第13巻(含む:時間、空間)
・弘文堂 1997現在未完

・時間、空間、


・ゲッツ.H.W.
・中世の日常生活
・中央公論社 1989.2200Y.
・GOETZ.H.-W.、
・中世の日常生活、自然、都市、景観、時間感覚、気候、コンスタンツ(305)、


・アントーニ.C.
・歴史主義
・創文社 S.48.
・ANTONI.C.、VICO、VOLTAIRE、KANT、CROCE、GOETHE、SHAFTESBURY、DESCARTES、TOCQUEVILLE、DROYSEN、NAPOLEON I.、NAPOLEON III.、BURKE、HUME、HEGEL、HERDER、MEINECKE、MACHIAVELLI、MARX、MOESER.J.、MAISTRE.J.D.、RANKE、ROUSSEAU、
・歴史主義、国民の神話、ロマン主義、


・パノフスキーPANOFSKY.E.
・イコノロジー研究 含む:「時の翁」
・美術出版社 1971.
・パノフスキーPANOFSKY.E.、
・イコノロジー、「時の翁」、クロノス、時間、「アイオン」というイラン人の「時間」の概念(68)、


・バフチン
・小説の時空間(著作集6)
・新時代社 1987.
・BAKHTINバフチン、ラブレー、SCOTT、
・クロノトポス(時空間)、時間、空間、田園小説、城=時間の痕跡、骨董品(324)、歴史詩学(350)、ギリシア小説、歴史的時間の問題の解決の3ヴァリアント(243)、中世(244)、城、伝説、風景、歴史小説(324)、


・田中元
・古代日本人の時間意識
・吉川弘文館 1975.
・TANAKA.G.、MARUYANMA.M.、WATSUJI.T.、
・古代日本人の時間意識、四季、


・谷川渥
・表象の迷宮−−マニエリスムからモダニズムへ
・ありな書房 1992.3974Y.
・TANIGAWA.A.、ルネ・マグリット、KLIMT、
・美術館、マニエリスム、モダニズム、「時間嫌悪者−−ルネ・マグリット」「美術館という形象」、


・グレーヴィチ.A.
・同時代人の見た中世
・平凡社 1995.
・GUREVICH.A.Y.、
・中世、時間、永遠、例話、煉獄、地獄、キリスト教、


・九鬼周造
・全集 4 含む:「文学の形而上学」「芸術と生活の融合」
・岩波書店 1981.
・KUKI.S.、LODIN、HEIDEGGER(8)、BERGSON、
・芸術の時間性(13)、瞬間、時間、和歌、詩、『新万葉集』、崇高(131)、


・レヴィ=ストロース
・野生の思考
・みすず 1976.
・L.-STRAUSS>SARTRE、
・「歴史と弁証法」、民族学、全体化作用(309)、史実の構成・選択(310)、年代コード、歴史圧(312)、野生の思考=非時間性、歴史:連続性、根源的不連続性の克服、


・ハインペル.H.
・人間とその現在
・未来社 1975.1991.
・HEIMPEL.H.、ABE.K.、KIERKE.、SEDLMAYER、BISMARCK、TREITSCHKE、FRANK.W.、NIETZSCHE、BRUCKHARDT、WATTENBACH.W.、
・「人間とその現在」「ドイツ史の構想」「歴史と歴史学」、歴史、過去、時間、時の流れ、歴史主義(235)、歴史的動物;超歴史的動物、人文主義、歴史的感覚、


・トマスTHOMAS
・神学大全 第1冊 含む:第十問題:神の永遠性について
・創文社 S.35.
・THOMAS、AUGUSTINUS、ARIST.、ボエティウス、
・「悠久AEVUMと時との相違について」(I.Qu.10、art.5)、アエヴム、時間、永遠、「流れる今」「とどまる今」(175)、永遠AETERNITAS、天体・天使、現在・過去・未来の同時性、


・ギョイヨーGUYAU.J.-M.、
・時間観念の発生 訳あり?

・GUYAU、
・時間、



・人間存在論 N.3.
・1997.
・BARUZZI、LENK、HELD.K.、SHINAGAWA.T.、MUELLER.S.、YASUI.K.、MIYAHARA.I.、HOEFFE、PAUL.G.、KIOKA.N.、KETA.M.、KAMO.N.、SUTO.N.、ITO.K.、SHINGU.K.、SCHMITZ.H.、TZUNETOSHI.S.、OGAWA.T.、SATO.Y.、RODI、TSUKAMOTO.M.、SHIKAYA.T.、UCHIYAMA.N.、TOMIDA.Y.、MUNAKATA.S.、KATO.Y.、KRUBE.T.、MASUGATA.K.、NISHITANI.K.、
・自然的生活世界の不変なるもの、自己関係性、H.:「アリストテレスかカントか−−皮相な二者択一に抗して−−」、K.:「場所と記憶」、価値相対主義、S.:「超越なき秩序は可能か」、I.:「パスカルの賭け」、気、信頼、R.:「生活世界に根ざした解釈学の主要点」、歴史概念、大地、T.:「ヨルトンとローティ」、観念、理性の公共化、


・青木保
・境界の時間
・岩波書店 1985.
・AOKI.T.、チクセントミハイ.M.、
・日時計と砂時計−−二つの時間観(11)、未開人の時間の特質(14)、千年王国(8)、ブウダの時間、フロー経験、


・ショーニューCHAUNU.P.
・歴史とデカダンス
・法政大学出版局 1991.
・CHAUNU.P.、VICO、SPENGLER、ARON、MORIN.E.、ELIADE、TRESMONTANT.C.、CLARKE.R.、BERGSON、DUMONT.L.、BEYNARD.N.、KOYRE、
・歴史とデカダンス、時間の意識、キリスト教の時間、科学の時間、


・村松剛
・三島由紀夫の世界
・新潮社 H.2.
・MURAMATSU.T.、MISHIMA.Y.、HOELDERLIN、HEIDEGGER、
・日本への帰郷、歴史・伝統・文化の時間的連続性、国体、アイデンティティ、


・WEINBERG.G.L.ED.
・HITLERS ZWEITES BUCH 訳あり?

・HITLER、
・歴史、


・DOMARUS.M.ED.
・HITLER、REDE 訳あり?

・HITLER、
・歴史、



・中世思想原典集成 VOL.13.
・平凡社

・ブラバンのシゲルス:「世界の永遠性について」、アエヴム、時間、


・村松剛
・歴史とエロス
・新潮社 1970.750Y.
・MURAMATSU.T.、MISHIMA.Y.、VALERY、ELIADE、
・「歴史主義の崩壊」「歳月について」、共産主義(20)、輪廻転生、永遠、キリスト教、


・田島+EDS.
・講座・現代の哲学1:時間・空間
・弘文堂 S.52.
・MURAKAMI.Y.、OKU.M.、PEREZ.F.、/NEWTON、AUGUSTINUS、
・時間、空間、キリスト教、永遠、アエヴム、


・仲手川良雄
・ブルックハルト史学と現代
・創文社
・NAKATEGAWA.Y.、BURCKHARDT、
・歴史主義、


・京大政治思想史研究会ED.
・現代民主主義と歴史意識
・ミネルヴァ書房 1991.
・JUENGER、
・川合:「エルンスト・ユンガーにおける歴史意識の問題−−ナチズム期を中心として−−」、


・三島由紀夫
・絹と明察
・新潮文庫 S.62.
・MISHIMA.Y.、HEIDEGGER、HOELDERLIN、
・『ヘルダーリンの詩の解明』(9)、『帰郷』(302)、国民服に制服美・集団美なし(19)、石山(29)、HEIDE.の時間性:実存=脱自=根源的時間性との一体化(65)、



・日本の美学 19:特集:時間意識と表現 時間
・ぺりかん社 1992.1800Y.
・OOHASHI.R.、CHINO.K.、MOMOKAWA.T.、KURODA.R.、KUKI.S.、MATSUO.B.、
・O.:「〈きれ〉と〈いき〉」、T.+C.:「物語の時間・絵画の時間」、M.:「「故郷」とノスタルジア」、故郷の時間化(94)、ナショナリズム、


・新明正道
・ファシズムの社会観
・岩波書店 S.11.
・SINNMEI.M.、MANNHEIM、MUSSOLINI、BERGSON、NIETZSCHE、PARETO、SOREL、SIMMEL、ZIEGLER.H.、MARCUSE、GENTILE、
・ファシズムの歴史観念(64)、無歴史主義、一つの過程の継起、



・季刊 文学 8-2.特集:近代日本の時間意識
・岩波 1997.04.10.
・KOBAYASHI.H.、YANAGIDA.K.、
・近代日本の時間意識、亀井:「時間の物語」、徳丸:「統合された時空間の経験」、西川:「国民化と時間病」、宮田:「習俗に表われた「時間」」、二宮:「小林秀雄の時間考」、ナジタ:「徳川時代後期の通俗経済と時間」、蓮實:「樋口一葉の『にごりえ』」、マセ:「近代日本における「起源」の思想」、宇野:「柳田國男−−歴史と時間」、前だ:「小林秀雄における〈時間〉〈言葉〉〈歴史〉」、ミヨシ:「時間・空間の圧縮」、


・永藤靖
・古代日本文学と時間意識
・未来社 1979.
・NAGAFUJI.Y.、
・古代日本文学、万葉集、源氏物語、時間意識、地獄、輪廻転生、無常、季節感、


・栄田卓弘
・近代イギリスの自由と歴史
・大明堂 5747Y.
・ACTONアクトン、BUTTERFIELD、
・自由主義の立場、道徳的判断と歴史主義につき論述、歴史における道徳判断の問題、ウィッグ的歴史解釈、ロマン主義、権力−腐敗、「漸進的で秩序ある進歩」(160)≒保守主義、「日和見主義」、「世界の疾患が政治によって速やかに癒され得る度合には限度があるという意識」、イギリス≠フランス(161)、


・義江/山内/本村EDS.
・歴史の文法
・東京大学出版会 1997.04.2200Y.

・歴史学、


・クルツィウス.E.R.
・ヨーロッパ文学とラテン中世
・1971.みすず 1993.
・CURTIUS.E.R.、RANKE、トレヴェリアン、AUGUSTINUS、
・中世、「ヨーロッパ文学」「ラテン中世」「トポスとトポス論」「女神「自然」」理想的景観」「古典主義」、歴史、歴史主義(2)、


・マイネッケ
・「近代国家における国家理性の理念」「ドイツの悲劇」(世界の名著54)
・中央公論社 S.44.
・MEINECKE、
・歴史主義、


・山口定/ルプレヒト.R.EDS.
・歴史とアイデンティティ−−日本とドイツにとおての1945年−−
・思文閣出版 1993.
・KOCKA.J.、
・歴史とアイデンティティ、


・ロブソン.J.M./レーン.M.EDS.
・ミル記念論文集
・木鐸社 1979.
・BURNS.J.H.、SCHNEEWIND.J.B.、ALEXANDER.E.、ROBSON.J.M.、MILL、MILL.J.、BENTHAM、
・B.:「理性の光」、S.:「ミルの『功利主義論』に関する1861年から76年にかけての諸批判」、A.:「J・S・ミルの思想における永続と進歩の原理」、R.:「理性的動物としからざるもの」、歴史主義(37.POPPER的)、歴史、


・ヒトラー
・わが闘争(上)(下)
・角川文庫 S.48.
・HITLER、WAGNER、
・民族主義的世界観、歴史的認識、社会民主党、ファシズム、反ユダヤ主義、革命、民族と人種、国家、世界史、人格と文化の進歩、国家社会主義、ナチズム、統一的象徴、


・イッガース.G.G.
・ヨーロッパ歴史学の新潮流
・晃洋書房 1986.
・IGGERS.G.G.、NIETZSCHE、FOUCAULT、K.-STRAUSS、WHITE.H.、POPPER、KUHN、RANKE、MILL、CONDORCET、COMTE、VICO、DILTHEY、MEINECKE、DROYSEN、SCHMOLLER、WEBER、LESSING.T.、LAMPRECHT、HUMBOLDT、HEGEL、TROELTSCH、MARX、MANNHEIM、HEMPEL、/FISCHER.F.、DAHRENDORF、WEHLER.H.-U.、GROH.D.、KOCKA.J.、RUESEN.J.、
・「伝統的歴史学の危機」「歴史主義から「歴史的社会科学」へ」、歴史的時間の理論、「精神的統覚」(RANKE)、物語的歴史、マルクス主義、歴史≠自然史、


・池田浩士
・ファシズムと文学
・白水社 1978.
・IKEDA.H.、KOLBENHEYERコルベンハイヤー、HITLER、ROSENBERG.A.、GRIMM.H.MOELLER VAN DEN BRUCK.A.(96)、
・ファシズム、歴史小説、民族生物学、歴史の原点、共同体、地中海的理念によるゲルマン的理念の抑圧、北方神話、「北方的ヘラス」(ROSENBERG、150)、


・ユンガーJUENGER.E.
・時代の壁ぎわ−−現代の神話的考察
・人文書院 1986.
・JUENGER.E.、SPENGLER、NIETZSCHE、
・計測可能な時間と運命の時間、歴史意識、進歩、形而上学、ニヒリズム、占星術、


・ショーナウアー
・第三帝国のドイツ文学
・福村出版 1972.
・JUENGER.E.、BENN.G.、
・ナチズム、反歴史主義、


・進士五十八
・アメニティ・デザイン
・学芸出版社 2800Y.
・SINNJI.I.、
・アメニティ・デザイン、造園、風景のデザイン、時間のデザイン、景観行政、エイジング、わび・さび(36)、時間的積層の美(33)、


・ユンガーJUENGER.E.
・砂時計の書
・講談社学術文庫 1990.
・JUENGER.E.、NIETZSCHE(67)、デューラー、
・時間、時計、循環的時間と前進的時間、


・平野仁啓
・続古代日本人の精神構造
・未来社 S.51.

・古代日本人の精神構造、時間意識、


・フィリップソンPHILIPPSON.P.
・ギリシア神話の時間論
・東海大学出版会 S.54.1800Y.
・PHILIPPSON.P.、PLATON、HESIODOS、
・ギリシア神話の時間論、存在、二つの時間様式:アイオーンとクロノス(94)、永遠、


・シュトラウスSTRAUSS.L.
・ホッブズの政治学
・みすず書房 1990.3400Y.
・STRAUSS.L.、HOBBES、ARIST.、CASTIGLIONE、SCHMITT.C.、THUKYDIDES、PLATON、BACON.F.、BODIN.J.、BENTHAM、MACHIAVELLI、EUKLID、
・アリストテレス主義、貴族の徳、国家と宗教、新しい道徳・政治学、哲学と歴史、過去、「カール・シュミット『政治的なものの概念』への注解」、


・佐藤真一
・トレルチとその時代
・創文社 1997.8000Y.
・SATOU.S.、TROELTSCHトレルチ、HAECKEL.E.、SPENGLER、
・歴史主義、自然主義との対決、



・芸術の終焉・芸術の未来 ORG.:985.
・勁草書房 1989.
・FRIEDRICH.H.、GADAMER、BUDDE.E.、HOLTHUSEN.H.E.、FUSSMANN.K.、SLOTERDIJK.P.、
・F.:「芸術の終焉−芸術の未来」、G.:「芸術の終焉?」、B.:「前向きの回顧」、H.:「歴史への郷愁」、F.:「自分自身をさがし求めた芸術」、S.:「のらくら者の帰還あるいはアリバイの終わり」、


・教育科学研究会ED.
・教育 1997-05.特集:歴史認識と教育の責任
・国土社
・OOBINATA.S.、ISHIDA.Y.、
・教育と歴史認識、自由主義史観研究会、第三次教科書攻撃、ドイツにおける過去の克服、/記憶の共同体、歴史認識の基準、


・村岡晢
・レーオポルト・フォン・ランケ
・創文社 S.58.
・MURAOKA.A.、RANKE、HEGEL、MEINECKE、SAVIGNY、GOETHE、HUMBOLDT、VOLTAIRE、HERDER、KANT(53)、GOERRES.J.、MONTESQUIE、HEGEL、MOSER.F.、SCHLEGEL(172)、
・啓蒙主義、シュトルム・ウント・ドランク(37)、個性、「理性」から「人間性」へ(53)、歴史家=史料..+芸術的形成、歴史学と政治、18世紀流の実用的教訓的歴史学、国民性(116)、国家の歴史的個体性(118)、民族精神(143)、歴史法学(149)、S.の歴史主義(155、164)、進歩、歴史と哲学(232)、


・バターフィールド.H.
・ウィッグ史観批判
・未来社 1967.
・BUTTERFIELD、ACTON、
・歴史と価値判断、歴史と道徳判断、


・ショーニュCHAUNU.P.+
・歴史のなかの歴史家−−瞬間が炸裂するとき
・国文社 1996.
・CHAUNU.P.、RICOUER、AUGUSTINUS、BERGSON、NEWTON、KANT、
・アナル派、歴史=物語(146)、時間、熱力学の第二原理(163)、プランクの量子・時間:時間の粒子(185、162)、輪廻(189)、19世紀後半、永遠≠無限の時;=一つの瞬間(186)、



・正論 1997-05.
・産経新聞社
・NAKAMURA.A.>HAYASHI.K.;YAMAZAKI.M.、、SAKAMOTO.T.>YAMAZAKI.M.、、OKETANI.H.、OTSUKI.T.、NISHIO.K.、SAEKI.K.、
・歴史教科書、国家・国民=フィクション、価値判断、愛国心、


・ケニヨン.J.
・近代イギリスの歴史家たち
・ミネルヴァ書房 1988.5800Y.
・KENYON.J.、ACTON、HUME、GIBBON、フロード、RANKE、
・近代イギリスの歴史家、「啓蒙主義とネオ・ホイッグ史観」、モラリスト、非歴史的・非科学的、



・文藝 1997-夏号:特集2=歴史とは何か?


・歴史、


・ボウラー.P.J.
・進歩の発明 ヴィクトリア時代の歴史意識
・平凡社 1995.
・BOWLER.P.J.、ARNOLD.M.、KINGSLEY.C.、SCOTT.W.、SPENCER.H.、TYLOR.E.B.、DARWIN、BUCKLE.H.、BURROW.J.W.、MACAULAY.T.、MILL、RUSKIN(72、293)、
・進歩の発明、ヴィクトリア時代の歴史意識、ホイッグ史観、社会進化論、過去の魅力、歴史の律動、人種という神話、19世紀=過去に魅せられた時代(11)、過去の発明(14)、歴史の感覚(32)、アーリア人(109)、チュートン人、中世主義(306)、


・グールド.S.J.
・時間の矢・時間の環
・工作舎 1990.
・GOULD.S.J.、BURNET.T.、HUTTON.J.、NEWTON、DARWIN、
・時間の矢、時間の環、地質学、悠久の時間、


・ロッシ.P.
・時の刻印
・学術書房 1995.

・時間、


・角田幸彦
・歴史哲学としての倫理学
・東信堂 1993.
・KAKUTA.Y.、PLATON、BURKHARDT、MEINECKE、JONAS、RANKE、HEIDEGGER、
・歴史哲学、責任、


・草光+EDS.
・英国をみる−−歴史と社会(歴史と社会 N.11)
・リブロポート 1991.
・SAITOU.O.、NISHIZAWA.T.、BURKE.P.、KUSAMITSU.T.、SUZUKI.H.、KONNDOU.K.、
・「〈歴史と社会〉と二つのリアリズム」「反徒、アウトサイダー、経済史家たち:19世紀末葉のイギリスの歴史学派」「歴史的叙述」「歴史は文学か科学か」「英国の歴史教科書論争」「工業化時代の中世」「一日も早く文明開化の門に入らしめん:戦後史学と星菫派」、



・思想 1985.10.736.

・HOLENSTEIN、MIYASHITA.D.、DUDEN.B.、/LESSING、
・審美的なもの・倫理的なもの、H.:「「私」という語の特異な文法」、ワーマール共和国、逸脱、D.:「身体を歴史的に読み解く」、健康、



・ドイツの歴史家
・未来社 1982.

・ドイツの歴史家、


・竹本秀彦
・エルンスト・トレルチと歴史的世界
・行路社 1989.

・歴史主義、


・MILLER.G.A./JOHNSON-LAIRD.P.N.
・LANGUAGE AND PERCEPTION 1976.訳ないか?


・時間、


・アロン.R.
・TRAITE DE LA PHILOSOPHIE DE L'HISTORIE 1938. 訳ないか?

・ARON.R.、
・歴史学=一つの共同体が自己自身について持つ意識の形態、


・松下真一



・時間、



・朝日ジャーナル 緊急増刊号 〈総検証〉天皇と日本人 1989/01/25
・1989.
・ASUKAI.M.、ASADA.A.、OOEN.S.、ITOU.T.、ARASAKI.M.、IGARASHI.A.、MOROOKA.S.、YAMAORI.T.、
・天皇制、記帳、(歴史への参加感覚)、


・鈴木成高
・ランケと世界史學
・弘文堂 S.14.
・SUZUKI.S.、RANKE>FICHTE;HEGEL(33)、TROELTSCH、BURKHARDT(51)、NIEBUHR、
・歴史主義、歴史化、世界史、「世界史の物語」(36)、進歩ではなく発展(40)、傾向・生成(48)、政治、国家、民族、B.は変化より恒常的なもの=類型を求める(51)、N.の文献史学(13)、IN R.:事実への忠実=神に対する謙虚(15)、


・林健太郎
・史学概論(新版)
・有斐閣 2400Y.
・HAYASHI.K.、
・歴史哲学、唯物史観、ドイツ西南学派、


・栄田卓弘
・歴史と歴史家たち
・大明堂 2060Y.

・歴史、


・斉藤孝
・歴史の感覚
・日本エディタースクール 1990.1800Y.

・歴史の感覚、(歴史感覚)、


・上智大学中世思想研究所ED.
・中世の歴史観と歴史記述
・創文社 4120Y.

・中世の歴史観、


・ヴェーラー.H.U.ED.
・ドイツの歴史家(全5巻)
・未来社 1:1982;2、3:83;4:84;5:85.
・WEHLER.H.-U.、RUESEN.J.、/RANKE、DROYSEN、BURCKHARDT、DILTHEY、KAUTSKY、BERNSTEIN、LAMPRECHT、MEINECKE、WEBER、TROELTSCH、/MOMSEN.W.J.(5-239)、KOCKA(5-247)、
・ドイツの歴史家、M.:「歴史主義の彼方の歴史学」(5-239)、


・杉本俊多
・建築夢の系譜 ドイツ精神の19世紀
・鹿島出版会 1991.2900Y.
・SUGIMOTO.T.、FRIEDRICH.C.D.、WAGNER、LUDWIG II、
・建築、19世紀ドイツ、ロマン主義、ピクチャレスク、歴史主義、ネオ・バロック、アール・ヌーヴォー、


・ジンメル
・著作集 11
・白水社 1976.
・SIMMEL、
・「序文」「歴史的形成」、歴史的認識の特殊性(179)、出来事・体験の時間の歴史的時間への変化(234)、歴史的全体性(206)、表現主義(12)、体験、生、


・クラーク.G.
・空間、時間、そして人類
・法政大学出版局 1995.1900Y.
・CLARK.G.、NEWTON、
・文字以前の社会における空間・時間、「文明と、歴史的時間の進化」、「地球外の空間と時間」、


・バーリンBERLIN.I.
・ハリネズミと狐
・岩波文庫 1997.
・BERLIN、TOLSTOY、メーストル、NIETZSCHE、VOLTAIRE、CHESTERTON、
・ハリネズミ(一元主義)と狐(多元主義)、ファシズム、現実感覚=歴史感覚、歴史の流れ(130)、リアリズム、科学主義、ロマン主義・センチメンタリズム・歴史主義、宿命論、唯物論、


・東洋大学井上円了記念学術センターED.
・文化と哲学
・すずさわ書店 1997.
・SATOU.Y.、SHIBATA.T.、SAKABE.M.、UEDA.S.、=WATSUJI.T.、NISHIDA.K.、
・佐藤:「文化の現象学−−和辻哲郎の日本文化論」、『風土』、(風景)、柴田:「国家ぬきの政治哲学は可能か」、坂部:「哲学と言語」、上田:「哲学と宗教−−西田幾多郎の思索に導かれて」、/日本文化の世界史的使命、過去という時間、象徴主義、歴史的身体、


・三木清
・著作集 2 ディルタイの解釈学

・MIKI.K.>DILTHEY、
・歴史の解釈、


・ボドナー.J.
・鎮魂と祝祭のアメリカ−−歴史の記憶と愛国主義
・青木書店 1997.4500Y.
・BODNAR.J.、
・アメリカ、歴史の記憶と愛国主義、


・饗庭孝男
・小林秀雄とその時代
・小沢書店 1997.2400Y.
・AEBA.T.、KOBAYASHI.H.、
・故郷喪失、批評、思想と実生活、歴史の闇、伝統、絵画、経験、信としての知、


・イッガース.G.G.
・20世紀の歴史学
・晃洋書房 1996.
・IGGERS.G.G.、ADORNO、WEBER、WEHLER.H.-U.、ELIOT、KANT、GEERTZ、GINZBURG、KOSELLECK、KOCKA、CHARTIER、STONE.L.、DAVIS.N.、DILTHEY、DERIDA、THOMPSON.E.P.、DROYSEN、NIETZSCHE、HUNT.L.、BARTHES.R.、FOUCAULT、FEBVRE.L.、FOGEL.R.、FURET.F.、BURCKHARDT、BLOCH.M.、HEGEL、BERR.H.、HORKHEIMER、WHITE.H.、PONI.C.、MARX、MEDICK.H.、MENGER、LACAPRA、RANKE、LEMPRECHT、RICKERT、RUESEN.J.、LE GOFF、LE ROY LADURIE、L.-STRAUSS、LENIN、
・20世紀の歴史学、古典的歴史主義の危機、社会科学としての歴史、言語論的展開、物語、日常史、ミクロ・ストリア、歴史人類学、歴史の終焉、アナール派:歴史主義の時間概念をひっくりかえす(32)、


・ジョンソン.B.
・詩的言語の脱構築
・水声社 1997.
・JOHNSON.B.、BAUDELAIRE、
・詩的言語の脱構築、「時間を殺す」(BAU.『小散文詩集』)、


・良知力
・初期マルクス試論 含む:マルクーゼにおける弁証法的現象学の試み
・未来社 1971.
・RYOUCHI.C.、MARCUSE、DILTHEY、HEIDEGGER、LUKACS、HILFERDING、HONNDA.K.>M.(249)、
・紹介・批評:DAS PROBLEM DER GESCHITLICHEN WIRKLICHKEIT、歴史性、弁証法的現象学、


・ステファノ.N./ヴェルツ.M.
・ボスニア戦争とヨーロッパ
・朝日新聞社 1997.
・COLOVIC.I.、FLRGO.G.、
・ボスニア戦争、ユーゴ、C.:「過去のやき直し」、F.:「社会なき共同体」、年表「20生起のボスニア・ヘルツェゴヴィナ」、民族主義、歴史的時間(80)、


・マルMARCUSE
・ヘーゲル存在論と歴史性の理論
・未来社 1980.
・MARCUSE、HEGEL、DILTHEY、
・歴史性とは(11)、生、『論理学』『精神現象学』『イェーナ論理学』(H.)、時間(384)、本質、


・ルカーチ
・著作集 8 含む:「リベラリズムとデモクラシー−−ドイツ反ファシスト作家の歴史小説に映してみた−−」
・白水社 1987.
・LUKACS、SCOTT(343)、BLOCH(532)、
・リベラリズムVS.デモクラシー、歴史小説、/表現主義、古典的リアリズム、擬古典主義的な保守性、


・ルカーチ
・生きられた思想
・白水社 1983.
・LUKACS、IKEDA.H.、ADORNO、WAGNER、WEBER、VERLAINE、ENGELS、KIERKE.、KUN.B.、GOETHE、SINOWIEW、SCHOPENHAUER、SCHILLER、SIMMEL、STALIN、CEZANNE、ZOLA、DILTHEY、DOSTOJEWSKI、TOLSTOI、TROTZKI、NAGY.I.、NAPOLEON III.、NIETZCHE、NOVALIS、BAUER.O.、FICHTE、BUCHARIN、PLECHANOW、BLOCH.E.、HEGEL、BAUDELAIRE、MARX、MANN.T.、MEHRING、JASPERS、RAKOSI.M.、LIEBKNECHT、LUXEMBURG.R.、LESSING、LENIN、
・「マルクスの真の歴史主義」(284)、


・田村明
・美しい都市景観をつくるアーバンデザイン
・朝日新聞社 1997.1300Y.
・TAMURA.A.、LE CORBUSIER(125)、
・美しい都市景観をつくるアーバンデザイン、景観の歴史、新日本八景、風景と景観、物語りをもつ都市に(188)、風土と歴史がつくる個性(143)、長浜、小樽(144)、ローテンブルク(188)、エジンバラ(196)、ハノーバー(202)、景観条例、歴史的遺産(218)、横浜(219)、ロココ、ベネチア、バロック都市(120)、鎌倉(90)、



・インパクション 102.特集:記憶の内戦 自由主義史観批判
・インパクト出版 1997.
・UKAI.S.、KONAKAWA.T.、
・自由主義史観批判、歴史修正主義、記憶、「右派勢力の教科書攻撃に関する略年表」、



・思想 1997-06.討論:歴史意識について
・1997.05.29.

・歴史意識、


・多木浩二
・シジフォスの笑い−−アンセルム・キーファーの芸術−−
・岩波 1997.06.25.
・TAKI.K.、KIEFER.A.、
・歴史哲学、


・ホーキング+
・時空の本質
・早川書房 1600Y.

・時空、時間、空間、量子力学、


・ケットラー+
・カール・マンハイム
・御茶ノ水書房 5000Y.
・KETTER.D.、MEJA.V.、STEHR.N.、MANNHEIM、
・歴史主義からの離脱、合理的な社会は可能か、


・ホルクウィスト
・ダイアローグの思想
・法政大学出版会 1994.3811Y.
・BAKHTINバフチン、EINSTEIN、VYGOTSKY.L.、KANT、SHELLEY.M.、SAUSSURE、DOSTOEVSKY、NEWTON、MARX、MEAD、JAKOBSON、LACAN、LUKACS、
・ダイアローグ、対話、クロノトポス、時間、詩学、


・岡田英弘+EDS.
・歴史のある文明・歴史のない文明
・筑摩書房 1992.
・KABAYAMA.K.、KAWADA.J.、YAMANOUCHI.M.、OOHASHI.R.、NISHIO.K.、
・歴史、世界史(57)、19世紀の歴史主義(58)、歴史の表象(153)、


・アロン.R.
・選集 4:歴史哲学入門
・荒地出版社 1971.
・ARON.R.、
・歴史主義、歴史哲学、


・バルト.R.
・言語のざわめき 含む:歴史の言説
・みすず 1987.
・BARTHES、THIERRY.A.、
・「歴史の言説」、清めの入祭文(168)、客観性(171)、事実、19世紀、孔子廟の涜聖=非神話化をおこなった紅衛兵たちの行為(251)、


・野村修
・ベンヤミンの生涯
・平凡社ライブラリー 1993.
・NOMURA.O.、BENJAMIN、BRECHT、MARUCUSE、ARAGON(186)、BLOCH、/SEKI.H.、
・マルクス主義、パリ、歴史の天使、新しい天使、具体的なものと想像力との弁証法的な交錯(123)、「是認的なAFFIRMATIV文化概念」(MARXUZE180)、「歴史的唯物論」(223)、「回想」(223)、「根源」(233)、「弁証法的なイメージ」(235)、


・上村忠男
・クリオの手鏡−−二十世紀イタリアの思想家たち
・平凡社 1989.
・UEMURA.T.、デ・マルティーノ、CROCE、VICO、
・20世紀イタリアの思想家、西洋の危機、『呪術的世界』、実存主義と歴史主義の交響、


・バルト.R.
・文学の記号学
・みすず 1981.
・BARTHES、ミシュレ、RENAN(14)、MALAREME(52)、MANN.T.(55)、
・歴史、権力、ファシズム(15)、言語、文学、エクリチュール、記号学、物語分析(47)、幻想、



・現代思想1980-06.特集=バルト

・BARTHES.R.、
・含む:「歴史のディスクール」


・花輪光
・ロラン・バルト

・BARTHES.R.、
・歴史?、


・池田浩士
・初期ルカーチ研究
・合同出版 1972.
・IKEDA.H.、LUKACS、BLOCH、LENIN、
・『歴史と階級意識』、左翼反対派(257)、L.>ボグダーノフ的逸脱(257)、「歴史の形而上学的な全主題」(B.ON L.)、福本イズム(241)、


・石塚省二
・社会哲学の原像
・世界書院 1987.
・ISHIZUKA.S.、MANNHEIM、LUKACS、WEBER、
・『歴史と階級意識』(歴史的超越論273)、『イデオロギーとユートピア』、「存在に拘束されたBINDEN思考」、歴史主義、古典主義的な建築様式(240)、相関主義(254)、危機意識、


・山之内靖
・システム社会の現代的位相
・岩波新書 1996.06.
・YAMANOUCHI.Y.、HAB.、LOEWITH、KOJEVE、
・社会秩序と暴力性、政治の美学化、戦時動員体制、階級社会からシステム社会へ、歴史の終焉、


・鹿野政直
・「鳥島」は入っているか
・岩波書店 1988.
・KANO.M.、
・歴史意識、



・現代思想1986-7.特集=メタファーの修辞学

・DERRIDA、TAKI.K.、KAWAMOTO.H.、DAVIDSON、MORIMOTO.K.、TATEKAWA.K.、OOBA.T.、SEKIGUCHI.H.、TOMIYAMA.H.、MARUYAMA.K.、TAKAYAMA.H.、OKAMOTO.K.、WASHIDA.K.、YATSUKA.H.、SHOUNO.S.、LANHAM.R.A.、/DE MAN、WITT.、
・D.:「隠喩の退-引」、K.:「物語と時間化の隠喩」、DA.:「隠喩は何を意味するのか」、M.:「隠喩とコミュニケーション」、T.:「ワールド・メタファー」、S.:「指示論の虚構性」、O.:「メタファー・リアリズム・コミュニケーション」、


・ランボー
・ランボー全詩集
・ちくま文庫 1996.
・RIMBAUDランボー、
・「絶対に現代的でなければならない」(307)=時間性の超越、


・秀村欣二
・人間と文明のゆくえ
・日本評論社 1989.
・MIYAKE.M.、
・M.:「諸文明の『同時性』と円環的時間意識」、


・井筒俊彦
・イスラーム思想史
・岩波書店 1975./中公文庫 1991.
・IZUTSU.T.、HUME(88)、
・時間、(A.:≒連続創造説)、コーラン、


・今谷+EDS.
・20世紀の歴史家たち 1:日本篇 上
・刀水書房 2800Y.1997.06.

・20世紀の歴史家、


・井上章一
・法隆寺への精神史
・弘文堂 H.6.2500Y.
・INOUE.S.、ITOU.C.、フェノロサ、OKAKURA.T.、WATSUJI.T.、
・法隆寺、エンタシス、日本回帰、ナショナリズム、アルカイック・スマイル、ファンタジーの歴史(339)、


・同時代建築研究会ED.
・悲喜劇・1930年代の建築と文化
・現代企画社 1981.
・MIYAUCHI.K.、ISOZAKI.A.、HASEGAWA.T.、UEDA.M.、HORIKAWA.T.、HUNO.S.、KITAGAWA.F.、SUGIMOTO.T.、
・1930年代の建築in日本;ドイツ、ファシズム、ナチズム、空間、社会主義リアリズム=歴史主義(225)、定冠様式、日本回帰、新古典主義、


・平井正
・ドイツ・悲劇の誕生3 ダダ/ナチ 1926-1932
・せりか書房 1994.
・HIRAI.T.、HITLER、GOEBBELS、ROSENBERG.A.、BEETHOVEN(67)、シュヴィッタース、MIES(115)、LE CORBUSIER(116)、JUENGER.E.(173)、トロースト.P.L.(310)、ナウムブルク(479)、
・ナチズム、ガール文化と理念文化(30)、文化VS文明(31)、ハノーファー抽象派(83)、新即物主義、近代建築、擬古典主義、GOE.>ベルリン西区(156)、アスファルト民主主義(157)、『二十世紀の神話』、R.:「真に歴史を形成する芸術家」(289)、表現主義、ルネサンス、


・岡田英弘
・日本史の誕生
・弓立社 1994.
・OKADA.H.、
・日本史、日本の歴史、「日本人は単一民族か」「日本語は人造語だ」「歴史の見方について」「邪馬台国と倭国」、日本人の純粋民族の意識、歴史創作に始まるアイデンティティ、『古事記』、


・デュルケム
・宗教生活の原始的形態 上・下
・岩波文庫 1975、75.改訳
・DURKHEIM、FRAZER、TYLOR、
・宗教、アニミズム、ナチュリズム、トーテミズム、霊的観念、精霊と神との観念、集合表象、因果判断、マナ、氏族、部族、力の概念、時間(30)、空間、持続(32)、神話、マナ観念(G52)、聖と俗、呪術、


・西田幾多郎
・続思索と体験 『続思索と体験』以後
・岩波文庫 1980.
・NISHIDA.K.、
・『続思索と体験』、歴史、「御進講草案 歴史哲学ニツイテ」、


・メイMAY.R.
・存在の発見
・誠信書房 1986.
・MAY.R.、KIERKE.、GOLDSTEIN、SARTRE、TILICH、NIETZSCHE、HEIDEGGER、BINSWANGER.L.、FREUD、BOSS.M.、MINKOWSKI、JASPERS、
・実存心理学、精神分析、セラピィ、世界内存在、時間・歴史、不安、罪悪感、


・西田幾多郎
・全集 第12巻 含む:「御進講草案 歴史哲学ニツイテ」、「日本文化の問題」
・岩波書店 S.41.
・NISHIDA.K.、HEGEL、RANKE、
・歴史、


・竹下賢
・実証主義の功罪−−ドイツ法思想の現代史−−
・ナカニシヤ出版 1995.
・TAKESHITA.K.、STAMMLER、SAVIGNY、JHERING、WIEACKER.F.、
・歴史法学、法実証主義、パンデクテン法学、法学的自然主義、概念法学、目的法学、


・佐伯守
・?

・SAEKI.M.、LUKACS?、
・歴史?、


・歴史教育者協議会ED.
・あたらしい歴史教育 5:先の教科書を読む
・大月書店 1994.2500Y.

・歴史教育、教科書、


・歴史教育者協議会ED.
・あたらしい歴史教育 3:歴史意識はどうつくられてきたか
・大月書店

・歴史意識、


・藤沢法暎
・ドイツ人の歴史意識
・亜紀書房 1986.1800Y.
・FUJISAWA.H.、HITLER、IENAGA.S.、
・ドイツ人の歴史意識、ナチス・ドイツの教科書、


・シュペングラーSPENGLER
・西洋の没落 1巻(かいやく新版)、2巻
・五月書房 S.54.S.49.
・SPENGLER、
・西洋文明の没落、世界史、歴史、現存在・覚醒存在(1-110)、時間(1-125)、観想学と体系学、形態、起源と土地と、都市と民族と、反歴史的≠無歴史的(1-104)、



・図書新聞 1996.12.21.

・MARUYAMA.M.、YOSHIMOTO.T.、
・「歴史における反復と抵抗」、


・三木清
・全集 6 歴史哲学、社会科学概論

・MIKI.K.、HEIDEGGER(44)、
・歴史哲学、H.:「本来の歴史性」(44)、



・現代思想 1997-07.特集:ハンナ・アーレント

・ARENDT、SCHOLEM、KAWASAKI.O.、IWASAKI.M.TAKAHASHI.T.>KATOU.N.、SAITOU.J.、UEMURA.T.、CHIBA.M.、SHIBATA.H.、KIMAE.T.、/RI.S.、BOURDAGHS.M.、HORIE.M.、
・S.+A.:「イェルサレムのアイヒマン」、A.:「集団の責任」「哲学と政治」、I./T.:「「物語」の廃墟から」(「語り口の問題」とは何だったのか)、S.:「表象の政治/現われの政治」、S.:「「光の物語」と「闇の記憶」−−A.における政治と歴史認識」、K.:「「始まり」の構想力−−唯一性と複数性のあいだ」、/R.:「覚書:在日朝鮮人問題によせて」、B.:「ナショナリズムの病、衛生学という帝国」、H.:「精神分析における物語行為」、


・坂本多加雄
・象徴天皇制度と日本人の来歴
・筑摩書房 1994.
・SAKAMOTO.T.、OOSUGI.S.、SUZUKI.S.(205)、YASUDA.Y.(205)、KOUYAMA.I.、RANKE(206)、NISHITANI.K.、NISHIDA.K.(233)、FUKUZAWA.Y.、
・日本人の来歴、名誉、国際社会と軍事力の行使、PKO、平和主義、普通の国、滞った時間・瞬間の充足、時間体験、理論と気分、生の拡充、日本の時間・世界の時間、京都学派、歴史意識(205)、世界史、モラリッシュ・エネルギー、普遍主義・多元主義、



・現代教育科学489.1997.07.
・明治図書
・TAKAHASHI.S.、FIJIOKA.N.、/SAKAMOTO.T.(8)、
・歴史教育、自由主義史観、自虐史観、国家意識、アイデンティティ、「来歴の物語」(66)、


・奈良歴史研究会ED.
・戦後歴史学と「自由主義史観」
・青木書店 1997.1800Y.
・FUJIOKA.N.、ANDERSON.B.、HOBSBAWN、MARUYAMA.M.、GELLNER(168)、OZAWA.I.(33)、YASUMARU.Y.
・戦後歴史学、自由主義史観、歴史教育、戦争責任、アイデンティティ、ナショナリズム、国民国家、「創られた伝統」、国史科、国民化、一国平和主義(35)、一国史・世界史(172)、


・レーヴィット
・世界史と救済史
・創文社 1964.
・LOEWITH、
・歴史、キリスト教、ギリシア、時間、永遠回帰、


・ベラー
・心の習慣
・みすず3914Y
・BELLAH.R.N.、ARISTO.、EMERSON、GADAMER、GILLIGAN、GILDER.G.、JEFFERSON、JAMES、TILLICH、TWAIN.M.、TOULMIN、TOCQUEVILLE、TROELTSCH、NIEBUHR、NOVAK.M.、FRANKLIN、WHYTE.W.H.、MACINTYRE、MADISON.R.、MILL、RIESMAN、REGAN、LOCKE、
・アメリカ個人主義、保守主義、愛、公共善、記憶の共同体、共和主義、キリスト教、コミットメント、宗教、自己、資本主義、自律、セラピー、道徳、文化的伝統、


・アンダーソン
・想像の共同体
・リブロポート 1987.
・ANDERSON.B.、AUERBACH、BENJAMIN、GELLNER、KITA.I.、LUNCH.J.、MARUYAMA.M.、MARX、MONTESQUIEU、SAID.E.、
・想像の共同体、記憶、ナショナリズムの起源、国民意識の起源、愛国心、人種主義、帝国主義、


・埴谷雄高
・ドストエフスキー
・NHK
・HANIYA.Y.、ドストエフスキー、
・幼年時代の魂の形成、田園の記憶、「人はパンのみにて生きるものにあらず」、


・アーレントARENDT
・過去と未来の間
・みすず 1994.09.4944Y.
・ARENDT、EINSTEIN、ARIST.、KAFKA、KANT、JESUS、CHRIST.、DESCARTES、NIETZSCHE、HEISENBERG、PLATON、HEGEL、HOBBES、MACHIAVELLI、MONTESQUIEU、
・「伝統と近代」、権威、自由、教育、「文化の危機」「真理と政治」DOXA、栄光、観照、記憶、共通感覚、ギリシア、キリスト教、権力、行為、公的領域、思考、生の様式、正義、制作、全体主義、尊厳、徳、美、人文主義、ポリス、ローマ、理性、民主制、


・中村雄二郎
・共通感覚論
・岩波現代選書
・NAKAMURA.Y.、
・共通感覚、トポス、記憶、コモン・センス、


・川本三郎
・青の幻影
・文芸春秋 1993.
・KAWAMOTO.S.、ホッパー.E.、YOKOYAMA.M.、MURAKAMI.H.、
・不在の風景、孤立する風景、空っぽの世界、記憶−−アイデンティティ(268)、かげり(268)、


・槙文彦
・記憶の形象
・筑摩書房 1992.5974Y.
・MAKI.F.、
・記憶の形象、モダニズム、都市、心象風景、江戸、東京、アーバン・デザイン、情景、空間の襞(246)、奥(247)、迷路に対する好み(249)、ふるさと(464)、領域感(464)、


・ポンス.F.
・江戸から東京へ
・筑摩書房 1992.4200Y.
・ポンス.F.、
・記憶と近代性、江戸から東京へ



・現代思想1995.01. 特集:戦争の記憶

・DERRIDA、TAKI.K.、TAKAHASHI.T.、/LEVINAS、
・戦争の記憶、共感の共同体、帝国主義的国民主義、SS、ナチズム、アウシュヴィッツ、


・高橋哲哉
・記憶のエチカ
・岩波 1995.08.29
・TAKAHASHI.T.、HITLER、LEVINAS、ARENDT、
・記憶の地政学、アウシュヴィッツ、反帝国主義、忘却の穴、『ショアー』、



・SHOAH
・SHOAH上映委員会 1995.
・LANZMANN、HITLER、
・アウシュヴィッツ、ショアー、ナチズム、記憶、証言、ホロコースト、


・中上健次
・化粧
・講談社文芸文庫 1993.ORG.:1981.
・NAKAGAMI.K、IGUCHI.T.、KARATANI.K.、NAGAYAMA.N.(270)、
・「灰色のコカコーラ」、記憶、風土、(風景)、物語、


・前田重治
・原光景へ
・白地社 1995.2000Y.
・MAEDA.S.、
・原光景、精神分析、幼児期の記憶をたどる快、映画の精神分析、


・鎌田東二
・聖なる場所の記憶 日本という身体
・講談社学術文庫 1996.02.
・KAMATA.T.、ORIGUCHI.S.、MIYAZAWA.K.、HIRATA.A.、ELIADE、GOETHE、STEINER.R.、NISHIDA.K.、
・聖なる場所の記憶、日本という身体、場所と国学、根源文化衝動、「神国」の地理学、宮沢賢治の花崗岩体験、鉱物、


・武藤剛史
・プルースト 瞬間と永遠
・洋泉社 1994.
・MUTOU.T.、PROUST、RUSKIN、(ABIKO)、
・特権的瞬間、無意識的記憶、スノビズム、「生の本質」、



・現代思想1996-07.特殊=機械の身体

・GUATTARI、CHOW.R.、MINATO.C.、UKAI.S.、SAKURAI.T.、TSUKAHARA.S.、
・機械の身体、フランスの戦後50年、戦争の記憶、G.:「具象的機械」、C.:「ポストモダン自動人形」、


・ナボコフ
・記憶よ、語れ

・ナボコフ、
・記憶、


・富山一郎
・戦場の記憶
・日本経済評論社1995.1800Y.
・TOMIYAMA.I.、SAKAI.N.、YAMANOUCHI.Y.、TSURUMI.S.、TOMINAGA.S.、ANDERSON.B.、BHABHA.H.K.、FANON.F.、
・戦争の記憶、生活・モラル・ナショナリズム、帝国意識、日本人、記憶の政治学、想像の共同体、戦場体験、沖縄戦、



・TEN PLUS ONE N.7.1996.AUTUMN 特集:アーバン。スタディーズ
・INAX
・TANAKA.J.、YATSUKA.H.、IKUI.H./OOBA.T.(83)、AKASEGAWA.G.>JINNNAI.H.;MAEDA.A.(21)、タフーリ(28)、
・路上観察学のニヒリズム(20)、統一ドイツのアイデンティティをめぐる〈記憶の政治〉(49)、ベルリン、


・スフューズSFEZ.L.
・象徴系の政治学
・文庫クセジュ 1997.980Y.
・SFEZ.L.、
・象徴系の政治学、イメージ、アイデンティティーの基礎となる政治的象徴、記憶、ポルポト派=記憶をもたない政治(150)、



・情況 1997.04.特集:記憶をめぐる闘争

・OGUMA.E.、EBARA.Y.、SUGA.H.、/KATOU.N.、FUKUDA.K.(62)、
・自由主義史観、記憶をめぐる闘争、従軍慰安婦問題、「記憶を侵食する物語の欲望」、国民国家(63)、



・世界 1997.05.含む:「自由主義史観」批判・第二弾

・KANN.S.、NARITA.R.、
・自由主義史観、


・ヒト「ひと」編集委員会ED.
・ひと 1997-07.特集:「自由主義史観」を超えて
・太郎次郎社.1143Y.
・SATOU.M.、OOUCHI、SEKI.H.、
・自由主義史観、


・林屋辰三郎+
・風と流れと−−暮らしの中世と現代
・朝日新聞社 S.49.
・HAYASHIYA.T.、YAMAZAKI.M.、
・中世の暮らし、祭り、日本の色の認識、色のシンボリズム、徳、有徳者−−美意識追求の人々、生活文化の原形と変容、


・ペヴスナーPEVSNER.N.
・ラスキンとヴィオレ・ル・デュク−−コシック建築評価における英国性とフランス性−−
・中央公論美術出版 H.2.1300Y.
・PEVSNER.N.、RUSKIN、VIOLLET-LE-DUC、
・ゴシック建築評価、英国性、フランス性、中世主義(90)、芸術地理学、過去、修復、記憶、


・チャンドラー.A.
・中世を夢みた人々−−イギリス中世主義の系譜
・研究社出版 1994.
・CHANDLER.A.、RUSKIN、MORRIS、SCOTT、BURKE(67)、COLERIDGE(43)、
・イギリス中世主義、反功利主義的な中世主義(8)、ロマン主義、



・月刊 文化財 H.8.10.N.397.


・文化財保護法改正、国民の貴重な文化財(11)、「アメリカの登録文化財制度」、価値、博物館、/クウェドリンブルク、中世、


・吉田健一
・ヨーロッパの世紀末
・岩波文庫 1994.ORG.:1970.新潮社
・YOSHIDA.K.、CHESTERTONチェスタトン(216)、
・ヨーロッパの世紀末、18世紀=文明の優雅な完成、19世紀=堕落、中世(111)、浪漫主義、ロマン主義、


   1−2. 論文


・ウオズミ
・ケイケンノヒラカレタベンショウホウ

・HUSSERL、WALDENFELS、SCHMITZ、
・経験の地平性、時間、身体、


・チヨシマ
・アインシュタインノソウタイセイリロンニオ

・EINSTEIN、
・相対性理論、時間、空間、


・ノエ/カトウ/
・メタファートパラダイム

・KANT、COLLINGWOOD、KURODA、KRIPKE
・アプリオリ、分析的・総合的、歴史性、


・RODI
・ヘイデガート ディルタイ

・RODI、HEIDEGGER、DILTHEY、HUSSERL
・事実性の解釈学、歴史、


・ヨシザワ.デ
・セイカツセカイ ノ ゲンショウガク

・HUSSERL、
・理論的態度、生活関心、目覚めた生活、職業時間、LW


・OUTHWAITE
・IN:グランドセオリーノ フッケン

・GADAMER、DILTHEY、
・解釈学の普遍性と歴史性、先入見、歴史的距離、


・フィルプ
・IN:グランドセオリーノ フッケン

・FOUCAULT、
・権力と知の関係、系譜学、歴史、物語、人間主体の放棄


・RICOUER
・モノガタリノ キノウ

・RICOUER、
・物語性と歴史性、


・ワシダ.キ.
・イッカンシタ ヘンケイ

・M.-PONTY、WALDENFELS、FOUCAULT、
・経験、歴史性、選択的解釈、由来、起源、


・ワシダ.キ.
・イッカンシタ ヘンケイ

・M.-PONTY、WALDENFELS、FOUCAULT、
・経験、歴史性、選択的解釈、由来、起源、


・BOLLNOW
・ディルタイト フッサール

・DILTHEY、HUSSERL、BOLLNOW、
・歴史、循環、目的論、歴史記述、


・BOLLNOW
・ディルタイト フッサール

・DILTHEY、KANT、
・アプリオリ、歴史、


・BOLLNOW
・ディルタイト フッサール

・HUSSERL、DILTHEY、MISCH、
・生き生きした現在、歴史的アプリオリ、起源、目的、


・ワシダ.キ.
・シンリ ト ゲンジツ

・HUSSERL、M.-PONTY、JAMES、
・真理と現実、沈殿した歴史、合致総合、明証、間主観性


・タカハシ.テ.
・ガーダマーノ カイシャクガク

・GADAMER、HEIDEGGER、
・解釈学的循環、真理と方法、時間距離、地平融合、適用


・イシマエ
・モノガタリトシテノ ホウ

・DWORKIN、SINGER、HART、WEBER、KUHN
・法、共約可能性、客観性、合意、因果帰属、帰責、歴史


・イシダ.ミ.
・ゲンショウガクテキチョウエツロンテツ ダブリ

・HUSSERL、KERN、
・生活世界、エポケー、職業時間、記述心理学、還元、


・カトウ.テ.
・ビテキイシキ ヲ コエルコト

・GADAMER、KANT、
・近代、相対主義、歴史主義、美的意識、


・柴田し
・ノヴァーリスの政治思

・NOVALIS、
・政治思想、夜、歴史、共同性の破壊、フランス革命、


・フクヤマ.F.
・「歴史の終末」再論

・FUKUYAMA.F.、HEGEL、MARX、
・歴史の終末、


・佐々木毅
・ポスト保守主義時代のイデオロギー
・阿部+EDS.『アメリカ現代政治の分析』1991.
・FIKUYAMA.F.、REICH.R.REGAN、GILDER、
・レーガノミックス、サプライサイド経済学、日本異質論、保守主義、イデオロギーの終焉、歴史の終焉、自由主義、


・佐伯啓思+
・現代経済学の冒険
・図書新聞1990.12.15.
・A.SMITH、FUKUYAMA.F.、FOUCAULT、NIETZSCHE、
・現代経済学、市場経済の外、歴史の終焉、


・クフクヤマ。F。
・ポスト抗争時代の「均衡世界」
・月刊ASAHI/89.12.
・FUKUYAMA.F.、HEGEL、WEBER、
・歴史の終焉、リベラリズム、社会主義、ナショナリズム、


・駒城しんいち
・ポスト・モダンとニヒリズム
・法の理論11.1991.
・BAUDRILLARD、KELLNER.D.、
・ポスト・モダンとニヒリズム、非−根拠主義、非正当化主義、歴史の終焉、


・ビアサック.アレッタ
・ローカル・ノレッジ、ローカル・ヒストリー−−ギアーツとその後−−
・思想812.1992.02.
・GEERTZ、COLLINGWOOD、SAHLINS.M.、
・ローカル・ノレッジ、LOCAL KNOWLEDGE、新歴史主義、文化分析、理解、個別主義PARTICULARISM、構造主義、


・HAB.
・近代−−未完成のプロジェクト
・思想696.1982.06.
・HAB.、ADORNO、GADAMER、LORENZEN、WELLMER、NIETZSCHE、FOUCAULT、JONAS、SPAEMANN.R.、BENN.G.、SCHMITT.C.、BELL、BENJAMIN、
・啓蒙、美的モデルネ、近代、歴史主義、モダニズム、伝統、シュールレアリズム、三つの保守主義、


・BOURDIEU.P.
・ハイデガーを語る
・現代思想1989-04.
・BOURDIEU.P.、HEIDEGGER、LACUE-LABARTHE、HITLER、FOUCAULT、GADAMER、PLATON、DERRIDA、
・ナチズム、政治と哲学、ファシズム、哲学と科学、象徴権力、脱歴史化、


・多木浩二+
・物質的アレゴリー
・ユリイカ 1993-07.特集:アンゼルム・キーファー
・KIEFER.A.、HITLER、
・ファシズム、美学、芸術、アレゴリー、新表現主義、歴史、


・ADORNO
・自然史の理念
・みすず374.1992.05.
・ADORNO、HUSSERL、SCHELER、LUKACS、BENJAMIN、HEGEL、HEIDEGGER、
・自然史、アレゴリー、歴史、


・LOEWITH.K.
・ハイデガーとローゼンツヴァイク
・みすず389、391、1993.
・LOEWITH、HEIDEGGER、ROSENZWEIG、
・『存在と時間』、ユダヤ教、


・岩崎稔 +
・散乱する公共性
・文芸32-4.1993 冬季号
・HAB.、ARENDT、IWASAKI.M.、
・公共性、歴史の終わり、ユーロッパ、


・瀬川信久
・民法の解釈
・民法講座(星野英一+EDS.)別巻1 1990.
・SUEHIRO.G.、WAGATSUMA.S.、KURUSU.S.、KAWASHIMA.T.、KATOU.I.、HOSHINO.E.、HIRAI.Y.、ヘック、
・日本における法解釈方法論の歴史、利益衡量(利益考量)論(53)、議論、正当化、「実質的理由」(川島)(40)、「説得」(星野)(56)、利益法学(63)、


・OAKESHOTT
・『リヴァイアサン』序論(一)
・法学論集(鹿児島大学法学部)22-4.1987.
・OAKESHOTT、HOBBES、
・歴史家、


・川合全弘
・ドイツ市民文化と民主主義(1)−−エルンスト・ユンガーの『労働者』−−
・産大法学21 1988.
・JUENGER.E.、
・形態の形而上学による歴史意識の揚棄、


・多木浩二
・自由について
・現代思想1991-4
・TAKI.K.、
・身体の手入れの歴史、自由な身体、倫理の問題として:自己自身からの自分の解放(117)、


・初見基
・政治神学と歴史神学−−ベンヤミンの一断面
・批評空間 7.
・BENJAMIN、SCHMITT.C.、
・政治神学と歴史神学、例外状態、被抑圧者、政治、共同体、アレゴリー、


・佐藤健生
・ナチズムの特異性と比較可能性−−西ドイツの「歴史家論争」−−
・思想 758.1987.08.
・HITLER、HAB.、NOLTE.E.、FEST.J.、
・歴史家論争、ナチズム、ファシズム、


・吉岡昌紀
・「道徳の時間」の現在
・創文 344.1993.06.

・道徳の時間、道徳教育、


・坂部恵
・統制的原理としての自由
・現代思想1988-10.
・KANT、HERDER、
・歴史哲学、自由、


・WHITE.H.
・フーコーを読む
・思想 718.1984.04.
・WHITE.H.、FOUCAULT、BURKE.K.、LACAN、JAKOBSON、VICO、L.-STRAUSS、
・ポスト構造主義、人間科学、思想史、歴史、


・竹中克英
・時代的原風景論
・愛知大学文学論叢 N.105.
・TAKENAKA.K.、WALTER.F.、
・時代的原風景論、潜在的歴史、テクスト分析、


・高橋哲哉
・〈記憶の戦争〉に法はあるのか
・週間 読書人 1994.06.24.
・TAKAHASHI.T.、WHITE.H.、
・記憶の戦争、アウシュヴィッツ、W.=反客観主義的な「歴史の詩学」の構想によって歴史批評の〈ポストモダン的アプローチ〉を代表、W.< T.:この見解を修正、表象不可能な出来事、歴史的相対主義、


・高橋順一
・ユートピアと歴史の狭間で
・思想 1994-06.840.
・TAKAHASHI.J.、BENJAMIN、
・美的モデルネ、解放と救済の歴史哲学、


・野家啓一
・海峡をへだてた「語用論」
・現代思想 1986-10.特集=現代ドイツの思想
・NOE.K.、APEL、ALBERT、BUBNER、BAR-HILLEL、HAB.、WITT.、
・語用論、ミュンヒハウゼンのトリレンマ、超越論哲学VS分析哲学、コミュニケーション、歴史的アプリオリ、言語ゲームの相対主義の克服(166)、「世界像」(WIIT.)


・阿部良男
・歴史主義からモデルニテへ
・講座 20世紀の芸術 1 1989.
・ABE.Y.、BAUDELAIRE、VALERY、BRETON.A.、POE、
・歴史主義からモデルニテへ、モダニティー、近代絵画、


・河野仁
・アメリカ歴史社会学の現状と課題
・思想 1992.02.N.812.
・KAWANO.H.、WEBER、
・アメリカ歴史社会学、


・樺山紘一+
・歴史と全体性 (AD:『歴史学事典』)
・図書新聞 1994.09.10.
・KABAYAMA.K.、
・歴史と全体性、グランド・セオリー、アナール学派、


・二宮宏之
・歴史とテクスト
・図書新聞 1994-07-02.
・NINOMIYA.H.、GINZBURG、GEERTZ、VICO、
・歴史叙述、アナール派、証拠と現実、表象の歴史家、


・山内昌之
・イスラムとアメリカ
・季刊アステイオン 1993-秋
・YAMAUCHI.M.、
・イスラムとアメリカ、自由と民主主義をめぐる非対称、歴史の終わり、多元主義、文化的相対主義、神の民主主義VS市民の民主主義、


・西部すすむ
・平衡感覚のすすめ
・季刊アステイオン 1993-秋
・NISHIBE.S.、
・平衡感覚、社会民主主義(合理的自由)VS自由民主主義(歴史的自由)、


・青木保
・ノーベル賞と現代日本
・朝日新聞 1994.10.31.夕刊
・AOKI.T.、ノーマ・フィールド、OOE.K.、
・N F.:拡散された抑圧は「抑圧装置として少なくとも歴史的には認識しやすい天皇制からくるものというより、いわば高度資本主義社会の日常生活への違和感だということがだんだんわかってきた」、



・揺らぎつつ生きる批評精神(深き淵より ドイツ発日本 12)
・朝日新聞 1995.1.13.
・MANN.T.、NOLTE.E.、HITLER、
・ナチズム、歴史家論争、ロマン主義、


・片桐頼継
・風景画の歴史的展開
・武蔵野美術 N.83.1991.
・ダ・ヴィンチ、ジョルジューネ、アルトドルファー、プッサン、コンスタブル、フリードリヒ.C.、ターナー、センザヌ、
・風景画の歴史的展開、


・高橋哲哉
・満身創痍の《証人》
・現代思想 1995.01.特集:戦争の記憶
・TAKAHASHI.T.、LEVINAS、
・戦争の記憶、正義、証人、歴史の裁き、責任、他者、


・佐藤康邦
・風景画の現象学
・現代思想 1992-09.特集=風景生態学
・SATOU.Y.、
・風景画の歴史、奥行知覚、遠近法、始原的奥行、「空間知覚の大地説」、生活世界、太陽は昇る、


・上村忠男+
・歴史の認識と叙述
・未来 343.1995.04.
・UEMURA.T.、IWASAKI.M.、VICO、GINSBURG、WHITE.H.、TAKAHASHI.T.、BAKHTINバフチン、
・歴史認識、表象と真実、歴史の詩学、記憶、アウシュヴィッツ、歴史叙述の限界、独白、対話、引用、隠喩、


・鵜飼哲
・書評:アウシュヴィッツと表象の限界
・インパクション 1994.08.
・UKAI.T.、WHITE.H.、GINZBURG、
・アウシュビッツと表象の限界、W.を相対主義と呼ぶこと自体が問題をもつ、「歴史の詩学」、「法」、他者、


・遅塚忠躬
・言語論的転回と歴史学
・思想 1994.08. N.842.

・言語論的転回と歴史学、ポストモダン、物語の復権、構造史上の事実と事件史上の事実、


・CHARTIER.R.
・今日の歴史学
・思想 1994.09. N.843.
・CHARTIER.R.、WHITE.H.、BOURDIEU.P.、ELIAS、GINZBURG.C.、
・今日の歴史学、構造史、物語、ミクロストリア、「知の詩学」(8)、表象、心性史(13)、


・貫成人
・行為と形象−−歴史の物語理論と構造論的分析−−
・埼玉大学紀要 V.29.1993.
・NUKI.S.、FOUCAULT、WHITE.H.、NOE.K.、RICOEUR、DANTO、
・歴史記述、物語、ストーリーとプロット、史料、アナール派、考古学、


・CHARTIER.R.
・表象としての世界
・思想 1992.02. N.812.
・CHARTIER.R.、
・表象としての世界、歴史、


・山崎純
・ヘーゲルの原像をもとめて
・創文 1995.04.N.364.
・HEGEL、
・歴史哲学講義の新資料、


・二宮宏之
・系の歴史学と読解の歴史学
・社会史研究 N.7. 1986.
・NINOMIYA.H.、GINZBURG、
・系セリーの歴史学と読解の歴史学、


・二宮宏之
・読解の歴史学、その後
・思想 812.1992.02.
・NINOMIYA.H.、
・系セリーの歴史学と読解の歴史学、


・GINZBURG.C.
・人類学者としての異端裁判官
・思想 803.1991.05.
・GINZBURG.C.、
・歴史、


・林みどり
・歴史叙述と〈法外なもの〉の在り処
・思想 1995.05.
・HAYASHI.M.、PRATT.M.L.、SAID、
・歴史叙述と修辞性、物語性、ポストコロニアル、


・福田和也
・「精神」の空白 サリン事件があぶりだす日本人の精神的実態
・発言者 V.13.1995.05号
・FUKUDA.K.、
・サリン事件、阪神大震災、国家−−超越性が必要、持続の感覚としての歴史、精神的なものの復活、


・NOLTE.E.
・ヒットラーの歴史的正当性? ORG:IN:SPIEGEL 1994-10.
・みすず 409.1995.04.
・NOLTE.E.、
・ナチズム、アウシュヴィッツ、歴史家論争、


・矢代梓
・ハーバーマスをめぐる論争史 1〜
・みすず 1:339; 2:341; 3:344; 4:346; 5:348; 6:353; 7:356; 8:358; 9:360; 10:362
・YASIRO.A.、HAB.、
・解釈学論争、急進的学生運動、社会システム論争、ドイツ赤軍派、ポスト・モダン論争、歴史家論争(ドイツの連続性への回帰)、


・エバノフ.R./阿部治
・解説 TO 人類史と環境思想
・環境思想の出現
・SAHLINS.M.、ZERZAN.J.、SNYDER.G.、GIMBUTAS.M.、SPRETNAK.C.、BIEHL.J.、BOOKCHIN.M.、PLATON、SESSIONS.G.、M.-AURELIUS、BERGER.P.L.、WHITE.L.、EVANOFF.R.、LOVELOCK.J.、BERNMAN.M.、DAVID.H.、THOREAU、MUIR.J.、PINCHOT.G.、RODERICK.N.、LEOPOLD.A.、NASH.R.、
・環境問題、自然観の歴史、ユダヤ=キリスト教、ガイア仮設、保全主義VS.保存主義、神秘主義、ディープ・エコロジー、コスモス(24)、超絶主義(24)、エコ中心主義(26)、


・田中一彦
・メタブレティカ
・立教大学社会福祉研究所紀要N.4.1982.
・TANAKA.K.、VAN DEN BERG、
・メタブレティカ、歴史心理学、精神病理学、


・辻内鏡人
・脱「人種」言説のアポリア
・思想 1995-08.N.854.
・TUJIUCHI、BHABHA.H.K.、TAYLOR.C.、HOWARD.J.H.、SAKAI.N.、WALLERSTEIN.I.、BLUM.L.、STEELE.S.、SCOTT.J.W.、ファノン.F.、GITLIN.T.、
・アイデンティティの政治学、黒人、インディアン、ポストコロニアル、歴史の政治学、多文化主義、差異の政治学、リベラリズム、過去性の内実、


・辻井喬/長田弘
・土地と言葉
・群像 1994-04.
・TSUJII.T.、NAGATA.H.、
・土地と言葉、歴史の記憶と地名のトポス、



・植民地支配の象徴 50年の節目
・朝日新聞 1995.08.14.夕刊

・植民地支配、旧朝鮮総督府、旧台湾総督府、「民族の文化と歴史を取り戻す作業」、


・藤岡信勝
・「国家の誇り」訴える雑誌
・朝日新聞 1995.11.16.夕刊
・FUJIOKA.N.、
・「国家の誇り」訴える雑誌FOR教員、「肯定的な自国イメージは....自国の歴史をわがこととして引き受けるという基本的な態度から生まれる」、


・倉沢愛子
・「侵略」を多角的に実証
・朝日新聞 1995.11.15.夕刊
・KURASAWA.A.、
・侵略、日本の歴史観との隔たり、歴史学者、



・景観を目的として、高層ホテルの建築工事差止めを求めた仮処分が却下された事例
・判例時報 1432.P.125.1992.

・京都ホテル建築工事中止仮処分申請事件、景観権、京都仏教会、歴史的景観、


・フィールド.N./グラック.C.
・シリーズ 歴史認識を問う:政治が映す「いま」を考える
・朝日新聞 1995.11.24.
・フィールド.N.、グラック.C.
・歴史認識、国家神話、記憶、


・山田信行
・歴史記述と弁証法
・社会学評論 46-2.1995.
・YAMADA.N.、ADORNO、ALTHUSSER、COHEN.G.A.、GIDDENS、HECTER.M.、HIROMATSU.W.、LACLAU.E.、LLOYD.C.、SKOCPOL.T.、WRIGHT.E.O.、
・歴史記述、歴史社会学、弁証法、ポスト・マルクス主義、弁証法的歴史社会学、史的唯物論、歴史主義、


・三島憲一
・日独・戦後五○年の騒ぎのあとで
・世界 1996-02.
・MISHIMA.K.、
・新保守主義、自国の文化・歴史


・カンかん・さんじゅ
・昭和の終焉と現代日本の『心象地理=歴史』
・思想786.1989.12.
・KANN.S.、SAID?、
・現代日本の心象地理=歴史、


・フクヤマ.F.
・「歴史の終焉」後、何が繁栄の鍵を握るか
・SAPIO 1996.02.28.
・FUKUYAMA.F.、
・歴史の終焉、高信頼社会(アメリカ)、社会的美徳、


・三島健一
・時間のエネルギーあるいは広告の誕生
・パサージュ論 V への解説 1995.
・MISHIMA.K.、BENJAMIN、
・パサージュ論、広告、歴史主義、ユーゲントシュティール、シュルレアリスム、19世紀後半の文化、「ベルリンの幼年時代」、


・TIEDEMANN.R.
・『パサージュ論』を読むために
・パサージュ論 V への解説 1995.
・TIEDEMANN.R.、BENJAMIN、MARX、ARAGON、BRETON、BLOCH、ADORNO、HORKHEIMER、LUKACS、HAB.、
・パサージュ論、パリ、初期モデルネ、近代の神話、シュルレアリスム、資本主義、夢、弁証法、ファンタスマゴリー、フェティッシュ、万国博覧会、モデルネ、歴史的唯物論、


・渋澤龍彦
・近江の文学風景 「夢ちがえ」
・湖 117.1996.SPRING 滋賀銀行
・SIBUSAWA.T.、
・歴史的遺物、歴史と遊ぶ至福、幸福、


・大友正広
・夢の廃墟と歴史の構成
・文化(東北大)52ー3・4 1989.
・BENJAMIN、TIEDEMANN.R.、BAUDELAIRE、LUCAKS、
・パサージュ論、アレゴリー、弁証法、バロック悲劇、廃墟、「別の歴史」、


・陣内秀信
・新感覚の都市風景
・建築雑誌 102-1261.S.62.07.
・JINNNAI.H.、MAKI.F.、
・新感覚の都市風景、ウォーターフロント、代官山、同潤会アパート、時間の感覚、


・塩野谷祐一
・シュンペーターの問題と方法
・一橋大学研究年報・経済学研究 25.1984.
・SIONOYA.Y.、SHUMPETER、KUNH、MENGER、SCHMOLLER.G.、
・社会科学的認識、経済人(77)、理論と歴史(89)、方法論争(93)、「普遍的な人間的関心」、


・BERQUE/中村雄二郎
・場所と風土と日本人
・群像 1994.05.
・NAKAMURA.Y.、BERQUE.A.、NISHIDA.K.、WATSUJI.T.、
・場所、風土による都市性の違い、日本人、記憶(340)、アイデンティティ(344)、ゲニウス・ロキ、歴史の記憶、


・芳賀祥二
・史蹟をめぐる歴史意識
・日本史研究 351.1991.11.
・HAGA.S.、
・史蹟をめぐる歴史意識IN19世紀、忠孝、歴史、風景、


・岡倉日出夫
・市民の景観保全運動と美的教育
・教育 1990.11.N.529.

・市民の景観保全運動、和歌浦、歴史的景観権、


・徳安浩明
・中・高校生のみた景観論争
・地理 39-11.1994.

・景観論争IN京都、歴史的景観、


・波多野直人
・日本風景論の系譜(上)
・武蔵大学人文学会雑誌11-1.1978.
・SHIGA.J.、MOTOYAMA.Y.、YASUDA.Y.、UEHARA.K.、KAMEI.S.、
・日本風景論の系譜、ナショナリズム、N 本山幸彦:志賀=「近代的ナショナリズム」;=「歴史的ナショナリズム」;≠「革命的な民主的ナショナリズム」


・湯浅泰雄
・政治的ロマン主義とナショナリズム
・日本学 19.1992.
・YUASA.Y.、YOSHIDA.S.、TAKASUGI.S.、TILLICH、
・政治的ロマン主義とナショナリズムIN日本、明治維新の歴史心理学、


・今村仁司
・ベンヤミンにおける歴史の概念
・現代思想 1992-Z:特集:ベンヤミン
・BENJAMIN、IMAMURA.H.、
・歴史家、収集家≠アレゴリシアン(アレゴリカー)、根源の歴史と目覚め、


・源了圓
・近代日本における伝統観と西田幾多郎
・思想 1995-11.
・MINAMOTO.R.、NISHIDA.K.、ELIOT、
・伝統、歴史的実在、歴史的感覚、「物となって見、物となって働く」、


・上利博規
・形の生成と歴史
・実存思想協会ED.『かたち』1996.
・AGARI.H.、ADORNO、BENJAMIN、
・形における歴史の覚醒、歴史を凝固させる集団的夢の形象、覚醒、


・森口美都男
・社会の解体と伝統の意識
・『伝統』S.42.
・MORIGUCHI.M.、ELIOT、
・伝統、保守主義、歴史的感覚、正統、文化、古典主義、


・成田龍一
・史学史のゆらぎ
・本郷 1995.N.3.
・NARITA.R.、TOOYAMA.S.、KANO.M.、グラック.C.、
・近代歴史学の歴史意識=歴史叙述、国民国家、史学史、歴史意識、


・子安宣邦
・〈隠蔽〉と〈告発〉との間
・現代思想 1995.01.特集:戦争の記憶/1995.05.
・KOYASU.N.、LYOTARD、IENAGA.S.、
・戦争の記憶と戦後意識IN日本、教科書問題、歴史の修正要求、南京事件、


・HUTTON.P.H.
・現代史学における記憶の位置づけ ダブリ
・現代思想 1995.01.特集:戦争の記憶/1995.05.
・HUTTON.P.、アリエス、GADAMER(164)、HOBSBAUM(147)、ノラ.P.、FOUCAULT、アルウブヴァクス.M.>FREUD、アギュロン、(ABIKO:RITTER、MARQUARD)、
・現代史学における記憶の位置づけ、現代の歴史記述における集合的心性から集合的記憶への動き、記憶が歴史へと変わっていく諸段階、慣習と伝統の地平、歴史主義(163)、地平融合(164)、記念行為(145)、国民国家、記念行為、イメージと観念(146)、マリアンヌのイメージ、慣習≠伝統(147)、


・VIDAL-NAQUET.P.
・記憶の暗殺者たちとは誰か ダブリ
・現代思想 1995.01.特集:戦争の記憶/1995.05.
・VIDAL-NAQUET.P.、
・『ショアー』、歴史修正主義、


・HALEVI.I.
・偽善
・現代思想 1995.01.特集:戦争の記憶/1995.05.
・HALEVI.I.、
・ナチズム、歴史修正主義、人種差別、


・RANCIERE.J.
・歴史修正主義と現代のニヒリズム
・現代思想 1995-04.
・RANCIERE.J.、
・歴史修正主義、


・石川晃司
・保守主義原理の批判的検討(一)−(三)
・政経研究 30-3、4、31-1.1994.
・ISHIKAWA.K.、BURKE、MANNHEIM、SMITH.B.、CECIL、NISBET、HAYEK、NISHIBE.S.(155)、OCHIAI.H.、
・保守主義、歴史の原動力=悪徳(177)、現実主義、政治=結果責任(179)、ニヒリズム(183)、


・山田隆夫
・カール・マンハイム研究ノート(1)(2)
・中京大学教養論叢 33-1、2.1992.
・MANNHEIM、
・歴史主義、保守的思考、


・大田信良
・ジェイムスン、歴史主義そしてリアリズム
・秋田大学教育学部研究紀要 人文・社会篇 43.H.4.
・JAMESON、
・歴史主義、リアリズム、マルクス主義、モダニズム、ポストモデニズム、


・藤田治彦
・ウィリアム・モリスと反修復運動
・美学 184.46-4.
・FUJITA.H.、MORRIS.W.、RUSKIN、
・反修復運動、古建築物保護、好古協会(THE SOCIETY OF ANTIQUARIES)VS建築家(2)、、歴史的建造物、(歴史主義)、修復、復元、保存、


・安松みゆき
・ウィーンにおける歴史主義末期のネオバロック建築
・美学 184.46-4.
・YASUMATSU.M.、BAUMANN、WAGNER、
・歴史主義末期のネオバロック建築INウィーン、歴史主義の建築の定義(20)、歴史主義からヴァーグナーへと進展するバロック観(19)、マリアテレジア様式(22)、


・丸谷才一
・歴史という悪夢
・『コロンブスの卵』筑摩書房 1979.ORG.:『文藝』1968.10.
・MARUYA.S.、LOEWITH、FUKAZAWA.S.、HOTTA.Y.、YOSHIDA.K.、KOSAKA.M.、KOUYAMA.I.、HANIYA.Y.、WEIL.S.、VALERY、MANN.T.、HANIYA.Y.、KANT、JOYCE.J.、
・歴史主義、歴史=悪夢、偽りの記憶、マルクス主義者の転向、


・池上じゅん
・固有価値と人間ネットワークの形成
・経済論叢 157-2.
・IKEGAMI.J.、RUSKIN、MORRIS.W.、
・固有価値INTRINSIC V.、ほんもの志向、自然・歴史、まちづくり、


・橋川文三
・歴史意識の問題
・『近代日本思想史講座 VII』筑摩書房 S.34.
・HASHIKAWA.B.、FUKUZAWA.Y.、KOBAYASHI.H.、MARUYAMA.M.、
・歴史意識、歴史主義、マルクス主義、


・EAGLETON
・文学理論1996
・文学 1996-夏
・EAGLETON、
・カルチュラル・スタディーズ、ニュー・ヒストリズム、ポストモダン、フェミニズム、歴史主義、


・福田恆存
・反近代の思想
・『現代日本思想体系 32』解説 S.40.筑摩書房
・FUKUDA.K.、YASUDA.Y.、LOEWITH、SPENGLER、NIETZSCHE、ELIOT、NATSUME.S.、SUZUKI.T.、YANAGIDA.K.、NAGAI.K.、TANIZAKI.J.、KOBAYASHI.H.、YASUDA.Y.、KAMEI.K.、WATSUJI.T.、
・反近代の思想、「歴史の不変化に関する論理」(小林48)、


・三島憲一
・伝統と習俗の正当性をめぐって
・『権力と正統性』(岩波講座 現代思想16)1995.
・MISHIMA.K.、HEGEL、TREITSCHKE、WEBER、KANN.S.、GADAMER、VICO、SAID>RENAN(329)、BENJAMIN、JAUSS>GADAMER(345)、
・伝統と習俗の正当性、伝統の美化、人倫性、ロマン主義、19世紀、解釈共同体、アイデンティティ、功労者の記念碑(315)、歴史の重み、初詣で、忘却による共同体の更新・再生(340)、凱旋行進(340)、


・富山太佳夫
・過去の感覚(上)(下)
・思想 1986.02、04.740、742.
・TOMIYAMA.T.、RUSKIN(37)、ELIOT(80)、PATER.W.、
・過去の感覚、歴史小説、記念品(29)、歴史画(30)、層のイメージ、地質学、進化論、考古学、先史時代ということばの発明(28)、ノスタルジアの対象として過去を保存しようという欲望(29)、歴史を「有機体的な成長と根本的な変化をささえる場」とする考え方(31)、産業精神のあり方の抑制(30)、伝統(30)、アルプス登山熱(37)、


・小林秀雄
・故郷を失った文学
・全集(新潮社) 3 S.43.
・KOBAYASHI.H.、
・「故郷を失った文学」、チャンバラ映画、「モロッコ」、歴史、伝統、成熟、社会的書割り、自然、抽象人、


・イッガースIGGERS.G.G.
・歴史主義
・西洋思想大事典 V.4.

・歴史主義、


・谷崎秋彦
・歴史への2つの道
・社会科学討究 39-2.1993.
・HEGEL、HEIDEGGER、TANIZAKI.A.、
・歴史への二つの道、現存在の歴史、存在の歴史、形而上学の克服/忍耐VERWINDUNG(292)、


・岩崎稔
・《歴史家論争》以後10年
・現代思想 1996-08.特集=想像の共同体
・IWASAKI.M.、HAB.、HOELDERLIN、RANCIERE.J.、SCHWILK.H.、HERZINGER.R.、
・歴史家論争、修正主義、自己意識的国民、アイデンティティ、ラディカル・リベラリズム、セルビア、政治的なるもの、正常化・歴史化・記憶、新しい民主的右翼、判断力、


・荒川修作/藤井博巳
・都市と身体
・現代思想 1996-08.特集=想像の共同体
・ARAKAWA.S.、FUJII.H.、LE CORBUSIER(256)、BENJAMIN(257)、MIES、TUAN(262)、
・都市と身体、パサージュ、インスタントな歴史的環境、


・三島憲一
・歴史なき時代の歴史意識へ
・思想 1974-10.N.604.
・MISHIMA.K.、VICO、HEGEL、DILTHEY、
・歴史意識、伝統、



・「近代都市と芸術革命」記念シンポ 「都市論再考−−ユートピアと現実」
・朝日新聞 1996.08.08.
・TAKASHINA.S.、MAKI.F.、MATSUBA.K.、KASHIWAGI.H.、
・近代都市と芸術、印象派、ポストモダン、歴史主義、モダニズム、デザイン、


・新明薫
・ハイデガーにおける「歴史」の問題
・思索 17.1984.
・HEIDEGGER、
・歴史、


・和田寛伸
・『世界史』の捉え方
・秋田論叢(秋田経法大)N.1.1985.
・KOUYAMA.I.、SUZUKI.S.、
・世界史、文化類型学的立場と歴史主義的立場、


・出淵博
・「伝統と個人の才能」再訪
・文学 1989-04.T.S.エリオットを読む−−モダニズムの現在
・ELIOT、POUND、BLOOM.H.、MARX、DILTHEY、GADAMER、
・伝統、歴史感覚、正統、THE TIMELESS、個性、フランス象徴主義(11)、モダニズム、


・菱川英一
・エリオットの伝統論とパウンド
・文学 1989-04.T.S.エリオットを読む−−モダニズムの現在
・ELIOT、POUND、
・歴史感覚、「同時的秩序」、伝統、モダニズム、


・高松雄一/風呂本武敏/出淵博
・エリオットを読む
・文学 1989-04.T.S.エリオットを読む−−モダニズムの現在
・ELIOT、POUND、LUKACS、
・モダニズム、歴史感覚、正統、伝統、THE TIMELESS、アクション・フランセーズ、古典主義、象徴主義、


・小松君代
・マンハイムの歴史主義における「時間体験」について
・立正大学文学部論叢 85.1987.
・MANNHEIM、
・保守主義、自由主義的体験と保守的体験の「時間体験」の相違、ファシズムの歴史観、行動主義、歴史主義、


・田中純
・〈無人〉の風景
・TEN PLUS ONE 7.1996.
・TANAKA.J.、BENJAMIN、リベスキンド.D.、DELEUZE、CEZANNE、
・ベルリン、襞、弁証法的イメージ、回顧趣味的歴史主義、記憶の政治、アイデンティティ、場所ならざる場所、ゲニウス・ロキ、ネオリアリスモ、場所化しえぬ干渉地帯(56)、「知覚対象は人間以前の風景であり、人間の不在における風景である」(D.57)


・岡林洋
・19世紀ドイツの復古建築の様式
・美学 40-1.1989.
・OKABAYASHI.H.、PLESSNER、SCHLEIERMACHER、NIETZSCHE、SCHINKEL.K.F.、BELTING.H.、KLINGENBURG.K.-H.、
・19世紀ドイツの復古建築様式、歴史主義、ポストモダン、アヴァンギャルド、


・上田恒夫
・近代デザインの陰画としての歴史主義
・ユリイカ 1992.11.特集:バウハウス
・UEDA.T.、
・バウハウス、近代デザインの陰画としての歴史主義、水晶宮、


・伊藤ていじ/平良敬一
・歴史環境への視点
・造景 1996.05.

・歴史的環境、集落の景観が崩れた、東大寺、


・上妻精
・ハイデッガーにおける歴史の問題
・『ハイデッガーとヘーゲル』1990.
・KOUZUMA、HEIDEGGER、HEGEL、DILTHEY、YORKヨルク、
・歴史性、集立GESTELL、帰郷としての回思ANDENKEN(37)、時熟=カイロス論的性格(39)、歴史主義(47)、


・小林秀雄
・歴史と文学
・福田ED.『反近代の思想』1965.
・KOBAYASHI.H.、
・歴史と文学、唯物論批判、国体観念(296)、


・上原専禄/加藤周一
・歴史感覚・歴史意識と歴史学
・思想 1957.05.特集:歴史
・UEHARA.S.、KATOU.S.、
・歴史感覚、シチュエーションの主人公となる、


・茅野良男
・歴史的知識の論理
・哲学会ED.『歴史の哲学』 1962.
・KAYANO.Y.、COLLINGWOOD、HEMPEL、DILTHEY、WINDELBAND、POPPER、GARDINER.P.、DRAY、WALSH.W.H.、HUIZINGA、CROCE、
・歴史的知識の論理、


・渡辺二郎
・現代西欧の歴史意識
・哲学会ED.『歴史の哲学』 1962.
・WATANABE.J.、RILKE、LOEWITH、BROECKER.W.、
・歴史意識、歴史主義、


・五味文彦

・思想 1993.07.

・絵巻の時間、異時同図という手法、


・チャペックCAPEK.M.
・時間
・『西洋思想大事典』V.2.1990.平凡社
・CAPEK.M.、/BERGSON、JAMES、WHITEHEAD、POINCARE、REICHENBACH、GRUENBAUM.A.、HUSSERL、ARIST.、BRUNO、NEWTON、
・時間、


・ホイットロウWHITEROW.G、J、
・時間と測定
・『西洋思想大事典』V.2.1990.平凡社
・WHITEROW.G、J、、NEEDAM.J.、ELIADE、ARIST.、EINSTEIN、
・時間の測定、相対性理論、キリスト教、


・ル・ゴフLE GOFF.J.
・教会の時間と商人の時間
・思想 1979.09.N.663.
・LE GOFF、
・時間、中世、キリスト教、商人、


・橋本満
・歴史と物語
・ソシオロジ 37-3.1993.
・HASHIMOTO.M.、EISENSTADT.S.N.、GIDDENS、GOLDTHROP.J.H.、HAB.、HAROOTUNIAN.H.D.、HEIDEGGER、HOBSBAWN、INOUE.S.、MINAMIKATA.K.、PARSONS.T.、RICOUER、SAID、SCHNEINER.I.、SHILS.E.、THOMPSON.L.、TREVOR-ROPER.H.、VLASTOS.S.、YANAGIDA.K.、
・歴史と物語、近代の歴史学、「伝統の発明」、近代の救済を求める歴史性、神前結婚(18)、


・門中正一郎
・生きられる時間/語られる時間
・ソシオロジ 37-3.1993.
・KADONAKA.S.、ADAM.B.、BERGER.P.L.、DURKHEIM、HEIDEGGER、KIMURA.B.、OOSAWA.M.、RICOEUR、TOMINAGA.S.、WEBER、ZERUBAVEL.E.、
・生きられる時間、語られる物語、自己という病、


・内田隆三
・時間の言説、言説の時間
・ソシオロジ 37-3.1993.
・UCHIDA.R.、
・時間、


・落合恵美子
・時間・解釈・歴史社会学
・ソシオロジ 37-3.1993.
・OCHIAI.E.、
・時間、


・鈴木良
・歴史意識と歴史小説のあいだ
・歴史評論 562.1997.02.
・S.>SIBA.R.、
・歴史小説、


・野町啓
・永遠と時間
・中世思想研究 XV.1973.
・NOMACHI、AUGUSTINUS、PLATON、
・時と永遠、時間、宇宙の生成、存在と生成の区別in PLATON←モーセ、


・犬飼公之
・古代日本の時間(意識と表象)
・古代文学 31.1991.
・INUKAI.K.、NAGAFUJI.Y.、TANIGAWA.A.、
・日本古代の時間、折り重なる時間、とこしえの時間、永遠、語りの時間、


・千代島雅
・ライプニッツとクラーク(ニュートン)の論争における時間と空間
・東京都立科学技術大学研究報告 1.1987.
・LEIBNIZ、CLARKE、NEWTON、EINSTEIN、
・時間、空間、神の存在の継続、持続、時間の流れの均一性、


・渡辺護
・視覚的美的体験の時間性に就て
・美学 16.1954.
・WATANABE.M.、COHN.J.、HUSSERL、LANGE.K.、ODEBRECHT、GEIGER、
・視覚的美的体験の時間性、美的価値、感覚、実在性、


・後藤..士
・美的実存の時間性について
・美学 82.1970.
・M.-PONTY、BECKER、BENSE.M.、BOLLNOW、PROUST、
・美的実存の時間性、永遠の瞬間、記憶、歴史的現存在、


・中村雄二郎
・他者・暴力・時間
・思想 1997-01.N.871.
・NAKAMURA.Y.、AUGUSTINUS、HEIDEGGER、JONAS.H.、LEVINAS、BATEILLE、L.-STRAUSS>SARTRE、
・時間、リニアーな歴史と内的意識、ニヒリズムの中の投企と時熟、他者の時間と外部、イリヤ、顔、暴力、


・茅野良男
・歴史主義

・KAYANO.Y.、MEINECKE、CROCE、VICO、HEGEL、LOEWITH、TROELTSCH、MANNHEIM、DILTHEY、NIETZSCHE、PLESSNER、LITT.T.、
・歴史主義、「歴史的個性」−−「発展」(M.22)、歴史的意識、反歴史主義、啓蒙主義、


・村上陽一郎
・時間における次元
・数理科学 1973-12.
・MURAKAMI.Y.、NEWTON、LEIBNIZ、GRUENBAUM、REICHENBACH、KANT、HALL.E.、
・時間における次元、継起的な順序、


・三宅正樹
・20世紀の歴史記述と時間意識−−進歩の観念と「古代・近代論争」
・明治大学社会科学研究所紀要 31-2.1993.
・MIYAKE.M.、BURY.J.B.、TOYNBEE、NISBET、BERTHOLD.W.、KRAUSS.W.、BUTTERFIELD、
・進歩の観念、古代・近代論争、20世紀の歴史記述、時間意識、ルネサンス、「17世紀精神革命」


・村上陽一郎
・時間の哲学的基礎
・自然 1973.08.
・MURAKAMI.Y.、ARIST.、BARROW.I.、NEWTON、LEIBNIZ、REICHENBACH、
・時間の哲学的基礎、前後関係、不可逆、


・青海健
・三島由紀夫とニーチェ−−悲劇的文化とイロニー
・群像 1988.06.
・SEIKAI.K.、MISHIMA.Y.、NIETZSCHE、KIERKE、SCHOUPENHAUER、
・ドイツロマン主義、イロニー、天皇、永遠の「時」、永劫回帰、ファシズム、「無という価値」、ペシミズム、ニヒリズム、悲劇、歴史(139)、


・HEILBRUNN.J.
・ニューライトの知識人たち
・中央公論 1997.02.
・HEILBRUNN.J.、HAB.、NOLTE、
・ニューライト、歴史家論争、多文化主義への反発、「自信に満ちた国家」、国民的アイデンティティ(382)、「歴史の正常化」(367)、


・STERN.F.
・ゴールドハーゲン論争
・中央公論 1997.02.
・STERN.F.、HITLER、GOLDHAGEN、
・歴史家論争、


・進藤五十八
・日本庭園の空間 「自然と人間、「景観と時間」の合一性
・日本の美学 16:特集:空間

・日本庭園の空間、時間エイジングの美、「景観と時間」の合一性、時間の積み重なり=歴史、


・MILL、
・セジウィック論(抄)
・J.S.ミル初期著作集 3 1980.
・MILL、セジウィック、HUME、(ABIKO:=VALERY)
・歴史、政治哲学、


・谷川渥

・BT 1988-04.
・TANIGAWA.A.、
・時間嫌悪者マグリット、


・関口正治
・ミルにおける政治理論と歴史−−1846年まで−−
・東京都立大学法学会雑誌 26-2.27-1.1985、1986.
・SEKIGUCHI.S.、MILL、MILL.J.、BENTHAM、HUME、SCOTT、マコーリー、TOCQUEVILLE、COLERIDGE、COMTE、
・歴史、社会科学、人間本性、快楽主義的心理学、エソロジー、


・野家啓一
・歴史的生命の論理
・中村/木村EDS.『講座 生命 '96』哲学書房 1996.
・NOE.K.、NISHIDA.K.、HLDANE.J.S.、BERGSON、WHITEHEAD、WITT.、
・生命、自然科学、歴史的生命、形、かたち、「事」としての生命、EVENT、


・KOCKA.J.
・ドイツのアイデンティティと歴史における比較−−『歴史家論争』によせて−−
・歴史と社会 14.1993.
・KOCKA.J.、NOLTE.E.、HAB.、STUERMER.M.、LUEBBE、KUHLMANN.A.>MARQUARD(285)、
・アイデンティティと歴史、歴史家論争、過去、代償的(264)、歴史の想起(264)、祝祭、歴史学、


・ブラバンノシゲルス
・世界の永遠性について
・中世思想原典集成13 1993
・SIGER DE BRABANT、ARIST.、
・世界の永遠性、時間、世界の始まり、


・篠田一士
・批評のよろこび
・現代評論集(世界文学全集36巻)集英社
・SHINODA.K.、POULET、
・P.『人間的時間の研究』、


・EAGLETON.T.
・文学理論1996
・季刊 文学 1996夏
・EAGLETON、SAID、BENJAMIN、
・新歴史主義(ニュー・ヒストリシズム)、脱構築、ポスト構造主義、ポストモダニズム、ポストコロニアル理論、多文化主義、


・西垣通
・メディアの森
・朝日新聞 1997.04.05.夕刊
・NISHIGAKI.T.、
・デジタルミュージアム、時間、博物館・美術館、


・宮台真司
・恥かしい国日本(オウッチ論潮)
・朝日新聞 1997.03.27.夕刊
・MIYADAI.S.、OOTSUKA.H.、
・従軍慰安婦問題、「新しい歴史教科書をつくる会」、歴史の誇り..=「オヤジ慰撫史観」、現実とのシンクロ率、


・山崎正和
・歴史教育論争(論壇時評)
・朝日新聞 1997.02.27.夕刊
・YAMAZAKI.M.、HAYASHI.K.、NAGAYAMA.H.、KATOU.N.、
・従軍慰安婦問題、歴史認識、


・小野正晃
・発掘に参加し歴史が身近に(声)
・朝日新聞 1997.03.04.

・発掘、歴史、



・歴史切りひらく 1997年 迎春
・日本共産党大津市会報告 1997.01.

・日本共産党、「歴史切りひらく」、


・南充彦
・モーリス・バレスのナショナリズム思想
・京大政治思想史研究会ED.『現代民主主義と歴史意識』ミネルヴァ書房 1991.
・MINAMI.M.、BARRES.M.、MAURRAS、RENAN、STERNHELL.Z.、
・ナショナリズム、歴史感覚、ドレフュス事件、記憶の政治、


・川合全弘
・エルンスト・ユンガーにおける歴史意識の問題
・京大政治思想史研究会ED.『現代民主主義と歴史意識』ミネルヴァ書房 1991.
・KAWAI.M.、JUENGER.E.、BOLZ.N.、LOOSE.G.、BOHRER、MARTIN.A.V.、BENJAMIN、
・ナチズム、歴史意識:初期:審美的歴史意識(206);後期:永遠の背後の「時代の壁際」に立っているという研ぎ澄まされた歴史意識(212)、近代的な時間意識(212)、ニヒリズム、時間性;永遠(211)、


・澤田庸三
・19世紀のイギリスの中央地方関係の成立過程に関する一視点について
・年報行政研究 N.25.1990.
・BENTHAM、CHADWICK.E.、MILL、SHIMIZU.I.、
・労働者階級の衛生状態に関する報告、レッセ・フェール、経験、法律:技術・機能(≠伝統・歴史)、


・青木生子
・柿本人麻呂の抒情と時間意識
・万葉集研究第八集 塙書房 S.54.
・KAKINOMOTO.H.、
・古代日本人の時間意識、


・HOLTHUSEN.H.E.
・歴史への郷愁
・『芸術の終焉・芸術の未来』
・HOLTHUSEN.H.E.、GEHLEN、JENCKS.C.、VAN DER ROHE.M.、VENTURI.R.、BEUYS.J.、BRINCKMANN.R.D.、ENZENSBERGER.H.M.、ADORNO、JUENGER.E.、BLOCH、HAB.、
・歴史への郷愁、ポストモダン、


・KRAUS.H.-C.
・エルンスト・ノルテの「歴史記述」
・フュレ.F.+『20世紀を問う』慶応義塾大学出版 1996.
・KRAUS.H.-C.ON NOLTE.E.、HAB.(115)、HITLER、HEIDEGGER(121)、MARX、NIETZSCHE、モーラス(143)、
・歴史家論争、ナチズム、自由主義、ファシズム、アクション・フランセーズ、エコロジー(170)、


・竹本秀彦
・歴史叙述と歴史的構想力
・思想 1991-09.807.
・TAKEMOTO.H.、DROYSEN、RUESN.J.、MOMMSEN.W.J.、DILTHEY、WHITE.H.、KOSELLECK.VEYNE.P.、MIKI.K.、
・歴史的構想力、歴史主義、解釈学、想起、


・竹本秀彦
・ドイツ社会史と概念史−−J.リューゼンのドロイゼン解釈について
・社会科学討究 34-1.1988.
・TAKEMOTO.H.、DROYSEN、RUESEN.J.、HEGEL、
・歴史喪失、概念史、


・BOUISSAC.P.
・時間をつくり出す道具−−サーカスの記号論をこえて−−
・思想 1978-11.653.
・BOUISSAC.P.、PIAGET、
・サーカス、時間(1.線型的;2.円環的;3.「別種の時間表象」=「行為の時間」)、


・磯谷孝
・九鬼周造における知性の祝祭
・思想 1978-11.653.
・ISOTANI.T.、KUKI.S.、
・芸術的時間、時間を味わう、


・小笠原由紀夫
・生の無垢・生の力−−ニーチェの歴史学批判を通して−−
・思想 1988-01.763.
・OGASAWARA.Y.、NIETZSCHE、BURKHARDT、
・非科学的・反科学的、忘却、過去の物語化、歴史と生、


・松下真一
・〈時間〉の歴史的および歴史学的構成(上)(下)
・思想 1982-01、02.691、2.
・MATSUSHITA.S.、HEIDEGGER、HUSSERL、
・過去構成としての歴史的構成、歴史的な時間が”過ぎ去る”という日常的感覚(71)、


・井筒俊彦
・創造不断−−東洋的時間意識の元型(上)(下)
・思想 1986-03、04.741、2.
・IZUTSU.T.、NEWTON、DOUGENN、
・東洋的時間意識、創造不断(不断の創造)=一様に流れる絶対時間(NEWTON)の否定(2);≒仏教(5)、スーフィズム、「有時」(道元)(49)、


・尹健次
・孤絶の歴史意識−−「昭和」の終焉とアジア−−
・思想 1989-12.786.
・INN.K.、KATOU.S.、HASHIKAWA.B.、YASUMARU.Y.、
・歴史意識、歴史感覚、歴史への参加感覚、諸民族・諸国民と共生・共存しうる開かれた歴史意識>天皇制と密着した孤絶の歴史意識(24)、


・高橋憲雄
・プラトンの〈時〉について
・思想 1984-01.721.
・TAKAHASHI.N.、PLATON、
・時の創造、時間、


・西谷修/鵜飼哲/港千尋
・戦争は最初の銃弾が発せられる前に本の中で起こっていた
・文藝 1997-夏号 特集2:歴史とは何か
・NISHITANI.O.、UKAI.T.、MINTO.C.、
・原理主義、ユーゴ問題、歴史教科書問題、


・崎山政毅/田崎英明/細見和之
・記憶のパルタージュ、あるいは出来事の言語に耳を澄ますこと
・文藝 1997-夏号 特集2:歴史とは何か
・SAKIYAMA.M.、TAZAKI.H.、HOSOMI.K.、KATOU.N.、TAKAHASHI.T.、ARENDT、WASHIDA.K.、OOGOSHI.A.、NISHIKAWA.N.、BENJAMIN、
・『ショアー』、従軍慰安婦問題、湾岸戦争、シニシズム、共同性、歴史の主体、自由主義史観、歴史家論争、記憶の分有、過去を裁く、ボルヘス『汚辱の世界史』、ベンヤミンの歴史認識、


・富山太佳夫
・ヒトラーの影
・ユリイカ 1986-05.
・TOMIYAMA.T.、HITLER、APPELFELD.A.、
・歴史への関心・歴史へに回帰inポストモダン文学、記憶、


・成田龍一/小森陽一/かん尚中/佐藤学
・対話の回路を閉ざした歴史観をどう克服するか?
・世界 1997-05.
・NARITA.R.、KOMORI.Y.、KANN.S.、SATOU.M.、/FUJIOKA.N.、
・歴史像を虚構化させる日本の文化風土、「自由主義史観」批判の根拠を求めて、アイデンティティの「語り」の建て直し、


・鶴見和子
・プラグマティズムの歴史理論
・思想 1951-02.
・TSURUMI.K.、DEWEY、
・プラグマティズムの歴史理論、社会歴史性と個人歴史性の両面から歴史をみるということ(26)、



・米国における歴史学の理論と実践
・思想の科学 1949-03.

・アメリカの歴史学、プラグマティズム、


・堀込庸三
・回顧と展望・西洋史総説
・史学雑誌 1960-05.
・HORIGOME.Y.、
・総合的把握、歴史感覚、生きた事実への実感、


・福井秀樹
・法共同体と目的共同体−−オークショットの近代国家論−−(一)
・法学論叢 139-5.1996.
・FUKUI.H.、OAKESHOTT、BURCKHARDT、LOEWITH、
・歴史の連続性=最後の宗教、伝統、


・貝瀬英夫
・スコットの『好古家』の特異性
・国士館大学教養論集 33.1995?
・KAISE.H.、SCOTT.W.、
・『好古家』、過去、歴史、


・貝瀬英夫
・スッコトのスコットランド小説に於ける歴史的想像力とその本質
・国士館大学教養論集 40.1995.
・KAISE.H.、SCOTT.W.、
・歴史的想像力、


・斎藤靖
・「ロマンス」から「歴史」へ
・文化(東北大学)56-1・2.1992.
・SAITOU.Y.、SCOTT、
・歴史小説、


・田中正司
・「立法者の科学」論と「歴史的」方法の問題
・商経論叢 23-1.1987.
・TANAKA.S.、SMITH.A.、
・歴史的方法、


・樺山紘一
・ふたたび、ジーボルトに学ぶ
・サンサーラ 1990-08.
・KABAYAMA.K.、
・近代ヨーロッパ史上の円環的時間、


・タフーリ
・歴史というプロジェクト
・現代思想 1986-07.
・TAFURIタフーリ、
・歴史、


・スレーリ.S.
・歴史感覚失った20世紀 教育で反知性主義克服を
・朝日新聞 1997.04.14.夕刊

・歴史感覚、20世紀、


・清水克雄
・「時間」という不思議
・朝日新聞 1997.05.18.

・時間、


・成田龍一
・関東大震災のメタヒストリーのために
・思想 1996-08.歴史の詩学
・NARITA.R.、WHITE.H.、SAKAI.N.、TOMIYAMA.I.、
・関東大震災、歴史、アイデンティティ、記憶、


・WHITE.H.
・歴史的知の詩学−−ランシエールの修正主義−−
・思想 1996-08.歴史の詩学
・WHITE.H.、RANCIERE、
・歴史学、


・グラック.C.
・外からみた戦後日本の歴史学
・日本史研究 328.1989.
・グラック.C.、TAKAHASHI.M.、
・戦後日本の歴史学、マルクス主義歴史学、アナール派、近代という物語り、ナショナル・ヒストリーとパブリック・メモリー、天皇制、


・植村和秀
・ハインリッヒ・フォン・トライチュケの歴史=政治思想(一)(二)
・法学論叢 130-3、6.1991、92.
・UEMURA.H.、TREITSCHKE、RANKE、MEINECKE、IGGERS.G.、
・歴史的感覚、講壇社会主義批判、プロイセン国家=絶対的な倫理的理念の体現、学問の倫理性、プロイセン学派、「祖国への喜び」(38)、


・村松剛
・レイモン・アロンについて
・レイモン・アロン選集 1、荒地出版社 1970.
・MURAMATSU.G.、ARON.L.、
・共産主義、フランス・五月革命、歴史、社会秩序(212)、


・原信芳
・歴史学の期待可能性
・比較法史学会『文明装置としての国家』(比較法史研究5)、1996.
・HARA.N.、IENAGA.S.VS.IKEDA.K.、KAMEI.K.、SUZUKI.T.、TOOYAMA.S.、SHINOHARA.H.、
・歴史学的認識、期待可能性[刑法学の概念];実定法上は:期待可能性なし→法的責任なし(372)、


・多木浩二+
・歴史意識について(討議)
・思想 1997.06.
・TAKI.K.、UCHIDA.R.、OOSAWA.M.、YOSHIMI.T./BENJAMIN、WHITE.H.、ELIOT.T.S.、RANKE、HEGEL、BATEILLE、ZIZEK、FOUCAULT、
・歴史意識、歴史記述と歴史の意味、「歴史の連続性を打破する意識」(B.8)、アナール派、ユダヤ人、クレオール・ナショナリズム(34)、他者性と歴史記述、20世紀、神学と政治学の間の弁証法的関係(35)、マルクス主義における「早すぎる歴史化」(Z.14)、


・三浦雅士
・近代的自我の神話
・井上+EDS.『自我・主体・アイデンティティ(岩波講座 現代社会学2)』1995.
・MIURA.M.、トドロフ、L.-STRAUSS(199)、WITT.、
・近代的自我、インディオにおける個人というものの在り方、歴史(177)、歴史主義批判(199)、



・「ユダヤ博物館」の建築家リベスキンド氏 記憶を普遍的に伝える道模索
・朝日新聞 1997.06.19.夕刊
・リベスキンド、
・ユダヤ博物館、記憶、ホロコースト、歴史、建築、モダニズム、ポストモダニズム、


・池澤夏樹
・歴史と物語(文芸時評)
・朝日新聞 1997.05.27.夕刊
・IKEZAWA.N.、SHIMAO.S.、
・歴史と物語、


・越智武臣
・山科断想
・出版ダイジェスト 1997.01.01.N.1633.
・OCHI.T.、
・歴史の遠影、山科、京都、過去の幻影、


・別役実/樺山紘一/土屋恵一郎
・法のドラマトゥルギー
・現代思想 1986-06.特集=フィクションとしての法
・BETUYAKU.M.、KABAYAMA.K.、TSUCHIYA.K.、
・法のドラマトゥルギー、三浦裁判、フィクションとしての法、歴史的共同体の消失;欲望の共同体の登場、法的にアイデンティファイできない不安、死刑廃止論、


・堅田剛
・〈法の詩学〉再考
・現代思想 1986-06.特集=フィクションとしての法
・KATADA.T.、GRIMM.J.、MICHELET、VICO、SAVIGNY、
・法の詩学、歴史法学、「厳密でない学問」、


・加藤典洋
・「日本人」の岬
・へるめす N.56、57.1995.07、09.
・KATOU.N.、SAKAI.N.、FOUCAULT、HASUMI.S.、AMINO.Y.、ZIZEK、TAKEDA.S.、OOSAWA.M.、YAMAMOTO.H.、KOBAYASHI.H.、
・日本人、歴史、天皇制、フィクションと歴史性、「主体性の転移」、人工の記憶、アイデンティティ、


・岩崎稔/高橋哲哉
・「物語」の廃墟から
・現代思想 1997-07.特集=ハンナ・アーレント
・IWASAKI.M./TAKAHASHI.T.>KATOU.N.;NOE.K.;FUJIWARA.N.;SAKAMOTO.T.;ASADA.A.、MARUYAMA.M.、YOSHIMI.T.、OOOKA.S.、/ARENDT、/SAKAI.N.、NAKANO.T.、KANN.S.、KADOWAKI.S.、DERRIDA、UKAI.S.、
・「語り口の問題」、「忘却の穴」、従軍慰安婦問題、自由主義史観、『ショアー』、物語ることと判断すること、歴史修正主義、「内在」としての「日本人」、「人類」の理念、記憶、責任と罪責、ナショナリズム、民主主義、「歴史の主体」、恥、


・HAB.
・一種の損害補償
・ハーバーマス.J./ノルテ.E.+『過ぎ去ろうとしない過去』人文書院 1995.
・HAB.、
・歴史家論争、歴史意識、アイデンティティ、憲法愛国主義、修正主義、


・野家啓一
・記憶と歴史
・へるめす 55、56、57、58.1995.05、07、09、11.
・NOE.K.、BENJAMIN、YANAGIDA.K.、PASCAL、DESCARTES、WITT.、GADAMER、RORTY、PIERCE、HUSSERL、OOMORI.S.、NAKAJIMA.Y.、MIKI.K.、BARTHES.R.、
・記憶と歴史、時間嫌悪、解釈学的転回、時は流れない、想起、積み重なる時間、過去、証言者、フィクション、科学と哀悼的想起、歴史的真理、アウシュヴィッツ、


・三宅正樹
・諸文明の「同時性」と円環的時間意識
・秀村欣二監修『人間と文明のゆくえ』日本評論社 1989.
・MIYAKE.M.、TOYNBEE、YAMAMOTO.S.、GUREVICH、PLATON、NIETZSCHE、SPENGLER、LOEWITH、トゥキュディデス、AUGUSTINUS、MOMIGLIANO、MOHLER.A.、
・円環的時間意識、ギリシア的時間意識、大世界年、永遠回帰、保守革命INドイツ(125)、


・大越愛子
・もうひとつの「語り口の問題」
・創文 386.1997-04.
・OOGOSHI.A.、>KATOU.N.、TAKAHASHI.T、ARENDT、
・語り口の問題、自由主義史観、従軍慰安婦問題、歴史意識、パーリア、国民的主体形成、



・「隣人の記憶」と「敵の記憶」
・みすず 1994-09.?

・サラエボ、隣人の記憶と敵の記憶、



・苦痛と鎮痛剤−−『シンドラーのリスト』
・みすず 1994-09.?
・スピルバーグ、
・シンドラーのリスト、記憶、



・涙を流すべきではない 『シンドラーのリスト』への異議申立て ORG:FRANKFURTER ALLGEMEINE ZEITUNG 1994.03.05.
・みすず 1994-09.?
・スピルバーグ、
・シンドラーのリスト、ショア、記憶、ナチズム、ユダヤ人、


・高橋哲哉
・汚辱の記憶をめぐって
・群像 1995.03.
・TAKAHASHI.T.>KATOU.N.、LEVINAS、ARENDT、
・戦争の記憶、N L:恥の意識→倫理的責任、ナチズム、護憲派、


・鵜飼哲
・時効なき羞恥
・現代思想 1995.01.特集:戦争の記憶
・UKAI.T.、ワイツゼッカー、
・戦争の記憶の精神分析、ナチズム、


・HUTTON.P.H.
・現代史学における記憶の位置づけ ダブリ
・現代思想 1995.01.特集:戦争の記憶
・HUTTON.P.H.、FOUCAULT、ノラ.P.、
・集合的記憶、


・富山一郎
・戦場の記憶
・現代思想 1995.01.特集:戦争の記憶
・TOMIYAMA.I.、ANDERSON.B.、
・戦場の記憶、無名選士の墓、アイデンティティ、


・中村英樹
・古典的知覚を超える風景
・現代思想 1992-09.特集=風景生態学
・NAKAMURA.H.、KIEFER.A.、HOKUSAI、
・古典的知覚を超える風景、記憶融合に基づく風景、現代ドイツに共有の風景、


・菅啓次郎
・土地 記憶 欲望
・場所 岩波 1991
・SUGA.K.、SNYDER.G.、IMAFUKU.R.、FOUCAULT、LYOTARD、JUNG.C..G.、
・土地、記憶、ポストコロニアル、クレオール主義(9)、


・ルナンRENAN.E.
・国民とは何か?
・批評空間 N.9.
・RENAN.E.、
・国民、記憶、


・加藤典洋+
・記憶と風景の近代
・第68回日本社会学会大会報告要旨
・KATOU.N.、SATOU.K.、UCHIDA.R.、
・風景、記憶、


・宇野邦一
・アイデンティティ狂想曲
・群像 1993.10.
・UNO.K.、UENO.C.、TAZAKI.H.、KARATANI.K.、MATSUMOTO.K.、FUKUDA.K.、FINKELKRAUT.A.、
・アイデンティティ、文化意志、美的感情、普遍的理性に依拠するフランス的な国家概念VS民族精神を精髄とする国家、「記憶の中に風景をもっていない」、文化という虚構を受け入れる心性そのものを解体することの難しさ(を)(319:柄谷批判)、


・吉増剛造/メカス.J.
・越境する地方主義、
・すばる 1991.11.
・YOSHIMASU.G.、メカス.J.、
・地方主義、旅、リトアニア、日本人のディテールへの嗜好、記憶の断片へむかう旅、


・大宮勘一郎
・ヴァルター・ベンヤミン「プルーストのイメージ」あるいは「批評」について
・独協大学ドイツ学研究 22.1989.
・OOMIYA.K.、BENJAMIN ON PROUST、BERGSON、
・批評、忘却、記憶、回想、イメージ、イマージュ、経験、


・加賀乙彦+
・文化と記憶
・言語生活 1986.03.特集:記憶の復権
・KAGA.O.、ISHIKAWA.Y.、KABAYAMA.K.、
・文化と記憶、集団的無意識(10)、記憶術(17)、記憶と国民性、


・溝口文雄
・記憶のメカニズム
・言語生活 1986.03.特集:記憶の復権

・記憶のメカニズム、


・中村雄二郎/高木貞敬
・身体の記憶・精神の記憶
・言語生活 1986.03.特集:記憶の復権
・NAKAMURA.Y.、BERGSON、
・記憶のメカニズム、記憶術、「身体の記憶」「精神の記憶」(BERGSON)


・富士川義之
・文学と記憶
・言語生活 1986.03.特集:記憶の復権
・FUJIKAWA.Y.、WORDSWORTH、PROUST、ナボコフ、ベケット、YOSHIDA.K.、
・記憶、幼年時代の記憶、ノスタルジア、共感覚(509)、無意識的回想


・河原温
・歴史学から見た都市
・都市問題研究 47-11.1995.
・KAWAHARA.A.、
・都市、中世、集合的記憶(39)、生きられた空間(41)、


・湯浅泰雄
・主体的身体と客観的身体
・実存思想協会ED.『かたち』1996.
・YUASA.Y.、BERGSON、M.-PONTY、
・主体的身体と客観的身体、記憶と感情、


・冨山一郎
・戦場の記憶
・現代思想 1995.01.特集:戦争の記憶/1995.05.
・TOMIYAMA.I.、ANDERSON.B.、HASHIKAWA.B.、
・戦場の記憶、広島、証言、「心理的リアリティ」(橋川)(206)、


・大内裕和
・隠蔽された記憶
・現代思想 1995.01.特集:戦争の記憶/1995.05.
・OOUCHI.H.、
・隠蔽された記憶、国民学校の近代、教育学の近代の成立、教科書、合科教育、


・港千尋
・死の影の谷間
・現代思想 1995.01.特集:戦争の記憶/1995.05.
・MINATO.C.、
・戦争の記憶、記憶産業(299)、熱帯のナチズム(307)、


・加藤典洋/カンかんさんじゅ
・敗戦後論とアイデンティティ
・情況1996-1・2
・KATOU.N.、KANN.S.、FUKUDA.K.(19)、YOSHIMOTO.T.(24)、NISHIKAWA.N.(10)、MANN.T./MANN.G.(17)、
・敗戦後論とアイデンティティ、ハイブリッド、戦後民主主義、憲法9条、「非国民の道」(西川)、日本人の物語、記憶、在日、


・櫻井進
・江戸のユートピア
・現代思想 1996-08.特集=想像の共同体
・SAKURAI.S.、
・江戸のユートピア、水の記憶、江戸の都市計画、アジールの消滅、抑圧の記憶の消去、名古屋、東照宮、徳川権力、


・李成市
・近代国家の形成と「日本史」に関する覚え書き
・現代思想 1996-08.特集=想像の共同体
・RI.S.、KITAZAWA.N.、SAKAI.N.、MILL、HOBSBAWM、
・近代国家、日本史の発生、国史、記憶の共同体、ナショナリティ、


・臼杵陽
・イスラエルとホロコーストの〈記憶〉
・現代思想 1996-08.特集=想像の共同体
・USUKI.A.、SEGEV.T.、
・イスラエルとホロコーストの記憶、民族と国民の相剋、ユダヤ教、


・高橋哲哉
・《闇の奥》の記憶−−アーレントと「人種」の幻影−−
・思想 1995-08.N.854.
・TAKAHASHI.T.>ARENDT、
・記憶、暴力、政治、



・揺らぐ「都市」−−臨海副都心・映画・展覧会から 「廃墟」超え「記憶」の生成へ
・朝日新聞 1997.03.12.夕刊
・ARAKAWA.S.、ISOZAKI.A.、
・東京・臨海副都心、記憶、


・大島哲蔵
・自演されたPassion Play(受難劇)そしてResurrection(復活)
・建築文化 1996-10.
・OOSHIMA.T.>コーリN・ロウ>LE CORBUSIER、ジョナサン・バーネット、BENTHAM、
・都市、自伝的な都市−個人的な記憶、集団の記憶、モダニズム、


・岩崎稔
・防衛機構としての物語−−『シンドラーのリスト』と記憶のポリティクス
・現代思想 1994-07.特集:ユダヤ人
・IWASAKI.M.、
・『シンドラーのリスト』、記憶のポリティクス、


・ヨネヤマ.R.
・記憶の弁証法−−広島
・思想 1996-08.歴史の詩学
・YONEYAMA.R.、JAMESON.F.、BENJAMIN、
・記憶の政治性、史実のアレゴリー化、広島、原爆、碑めぐり、記憶景観の馴致、否定的弁証法、


・REVEL.J.
・記憶の重荷
・思想 1996-08.歴史の詩学
・REVEL.J.、RENAN、BRAUDEL、
・過去の喚起、記念事業、文化遺産、記憶、博物館、アイデンティティ、連続性、共同性、自己を対象と一体化させる誘惑、


・カンかん尚中
・ナショナリズムの逆襲
・大航海 N.15.特集:民族、1997.
・KANN.S.、HARVEY.D.、WATSUJI.T.、KUKI.S.、
・ナショナリズム、博物館、モニュメント、廃墟、政治の美学化(59)、記憶をめぐる内戦(60)、


・佐伯啓思
・戦後日本と丸山真男 中 進歩派の自己特権化促す
・朝日新聞 1996.09.04.夕刊
・MARUYAMA.M.、SAEKI.K.、
・進歩派、疑似インテリ、戦後の進歩史観、市民社会、ファシズム、


・切通理作
・「社会の液状化」に抗する力とは?
・世界 1997-04.N.633.
・KOBAYSHI.Y.、FUJIOKA.N.、
・自由主義史観、従軍慰安婦、


・村井淳志
・自由主義史観研究会の教師たち
・世界 1997-04.N.633.

・自由主義史観研究会、


・越智武臣
・トーニー教授の死に思う
・歴史学研究 267.S.38.
・OCHI.T.、トーニー、BUTTERFIELD、
・ウィッグ史観、


・小林英夫
・アジアと協調してこそ繁栄はある 経済界・経済史の立場から
・世界 1997-05.
・KOBAYASHI.H.、/FUJIOKA.N.、
・自由主義史観、「国益」にあわないアナクロニズム、


・國弘正雄
・司馬遼太郎さんが語った「侵略」
・世界 1997-05.
・KUNIHIRO.M.、/SHIBA.R.、FUJIOKA.N.、
・自由主義史観、日露戦争、


・樺山紘一
・歴史における時間
・世界史への問い 1 歴史における自然 岩波 1989.
・KABAYAMA.K.、DESCARTES、
・ヨーロッパ中世の自然観、人間と自然の連携、コスモス、「野蛮」の指標、解剖学、疾病の自然誌、人種の概念、新プラトン主義(12世紀以降受容)、メリュジーヌ伝説、蛇、占星術、錬金術、啓蒙合理性、延長、文明、


・樺山紘一
・ゴシック世界の思想像
・思想 1974-10.N.604.
・KABAYAMA.K.、
・中世、ロマネスク、ゴシック世界、教会堂、近代、

2. 欧文文献

   2−1. 単行本・雑誌


・GARDINER
・THE PHILOSOPHY OF HI

・WINCH、COLLINGWOOD、DRAY、NAGEL、
・HISTORY、EXPLANATION、UNDERSTANDING、


・PUTNAM
・PHILO.PAPERS 3:REALISM AND REASON ヤク アリ

・PUTNAM、WITT.、QUINE、GOODMAN、
・APRIORI、HISTORICISM、APRIORI、CONVENTION、


・MARQUARD
・SCHWIERIGKEITEN MIT

・MARQUARD、HEGEL、HAB.、KANT、HEIDE
・GESCHICHTSPHILO.、SOLLEN、IRRATIONAL、ANTHROPOLOGIE、


・BAUMGARTNE
・GESCHICHTE UND THEOR

・RUESEN、STEG.、RICKERT、POPPER、HA
・GESCHICHTE、HISTORIK、GEISTESWISSENSCHAFT、


・BAUMGARTEN
・KONTINUITAET UND GES

・BAUMGARTNER、DILTHEY、HAB.、GADAM
・GESCHICHTE、LEBEN、HISTORISCHE VERNUNFT、HERMENEUTIK、


・HOHL
・LEBENSWELT UND GESCH

・HOHL、HUSSERL、
・LEBENSWELT、GESCHICHTE、


・DRAY
・PHILO.OF HISTORY

・DRAY、COLLINGWOOD、HEGEL、GARDINE
・HISTORY、RELATIVISM、CAUSAL JUDGEMENT、METAPHYSICAL、


・KANT
・SCHRIFTEN ZUR GESCHI

・KANT、RIEDEL、
・GESCHICHTSPHILO.、



・THE MONIST 67-3

・QUINE、MARGOLIS、SIEGEL、
・RELATIVISM、HISTORICISM、CONTEXT、JUSTIFICATION、


・MIITEL.+ED
・VERNUENFTIGES DENKEN

・WOHLRAPP、RIEDEL、SCHWEMMER、BOEH
・ZIRKEL、DIALEKTIK、GESCHICHTE、HISTORIE、


・CHO.K.K. E
・OHILO.AND SCIENCE

・CARR、STROEKER、HUSSERL、APEL、
・HISTORY、SCIENCE、INTUITION、SPEECH ACT、REDUKTION、


・OAKESHOTT
・EXPERIENCE AND ITS M

・OAKESHOTT、HUME、KANT、HEGEL、
・EXPERIENCE、PHILOSOPHY、TRUTH、PRACTICE、HISTORY、


・BRUNKHORST.H./KOCH.G.
・HERBERT MARCUSE ZUR EINFUEHRUNG
・JUNIUS-VERLAG 87. 12.80DM.
・MARCUSE、HAB.、HEIDEGGER、
・KRITISCHE THEORIE、EROS U.KULTUR、VERNUNFT、歴史性から歴史へ、時間、GESCHICHTE、ZEIT、非歴史的、


・GRUMLEY.J.E.
・TOTALITY AND HISTORY
・ROUTLEDGE/LONDON 1989.1.30P
・HEGEL/FOUCALT/
・RADICAL HISTORICISM/


・LEMBECK.K.-H.
・GEGENSTAND GESCHICHTE = PHAENOMENOLOGICA 111.
・M.NIJHOFF 88. 18150Y
・HUSSERL/
・GESCHICHTE/GEISTESWISSENSCHAFT/


・CARR.D.
・PHENOMENOLOGY AND THE PROBLEM OF HISTORY
・NORTHWESTERN UP.1974.
・CARR.D.、HUSSERL、
・LIFE WORLD、LEBENSWELT、HISTORY、PHAENOMENOLOGY、CRISIS、GEOMETRY、


・GUTTING.G.ED
・THE CAMBRIDGE COMPAION TO FOUCAULT
・CAMBRIDGE UP.1994.PA.12.95P./17.95D.
・FOUCAULT、/GUTTING.G.、FLYNN.T.、CANGUILHEM.G.、ROUSE.J.、DAVIDSON.A.、MAHON.M.、NORRIS.C.、RABINOW.P.、INGRAM.D.、WATSON.S.、SAWICKI.J.、/KANT、HEIDEGGER、HAB.、
・HISTORY、MADNESS、DEATH OF MAN、POWER/KNOWLEDGE、ETHICS AS ASCETICS、ENLIGHTENMENT、MODERN、TRADITION、FEMINISM、


・WOLIN.R.
・WALTER BENJAMIN. AN AESTHETIC OF REDEMPTION
・U.OF CALFORNIA P.1994.14D.2400Y.
・WOLIN.R.、BENJAMIN、ARENDT、ADORNO、BAUDELAIRE、BOCH、BRECHT、FEEUD、GOETHE、HAB.、HEGEL、HORKHEIMER、KAFKA、KANT、KIERKE.、LUKACS、MARX、NIETZCHE、PLATON、PROUST、SCHOLEM、SIMMEL、TIEDEMANN.R.、
・ROMANTIC ANTICAPITALISM、ANTI-HISTORICISM、MATERIALISM、ASCETICISM、MODERNITY、MIMESIS、MYTH、AESTHETICS、


・ROCKMORE.T
・HEIDEGGER AND FRENCH PHILOSOPHY:HUMANISM、ANTIHUMANISM AND BEING
・ROUTLEDGE 1994.PB.14.99P.
・ROCKMORE.T.、HEIDEGGER、ALTHUSSER、ARIST.、BEAUFRET.J.、BOURDIEU、DERRIDA、DESCARTES、FARIAS、FERRY.L.、FICHTE、FOUCAULT、GADAMER、HEGEL、HUSSERL、HYPPOLITE、JASPERS、KANT、KOJEVE、KOYRE.A.、LACAN、LACOUE-LABARTHE、LEVINAS、LYOTARD、LUKACS、MARX、M.-PONTY、NIETZSCHE、PLATON、POEGGELER、SARTRE、SCHELLING、WITT.、
・ANITUHUMANISM、BEING、DASEIN、EXISTENTIALISM、FUNDAMENTAL ONTOLOGY、HISTORY、NATIONAL SOCIALISM、METAPHYSICS、PHENOMENOLOGY、SUBJECTIVITY、


・WHITE.H.
・METAHISTORY
・JOHN HOPKINS UP.BALTIMORE 1973.PB.0-8018-1761-7 15.95D.
・WHITE.H.、
・METAHISTORY、HISTORY IN METONYMICAL MODE、H.IN IRONIC MODE、


・GOERTZ.H.-J.
・UMGANG MIT GESCHICHTE.EINE EINFUEHRUNG IN DIE GESCHICHTSTHEORIE
・ROWOHLT TASCHENBUCHVERLAG 1995.18.90DM.
・GOERTZ.H.-J.、AUGUSTINUS、BENJAMIN、BRAUDEL、BURCKHARDT、CARR.E.、DANTO、DILTHEY、DROYSEN、ELIAS、FABER.K.-G.、FOUCAULT、GADAMER、GOETHE、HEGEL、HEIDEGGER、HUIZINGA、HUMBOLDT、KANT、KOCKA.J.、KOSELLECK、LESSING、LUTHER、MARX、MEINECKE、NIEBUHR、NIETZSCHE、RANKE、RICOEUR、TROELTSCH、WEBER、WHITE.H.、
・GESCHICHTSTHEORIE、


・MARQUARD
・TRANSZENDENTALER LDEALISMUS、ROMANTISCHE NATURPHILO.、PSYCHOANALYSE
・DINTER.KOELN.1987. ORG:1963.
・MARQUARD、ADORNO、CARUS、COHEN.H.、DILTHEY、FICHTE、FREUD、GEHLEN、HEGEL、HEIDEGGER、HUSSERL、KANT、KIERKE.、MARCUSE、NIETZSCHE、RITTER.J.、SCHELER、SCHELLING、SCHILLER、SCHOPENHAUER、
・ROMANTISCHE NATURPHILO.、AESTHETIK、DEPOTENZIERUNG、GENEALOGIE、GESCHICHTE、IRONIE、KOMPENSATION、PHILO.、PSYCHOANALYSE、PSYCHOLOGISMUS、TRANSZENDENTALPHILO.、


・ADORNO
・AESTHETISCHE THEORIE
・STW2.1973.
・ADORNO、BENJAMIN、
・AESTHETIK、NATUESCHOENE、SCHEIN U.AUSDRUCK、KUNSTWERK、ALLEGORIE、L'ART POUR L'ART、AUFKLAERUNG、AUTHENTIZITAET、AVANTGARDE、DIALEKTIK、ENTZAUBERUNG、ERHABENES、EXPRESSIONISMUS、FASCISM、GESCHICHTE、ILLUSION、INTEGRATION、KRITIK、LUST、MIMESIS、MODERNE、MUSIK、NACHAHMUNG、NEGATION、SCHEIN、TECHNIK、SURREALISMUS、TRADITION、VERSOEHNUNG、


・DANIELS.S.
・FIELDS OF VISION:LANDSCAPE IMAGENARY AND NATIONAL IDENTITY IN ENGLAND AND THE UNITED STATES
・PRINCETON UP.1993.
・DANIELS.S.、BIERSTADT.A.、BONAPARTE.N.、CANALETTO、CHARLES、PRICE OF WALES、CLAUDE.L.、COLE.T.、CONSTABLE.J.、LOWENTHAL.D.、PALMER.F.、REPTON.H.、RUSKIN.J.、TURNER、WRIGHT.J.、
・NATIONAL IDENTITY、LANDSCAPE、BIBLE、CONVERSATION、ENGLAND、ENLIGHTENMENT、FRANCE、GEO-POLITICAL THEORY、HISTORY、IMPERIALISM、INDUSTRY、MORALITY、PATRIOTISM、PICTURESQUE、RIVER、UNITED STATE、WAR、


・BHABHA.H.K.ED.
・NATION AND NARATION
・ROUTLEDGE 1990.16.95>15.26D.
・BHABHA、RENAN.E.、THOM.M.、BRENNAN.T.、SOMMER.D.、GUNEW.S.、BENNINGTON.G.、DURING.S.、BARRELL.J.、SIMPSON.D.、BOWLBY.R.、ROBBINS.B.、SNEAD.J.、MULHERN.F.、BEER.G.、/ANDERSON.B.、ACHEBE.C.、BAKHTIN.M.、BENJAMIN、BURKE.E.、DICKENS.C.、DURKHEIM、EAGLETON.T.、ELIOT.T.S.、EMERSON、FANON.F.、FOUCAULT、FREUD、GELLNER.E.、HAB.、JOYCE.J.、KANT、KRISTEVA、LYOTARD、MONTESQUIEU、NIETZCHE、ROUSSEAU、RUSHDIE.S.、SAID、SHAKESPEARE、WELLS.H.G.、WHITEMAN.W.、WILLIAMS.R.、WOOLF.V.、YEATS.W.B.、
・NATION、R:"WHAT IS NATION"、ABORIGINES、AFRICA、CIVIL IMAGINARY、NEOCOLONIALISM、COMMUNITY、CULTURAL DIFFERENCE、CUSTOMARY AESTHETIC、GEOGRAPHY、HISTORICAL ERROR、INDIVIDUALITY、LANDSCAPE、LANGUAGE、METAPHOR、MULTICULTURALISM、MYTH、NARRATIVE、NATIONALISM、NAZISM、NOVEL、PAINTING、PATRIOTISM、POST-COLONIALISM、POST-STRUCTURALISM、RACE、ROMANTICISM、SENTIMENTALISM、UNIVERSALITY、


・MISSAC.P.
・WALTER BENJAMIN'S PASSAGES ORG:FRENCH 1987.
・MIT PR.1995.20D.22.50+5.95D.
・MISSAC.P.、BENJAMIN、ADORNO、BAUDELAIRE、BLOCH、BRECHT、FOURIER、KAFKA、KRAUS.K.、MALLARME、SCHEERBART.P.、SCHOLEM.G.、VALERY、WITT.、
・PASSAGE、ARCADE、ARCHITECTURE、ART、ATRIUM、AURA、BAROQUE、CAPITALISM、COLLECTING、CRITICISM、DIALECTICS、FILM、FLANEUR、GLASS、HISTORY、INTERIORITY、JUDAISM、MARXISM、MATERIALISM、MODERNITY、PHOTOGRAPHY、SURREALISM、TIME、


・JONES.J.P./NATTER.W./SCHARZKI.T.EDS.
・REASSEING MODERNITY AND POSTMODERNITY
・GUILDFORD PR.NY.1993.
・SOJA.E.、
・SPJA、"POSTMODERN GEOGRAPHIES AND THE CRITIQUE OF HISTORICISM"、


・LOVEJOY
・ESSAYS IN THE HISTORY OF IDEAS
・THE JOHNS HOPKINS PR.1948. CAPRICORN BOOKS ED.1960.
・LOVEJOY、ADDISON.J.、GOETHE、HUMBOLDT.W.V.、JOHNSON.S.、KANT、MILTON、MONTAIGNE、SCHILLER、VOLTAIRE、
・HISTORIOGRAPHY OF IDEAS、NATURE AS AESTHETIC NORM、PARALLEL OF DEISM A.CLASSICISM、ROMANTICISM、


・BUCK-MORSS.S.
・THE DIALECTICS OF SEEING
・CAMBRIDGE/LONDON 1989.16.95P.
・BUCK-MORSS.S.、BENJAMIN、ADORNO、BAUDELAIRE、BLANQUI、BLOCH、MRECHT、FOURIER、FREUD、GOETHE、GRANDVILLE、HEGEL、HEIDEGGER、HITLER、JUNG、KIERKE.、MARX、NIETZSCHE、SAINT-SIMON、SCHOLEM、
・DIALECTICS OF SEEING、ARCADE、PASSAGE、COMMODITY、DIALECTICAL IMAGE、DREAM、EIFFEL TOWER、FASCISM、FASHION、KITSCH、MODERNISM、MYTH、PHANTASMAGORY、PROGRESS、REDEMPTION(RETTUNG)、ROMANTICISM、SURREALISM、UTOPIA、HISTORY、


・BOYARIN.J.ED.
・REMAPPING MEMORY:THE POLITICS OF TIMESPACE
・U.OF MONNESOTA PR.1994.12.95P.
・BOYARIN.J.、PERELLI.C.、HALE.C.R.、YONEYAMA.L.、GUPTA.A.、SCHIRMER.J.、SEGAL.D.A.、TILLY.C.、/BENJAMIN、HAB.、HEGEL、LOWENTHAL.D.、MARX、OFFE.C.、RICO.A.、RUSHDIE.S.、SARTRE、SOJA.E.、TUAN、VIDELA.J.R.、
・B.:"SPACE、TIME AND THE POLITICS OF MEMORY"、HIROSHIMA、ATOM BOMB MUSEUM、ZIONISM、COMMODITY、BODY POLITICS、NATIONALISM、HISTORICISM(31)、COLLECTIVE IDENTITY、COLONIALISM、CULTURAL PLURALISM、MEMORY、NATION-STATE、NAZISM、PAST、SPACE、TIME、TRADITION、WOMAN、


・HUTTON.P.
・HISTORY AS AN ART OF MEMORY
・U.PR.OF NEW ENGLAND 1993.
・HUTTON.P.H.、ARIES、AULARD.A.、ERIKSON、FOUCAULT、FREUD、HALBWACHS.M.、JESUS、LEFEBVRE.G.、NORA.P.、ONG.W.、PLATON、VICO、WORDSWORTH、YATES.F.、
・MEMORY、HISTORICISM、TRADITION A.HISTORY、


・BOLZ.N./WITTE.B.EDS.
・PASSAGEN
・MUENCHEN 1984.
・BOLZ.N.、WITTE.B.、KITTSTEINER、LINDNER、
・PASSAGEN、HISTORISMUS、


・DE CERTEAU.M.
・THE PRACTICE OF EVERYDAY LIFE
・U.OF CALIFORNIA PR.1984.
・DE CERTEAU.M.、
・PAST、PSYCHOANALYSIS、HISTORIOGRAPHY、


・BOYER.M.C.
・THE CITY OF COLLECTIVE MEMORY
・MIT PR.1994.PB.20.25D.
・BOYER.M.C.、ALBERTI、BENJAMIN、CRAIG.E.G.、DIDEROT、FOUCAULT、HALBWACHS.M.、HAUSMANN.B.、HOBSBAWN、KRACAUER.S.、NAPOLEON.III、RIEGL.A.、ROSSI.A.、RUSKIN、SERLIO.S.、VAN DER ROHE.M.、VIOLLET-LE-DUC、WARBURG.A.、
・CITY OF COLLECTIVE MEMORY、HISTORY、MEMORY、CITY IMAGE、ARCHITECTURE、BERLIN、COMMERCIALIZATION、EIFFEL TOWER、EXHIBITION、GREECE、HISTORIC MONUMENTS、HISTORIC PRESERVATION、LONDON、MUSEUM、NOSTALGIA、PARIS、PUBLIC SPACE、ROME、SPECTACLE、TRAVEL、


・NIETZSCHE.F.
・ERKENNTNISTHEORETISCHE SCHRIFTEN VON FRIEDRICH NIETZSCHE、 NACHWORT VON J.HABERMAS
・SUHRKAMP 1968.
・NIETZSCHE、NIETSCHE、
・HISTORISMUS、


・SIEFERLE.R.P.
・FORTSCHRITTSFEINDE? OPPOSITION GEGEN TECHNIK UND INDUSTRIE VON DER ROMANTIK BIS ZUR GEGENWART
・MUENCHEN 1984.
・SIEFERLE.R.P.、RUDORFF.E.、GIEDION.S.、GROH.D.、HITLER(211)、KLAGES.L.、MANNHEIM、NOLTE.E.、NOVALIS、RIEDEL.M.、SCHELLING、SCHMITT.C.、SEDLMAYR、SPENGLER、WEBER、
・FORTSCHRITTSFEINDE、OPPOSITION GEGEN TECHNIK UND INDUSTRIE VON DER ROMANTIK BIS ZUR GEGENWART、SOZIALKONSERVATIVE HALTUNG、NATURSCHUTZ、LANDSCHAFTSVERAENDERUNG、BLUT U.BODEN、NATIONALSOZIALISMUS、HISTORISIERENDE STIL(175)、NEOBAROCK、NEORENAISSANCE、NEOKLASSIK(175)、VOLKSGEMEINSCHAFT(213)、HEIMATSCHUETZ(216)、NATURSCHUTZ(217)、DEUTSCHE LANDSCHAFT(217)、DENKMALPFLEGE、


・GOLDMAN.A.H.
・AESTHETIC VALUE
・WESTVIEW PR.1995.2930Y.
・GOLDMAN.A.H.、BEARDSLEY.M.、DICKIE.G.、FISH.S.、GOMBRICH、HIRSCH.E.D.、HUTCHESON、KANT、KIVY.P.、PLATON、WALTON.K.、ZEMACH.E.、
・AESTHETIC VALUE、REALISM、SUPERVENIENCE、FORM、HISTORICAL RELATIVISM、EVALUATION、TASTE、ART、COGNITION、EMOTION、HISTORICISM、INTERPRETATION、MEANING、MUSIC、OBJECTIVE PROPERTY、PAINTING、PERCEPTION、STYLE、


・KLINGENBURG.K.-H.
・HISTORISMUS--ASPEKTE ZUR KUNST IM 19.JAHRHUNDERT
・LEIPZIG 1985.
・KLINGENBURG.K.-H.、
・HISTORISMUS、


・OEXLE.O.G./RUESEN.J.EDS.
・HISTORISMUS IN DEN KULTURWISSENSCHAFTEN
・BOEHLAU.1996.KT.CA.78DM.
・RUESEN.J.、
・HISTORISMUS、


・KOSELLECK.R.+EDS.
・POETIK UND HERMENEUTIK BD.5.:GESCHICHTE - EREIGNIS UND ERZAEHLUNG
・MUENCHEN 1973.
・KOSELLECK.R.、MARQUARD、BUCK.G.、DIECKMANN.F.、JAUSS.H.R.、PANNENBERG.W.、BORST.A.、HENRICH.D.、WEINRICH.H.、HAB.、TAUBES.J.、SANDKUEHLER.H.J.、LAEMMERT.E.、
・GESCHICHTE、M.:'DIE GESCHICHTSPHILOSOPHIE UND IHRE FOLGELASTEN'、近代、HISTORISMUS、ZEIT、


・KOSELLECK.R.
・VERGANGENE ZUKUNFT
・FFM.STW.1989.
・KOSELLECK.R.、ADELUNG.J.L.、ALEXANDER、ARIST.、BACON、BISMARCK、BLUMENBERG、BURCKHARDT、CHLADENIUS.J.M.、CICERO、DIDEROT、DROYSEN、FRIEDRICH D GROSSE、GOETHE、HEGEL、HITLER、HUMBOLDT、JAUSS.H.R.、KANT、LEIBNIZ、LUTHER、MACHIAVELLI、MARX、MONTESQUIE、NAPOLEON I.、RANKE、ROBESPIERRE、SCHLEGEL、STEIN.L.V.、THUKYDIDES、VOLTAIRE、ZEDLER.J.H.、
・GESCHICHTE、近代、HISRTORIE、ZEIT、VERGANGENHEIT、ZUKUNFT、HISTORISMUS、


・BRUNNER.O./CONZE.W./KOSELLECK.R.EDS.
・GESCHICHTLICHE GRUNDBEGRIFFE、2BDE.
・KLETT-COTTA 1975.
・KOSELLECK.R.、
・GESCHICHTE、


・BUCKLEY.J.H.
・THE TRIUMPH OF TIME、 A STUDY OF THE VICTORIAN CONCEPTS OF TIME、HISTORY、PROGRESS、AND DECADANCE
・HARVARD UP.1966.
・BUCKLEY.J.H.、ARNOLD.M.、BACON、BENTHAM(24)、BROWNING.R.、BURY.J.B.、CARLYLE.T.、CLOUGH.A.H.、COLERIDGE、DARWIN、DICKENS.C.、ELIOT、GEORGE.H.、GIBBON、HARDY.T.、HARRISON.F.、HOPKINS.G.M.、JOYCE.J.、KIPLING.R.、MIL、MORRIS.W.、NEWMAN.J.H.、PATER.W.、READ.H.、ROSSETTI.D.G.、RUSKIN、RUSSELL、SHELLY.P.B.、SPENGLER、SWINBURNE.A.、TENNYSON.A.、WELLS.H.G.、WORDSWORTH.W.、
・TIME、HISTORY、


・CLARK.K.
・RUSKIN TODAY
・PENGUIN 1964.
・CLARK.K. ON RUSKIN、PUGIN、TURNER(25、217)、CARLYLE(69)、
・NATUR、ART、ARCHITECTURE、MOUNTAIN(20、103FF.)、CHRISTIANITY(52)、DARWINISM(71)、ANTI-SCIENCE(71)、LOCOMOTIVE(57)、VENICE(73、206F.、324)、NATIONAL CHARACTER(92)、SOCIALIZED TREE893)、NATURAL BEAUTY(95)、LANDSCAPE(115)、EVIL NATURE(117)、LOSS OF FAITH ON NATURE(118)、MEANING OF THE WORD BEAUTIFUL(137)、PERCEPTION(143)、ART A.HISTORY8196)、19C.(204、233、307)、ENGLISH ART(212)、ORNAMENT(227FF.)、GOTHIC(236)、RESTORATION(249)、MODERN CITY(257)、ORNAMENT A.FUNCTION(257)、PICTURESQUE(277)、CATHEDRAL(331)、


・PATZIG ED.
・LOGIK、ETHIK.THEORIE DER GEISTESWISSENSCHAFTEN(XI.DEUTSCHER KONGRESS FUER PHILOSOPHIE)
・HAMBURG 1977.
・PATZIG、LUEBBE、
・L.:"WER KANN SICH HISTORISCHE AUFKLAERUNG LEISTEN?"


・STUERMER.M.
・DISSONANZEN DES FORTSCHRITTS.ESSAYS UEBER GESCHICHTE UND POILITIK IN DEUTSCHLAND
・MUENCHEN 1986.
・STUERMER.M.、
・GESCHICHTE、HISTORISMUS、IDENTITAET、技術文明、アイデンティティ、


・IGGERS.G.
・NEW DIRECTIONS IN EUROPEAN HISTORIOGRAPHIY /TRANS.ARI
・MIDDLETOWN 1984(2)
・IGGERS.G.、
・HISTORISMUS、


・MUETTER.B./QUANDT.S.EDS.
・HISTORIE.DIDAKTIK、KOMMUNIKATION
・MARBURG 1988.
・IGGERS.G.、RUESEN.J.、KOCKA.J.、
・HISTORISMUS、


・BOLZ.N.
・AUSZUG AUS DER ENTZAUBERTEN WELT
・WILHELM FINK VERLAG.1988.
・BOLZ.N.、BLOCH、BENJAMIN、ADORNO、SCHMITT.C.、BENN、HEIDEGGER、JUENGER.E.、GEORGE.S.、
・戦間期ドイツ知識人、ENTSCHEIDUNG、GESCHICHTSTRAUM、POLITISCHE THEOLOGIE、AESTHETIK ALS GESCHICHTSPHILOSOPHIE、


・LEWIS.W.
・TIME AND WESTERN MAN PART.C.
・BEACON PR.BOSTON.1957.
・LEWIS.W.、SPENGLER、GENTILE、CROCE、ALEXANDER、BERGSON、MARINETTI、MUSSOLINI(209)、SOREL(207)、POUND(38、74)、
・TIME、SPENGLER'S 'WORLD-AS-HISTORY'DOCTRINE(XV、219)、


・BERGMANN.K.ED.
・HANDBUCH DER GESCHICHTSDIDAKTIK PART C.
・SCHWANN GMBH.DUESSELDORF 1985(3)
・BERGMANN.K.、PANDEL.H.-J.、JEISMANN.J.-E.、RUESEN.J.、OELMELLER、BAUMGARTNER.H.M.、PEUKERT.D.、KRIEGER.R.、
・GESCHICHTE、IDENTITAET、ZEIT、GESCHICHTSBEWUSSTSEIN、HISTORISMUS、NARRATIVITAET、KONTINITAET、PERSONALISIERUNG、WERTURTEIL、VORURTEIL、HEIMATGESCHICHTE、


・STEPHEN.L.
・THE ENGLISH UTILITARIANS、 3 VOLS.
・AUGUSTUS M.KELLY PUBLISHERS NY.1968.
・STEPHEN.L.、BENTHAM、MILL、RUSKIN(3-201)、SCOTT(2-366)、
・B.>HISTORY(297)、SCIENCE、ART(3-201)、AUSTIN(3-320)、UTILITARIANISM、レトリック(1-182)、国民の生活の連続性(2-367)、歴史(2-368)、S.は功利主義者に最も非親和的な歴史的概念を促進(368)、


・FLASHAR.H.ED.
・GEISTESWISSENSCHAFTEN ALS AUFGABE
・BERLIN 1978.
・LUEBBE、
・L.:"UEBER DEN GRUND UNSERES INTERESSES AN HISTORISCHEN GEGENSTAENDEN"、


・DINWIDDY.J.
・RADICALISM AND REFORM IN BRITAIN、1780-1850
・THE HAMBLEDON PR.1992.
・DINWIDDY.J.R.、BENTHAM、MILL.J.、SAVIGNY、MONTESQUIE、SCOTT、SOUTHEY.R.>B.、
・"BENTHAM AND THE EARLY NINETEETH CENTURY"、RADICALISM、UTILITARIANISM、歴史学派HISTORICAL SCHOOL、功利主義、ロマン主義、"


・BORCHMEYER.D.ED.
・>>VOM NUTZEN UND NACHTEIL DER HISTORIE FUER DAS LEBEN<<
・STW 1996.
・BORCHMEYER.D.、GADAMER、LUEBBE、HUEBNER、KITTSTEINER.H.-D.、AGAZZI.E.、BERGER.K.、KOEPPING.K.-P.、SCHLUCHTER.W.、ZMEGAC.V.、HINCK.W.、WEINRICH.H./NIETZSCHE、
・"VOM NUTZEN UND NACHTEIL DER HISTORIE FUER DAS LEBEN"、ARCHITEKTONISCHER HISTORISMUS(15)、"


・CHANEY.D.
・THE CULTURAL TURN
・ROUTLEDGE.LONDON 1994.

・CULTURAL HISTORY、


・ANKERSMIT.F.R./KELLNER.H.EDS.
・NEW PHILOSOPHY OF HISTORY
・REACTIONNBOOKS.LONDON.1995.PB.12.95P.

・PHILO.OF HISTORY、


・GRAHAM.G.
・THE SHAPE OF THE PAST
・OXFORD UP.1997.02.PB.10P.
・GRAHAM.G.、
・PAST、HISTORY、


・NAGL-DOCEKAL.H.ED.
・DER SINN DES HISTORISCHEN
・FISCHER TASCHENBUCHVERLAG.26.90DM.

・SINN DES HISTORISCHEN、



・DEUTSCHE ZEITSCHRIFT FUER PHILOSPHIE 4/1996 SYMPOSIUM ZU CHAELES TAYLOR:QUELLEN DES SELBST
・AKADEMIE-VERLAG. BERLIN. EINZELHEFT 35DM.
・TAYLOR.C.、
・QUELLEN DES SELBST、SELF、IDENTITY、T.S THESE:DAS LEBEN MUESSE ALS GESCHICHTE GELEBT WERDEN、



・MARXISTISCH-LENINISTISCHES WOERTERBUCH DER PHILOSOPHIE.3BDE.
・RORORO

・歴史的思考、プロレタリアート、未来、歴史主義、HISTORISMUS、ISTORIZM、


・LETWIN.S.R.
・THE PURSIT OF CERTAINTY:DAVID HUME、JEREMY BENTHAM、JOHN STUART MILL、BEATRICE WEBB
・CAMBRIDGE UP.1965.
・LETWIN.S.R.、BENTHAM、MILL、HUME、WEBB.B.、MILL.J.、BLACKSTONE、SCOTT、
・CERTAINTY、UTILITARIANISM、HAPPINESS、MODEST UTOPIAN、PURE BRAIN(6)、SCIENCE、HISTORY、COMMON LAW、


・CARROLL.P.N.
・KEEPING TIME.MEMORY、NOSTALGIA、AND THE ART OF HISTORY
・U.OF GEORGE PR.1990.
・CARROLL.P.N.、
・TIME、HISTORY、MEMORY、NOSTALGIA、


・KEMP.A.
・THE ESTRANGEMENT OF THE PAST.A STUDY IN THE ORIGINS OF MODERN HISTORICAL CONSCIOUSNESS
・OXFORD UP.1991.32.50D.
・KEMP.A.、
・PAST、ORIGIN OF MODERN HISTORICAL CONSCIOUSNESS、


・LE GOFF.J.
・HISTORY AND MEMORY
・COLUMBIA UP.1992.29.50D.
・LE GOFF、
・HISTORY A.MEMORY、


・RUESEN.J.
・KONFIGURATIONEN DES HISTORISMUS.STUDIEN ZUR WISSENSCHAFTSKULTUR
・STW 1082.1993.
・RUESEN.J.、
・HISTORISMUS、


・GUENTHER.H.
・ZEIT DER GESCHICHTE.WELTERFAHRUNG UND ZEITKATEGORIEN IN DER GESCHICHTSPHILOSOPHIE
・FISCHER -TASCHENBUCHECHER 11472.1993.
・GUENTHER.H.、AUGUSTINUS、PETRARCA、ROUUSEAU、VOLTAIRE、MONTESQIEU、HUGO.V.、CORNEILLE、ARNOLD.G.、PANOFSKY、CASSIRER、KEPLER、MACHIAVELLI、DANTE、MONTAIGNE、COLLINGWOOD、BERKEKEY、MALEBRANCHE、CONDILLAC、GIBBON、HERDER、WINCKELMANN、BURCKHARDT、DROYSEN、HEGEL、GOETHE、NAPOLEON、WEBER、VON BAER.K.E.、VICO、HEIDEGGER、KOYRE、PLATON、LESSING、MACHIAVELLI、
・ZEIT DER GESCHICHTE、ZEITKATEGORIE、HISTORISMUS(174、198)、ANTIK、MITTELALTER、ZEITBEWUSSTSEIN、HOMOGENE ZEIT、GESCHICHTLICHE ZEIT、VERGANGENHEIT、HISTORISCHE ERKENNTNIS、


・MEYER.M.
・ERNST JUENGER
・CARL HANSER VERLAG 1990.
・MEYER.M.、JUENGER.E.、SCHMITT.C.、BOHRER.K.H.、WEBER、MARINETTI(185)、MUSSOLINI(631)、
・時間ZEIT、J.:初期≠後期、FUTURISMUS(185、631)、ZUKUNFT、


・RUESEN.J.
・ZEIT UND SINN.STRATEGIEN HISTORISCHEN DENKENS
・FISCHER-TASCHENBUECHER 7435.1990.19.80DM.、
・RUESEN.J.、
・ZEIT、SINN、HISTORISCHES DENKEN、


・JACKSON.J.B.
・SENSE OF PLACE、A SENSE OF TIME
・YALE UP.1994.22.50>19.13D.
・JACKSON.J.B.、/ABBEY.E.、ANDERSON.E.、DICKENS.C.、DOWNING.A.J.、HERBERT.H.W.、MUIR.J.、SAUER.C.、SIMMEL、WHORF.B.L.、TUAN、
・SENSE OF PLACE、SENSE OF TIME、ACCESSIBLE LANDSCAPE、ENVIRONMENT、BEYOND WILDERNESS、VERNACULAR GARDENS、AUTOMOBILES、ROAD BELONGING IN THE LANDSCAPE、AMERICAN LANDSCAPE、場所の感覚←ゲニウス・ロキ、時間の感覚、同じTIMETABLEの共有、VERNACULAR、共有された経験、


・LE POIDEVIN/MACBEATH.M.EDS.
・THE PHILOSOPHY OF TIME
・OXFORD UP.1993.
・LE POIDEVIN.R.、MACBEATH.M.、MCTAGGART、PRIOR.A.N.、MELLOR.D.H.、SHOEMAKER.S.、FORBES.G.、SKLAR.L.、DUMMETT、LEWIS.D.、NEWTON-SMITH.W.H.、QUINTON.A.、/ARIST.、AUGUSTINUS、BOLTZMANN.L.、CLARKE.S.、EARMAN.J.、HAWKING.S.W.、HUME、KANT、LEIBNIZ、LUCAS.J.R.、NEWTON、RUSSELL、SWINBURNE.R.、THOMSON.J.J.、VAN FRAASSEN.B.C.、WITT.、
・TIME、TENSE、RELATIONALISM、DIRECTION OF T.、TOPOLOGY OF T.、


・KEITH.M./PILE.S.EDS.
・PLACE AND THE POLITICS OF IDENTITY
・LONDON:ROUTLEDGE 1993.
・KEITH.M.、PILE.S.、HARVEY.D.、SMITH.N.、KATZ.C.、BONDI.L.、RADCLIFFE.S.A.、REVILL.G.、MASSEY.D.、HESSE.B.、SOJA.E.、HOOPER.B.、GOLDING.S.、/BHABHA.H.、CLIFFORD.J.、DERRIDA、FANON.F.、FOUCAULT、JAMESON.F.、LAKE.C.、MARX、SAID、LEFEBVRE.H.、RUSHDIE(21)、BENJAMIN、
・POLITICS OF IDENTITY、POLITICS OF DIFFERENCE、WOMAN、SPACE、GEOGRAPHY、GENDER、FEMINISM、CITY、MAPPING、COLLECTIVE MEMORY、ETHNOSCAPE、LANDSCAPE OF GROUP IDENTITY(177)、FLANEUR(8)、

   2−2. 論文


・SCHOEPF.A.
・SITTLICHES HANDELN U

・MARX.ARISTO.、KANT、HUSSERL、
・SITTLICHES HANDELN UND HISTORISCHER SINN、


・GADOL.E.T.
・HISTORISM AND HISTOR

・HEMPEL、POPPER、WITT.、KUHN、
・HISTORISM AND HISTORICISM、SCIENCE、


・CARR
・ON HISTORY AND THE L

・HUSSERL、CARR、
・LIFE-WORLD、HISTORY、


・NICKLES.T.
・REMARKS ON THE USE O

・KUHN、LAUDAN、SIMON.H.、
・USE OF HISTORY AS EVIDENCE、SCIENCE、



・HATTEN DIE NAZIS EINE GESCHICHTSPHILOSOPHIE? DER STREIT ZWISCHEN LUEBBE U.BOHRER
・IP 92.03.

・NAZIS、GESCHICHTSPHILO.、


・GOETZ.W.
・HISTORISMUS-PHASEN.MOEGLICHKEITEN UND MOTIVATIONEN
・WIENER JAHRBUCH FUER KUNSTGESCHICHTE 38.1985.
・GOETZ.W.、
・HISTORISMUS IN DER KUNSTGESCHICHTE、EKLEKTIZISMUS、HISTORISCHER RELATIVISMUS、NATIONALSTIL、


・GOETZ.W.
・HISTORISMUS. EIN VERSUCH ZUR DEFINITION DES BEGRIFFES
・ZEITSCHRIFT DER DEUTSCHEN VEREINS FUER KUNSTWISSENSCHAFT 24、1970
・GOETZ.W.、MEINECKE、KUHN.H.、BAUCH.K.、NIETZSCHE、HERDER、MALRAUS.A.、EVERS.H.G.、PEVSNER.N.、
・HISTORISMUS、KUNST、STILEKLEKTIZISMUS、


・ZIEGLER.H.O.
・IDEOLOGIENLEHRE
・ARCHIV FUER SOZIALWISSENSCHAFT UND SOZIOLOGIE V.57.1927.
・ZIEGLER.H.O.、PARETO、VALERY、MARX、MANNHEIM、SCHELER、BOUSQUET、CASSIRER、NIETZSCHE(683)、SOREL、BERGSON、TROELTSCH、
・AHISTORISMUS?、FIKTION、IDEOLOGIE、HISTORISCHES MENSCHEN、GESCHICHTE、HISTORISMUS(688)、UEBERHISTORISCHER MENSCHEN、歴史主義、超歴史的人間、


・HOLTHUSEN.H.E.
・HEIMWEH NACH GESCHICHTE
・DIE BAYERISCHE AKADEMIE DER SCHOENEN KUENSTE、MUENCHEN 1985.
・HOLTHUSEN.H.E.、
・HEIMWEH NACH GESCHICHTE、POSTMODERNE、HISTORISMUS、19世紀の歴史主義、ポストモダン、


・KUHLMANN.A.
・DER GEISTESWISSENSCHAFTLER ALS GESCHICHTSERZAEHLER
・MERKUR 41.1987.S.907-13.
・KUHLMANN.A.ON MARQUARD、
・GEISTESWISSENSCHFT ALS GESCHICHTENERZAEHLER、KOMPENSATION、


・KOSELLECK.R.+
・GESCHICHTE、HISTORIE
・GECHICHTLICHE GRUNDBEGRIFFE BD.2.1975
・KOSELLECK.R.、CICERO、LUEBBE、HERODOT、HUMBOLDT、VICO、DROYSEN、HERDER、HAMANN、KANT、HEGEL、LEIBNIZ、NIEBUHR、BODIN、MOESER、SCHELLING、NOVALIS、BACON、SPENGLER、SCHLEGEL、SAVIGNY、BURCKHARDT、SCHOPENHAUER、NIETZSCHE、MARX、FEUERBACH、GOERRES、SCHULZ.W.、HESS.M.、FICHTE、ENGELS、HITLER、DILTHEY、BISMARCK(713)、TREITSCHKE、
・GESCHICHTE、HISTORIE、HISTORISMUS、IDENTITAET同一性(691)、歴史=宗教、BISMARCK:「人はそもそも歴史を作ることができぬ、そこから学ぶことができる」(713)、


・MARCUSE
・DER KAMPF GEGEN DEN LIBERALISMUS IN DER TOTALITAEREN STAATSAUFFASSUNG
・ZEITSCHRIFT FUER SOZIALFORSCHUNG、JG III.HEFT 2、1934.
・MARCUSE、HITLER?、KRIECK.E.、SPANN.O.、MOELLER、KOELLREUTTER、MARX、SCHMITT.C.、BAEUMLER.A.、HEIDEGGER(188)、HEGEL、JUENGER.E.、
・FASCHISMUS、TOTAL-AUTORITAERER STAAT、POLITISCHER EXISTENZIALISMUS(188)、NATURALISMUS(178)、MYTHOS、ENT-GESCHICHTLICHUNG、ナチズム?、歴史廃棄、伝統、時間、歴史的なものの脱歴史化、保守主義、形態、


・LUEBBE
・DER BERICHT UEBER LUEBBES MUENCHNER VORTRAG >ZEIT-VERHAELTNISSE<
・SUEDDEUTSCHER ZEITUNG NR.71.25.3.1988.S.38=DIE ENTEIGNETE GEGEWART
・LUEBBE、(ABIKO:=MARQWART)、
・GESCHICHTE、VERGANGENHEIT、故郷喪失への反動としての博物館化、補償、


・LUEBBE.H.
・WIE KANN SICH HISTORISCHE AUFKLAERUNG LEISTEN? DER STREIT UM DIE POLITISCHE FUNKTION DER GEISTESWISSENSCHAFTEN
・PATZIG + EDS.、LOGIK・ETHIK・THEORIE DER GEISTESWISSENSCHAFTEN 1977
・LUEBBE、
・STREIT UM DIE POLITISCHE FUNKTION DER GEISTESWISSENSCHAFTEN、GESCHICHTE、


・ROETTGERS.K.
・ZEIT IN DER GESCHICHTE
・PATZIG + EDS.、LOGIK・ETHIK・THEORIE DER GEISTESWISSENSCHAFTEN 1977
・ROETTGERS.K.、HEMPEL、WEINGARTNER、BAUMGARTNER.H.M.、HEIDEGGER、DANTO、BECKER.C.L.、SCHUETZ、M.-PONTY、SIMMEL、
・ZEIT IN DER GESCHICHTE、GEISTESWISSENSCHAFT、


・LAWRENCE.H.W.
・HISTORIC CHANGE IN NATURAL LANDSCAPE:THE EXPERIMENTAL VIEW
・ENVIRONMENTAL REVIEW 6.1982.SEPT.PP.14-37.
・LAWRENCE.H.W.、
・HISTORIC CHANGEIN NATURAL LANDSCAPE、


・LUEBBE.H.
・UEBER DEN GRUND UNSERES INTERESSES AN HISTORISCHEN GEGENSTAENDEN
・FLASHAR.H.+EDS.、GEISTESWISSENSCHAFT ALS AUFGABE 1978.
・LUEBBE、
・GESCHICHTE、


・ROHLFELS.J.
・BEOBACHTUNGEN ZUR BEGRIFFSBILDUNG IN DER GEISTESWISSENSCHAFT
・JAECKEL.E./WEYMAR.E.EDS.、DIE FUNKTION DER GESCHICHTE IN UNSERER ZEIT、1975.
・ROHLFES.J.、HUIZINGA.J.、MOMMSEN.W.J.、WEBER、KOSELLECK、TREITSCHKE、WEHLER.H.-U.、WITTRAM.R.、GREBING.H.、RANKE、BOLLHAGEN.P.、SCHIEDER.T.、DEUTSCH.K.W.、TROELTSCH、
・GEISTESWISSENSCHAFT、HISTORISMUS、


・STROUT.C.
・FAITH AND HISTORY:THE MIND OF WILIAM G.T.SHEDD
・JOURNAL OF THE HISTORY OF IDEAS V.15.1954.
・STROUT.C.、SHEDD.W.G.T.、COLERIDGE、
・FAITH A.HISTORY、ROMANTICISM、HISTORIC SPIRIT、RELIGION、


・GUENTHER.H.
・ZEIT DER GESCHICHTE.WELTERFAHRUNG UND ZEITKATEGORIEN IN DER GESCHICHTSPHILOSOPHIE
・FISCHER -TASCHENBUCHECHER 11472.1993.
・GUENTHER.H.、
・ZEIT DER GESCHICHTE、ZEITKATEGORIE、


・KERRIGAN.W.
・INDIVIDUALISM、HISTORICISM、AND NEW STYLES OF OVERREACHING
・PHILOS.LIT.1989(13)N.1.115-126.
・KERRIGAN.W.、
・INDIVIDUALSIM、HISTORICISM、


・TESSITORE.F.
・ZWISCHEN HISTORISMUS UND GESCHICHTLICHKEIT
・DILTHEY JAHRB.1992-3(8)、367-380.
・TESSITORE.F.、
・HISTORISMUS、GESCHICHTLICHKEIT、


・FLACHENECKER.H./RATH.M.
・DIE GESCHICHTE ALS MORALISCHE INSTANZ? DER UND DAS
・CONCORDIA 1988(4)27-40.
・FLACHENECKER.H.、RATH.M.、
・HISTORIKERSTREIT、ETHIK、MORAL、


・ROBERTS.W.JR.
・BENTHAM'S CONCEPTION OF POLITICAL CHANGE:A LIBERAL APPROACH. ORG.:1961.
・JEREMY BENTHAM、CRITICAL ASSESSMENTS V.3.ROUTLEDGE.1993.
・ROBERTS.W.JR.、BENTHAM、MARX、HEGEL、BURKE、OAKESHOTT、HALEVY.E.、JENKIN.T.P.、
・POLITICAL CHANGE、RATIONALISM、TWO THEORIES OF CHANGE、LIBERALS、PROGRESS、LAW OF HISTORY、SCIENTIST、


・EISENACH.E.J.
・THE DIMENSION OF HISTORY IN BENTHAM'S THEORY OF LAW. ORG.:1981
・JEREMY BENTHAM、CRITICAL ASSESSMENTS V.3.ROUTLEDGE.1993.
・EISENACH.E.J.、BENTHAM、LOCKE、AUSTIN.J.、HOBBES、MILL、HUME、
・INDIFFERENCE TO HISTORY、LEGAL REFORM、HISTORICAL MYTH、ILLUSION、


・POULET.G.
・TIMELESSNESS AND ROMANTICISM
・JOURNAL OF THE HISTORY OF IDEAS V.15.1954.
・POULET.G.、SHELLY、COLERIDGE、BYRON、ROUSSEAU、KEATS、BOETHIUS、SWEDENBORG、BAUDELAIRE、PROUST、
・TIMELESSNESS=ETERNITY、A.ROMANTICISM、PLEASURE OF MEMORY、PAST、PARAMNESIS、TOTA SIMUL、

    3. 書評


・CAPEK.M.
・ベルクソンノ ソウタイセイ ヒハン

・BERGSON、EINSTEIN、
・相対性理論、物質、空間、時間、


・バーク.P.
・フランス歴史学革命
・思想1993.02.

・アナール派、フランス歴史学、


・フクヤマ.F.
・歴史の終わり
・すばる 1992-06.
・FUKUYAMA.F.、ICHIDA.Y.、
・歴史の終わり、


・コルバン
・浜辺の誕生 
・週刊・読書人 1993.03.22.
・コルバン、
・17世紀:自然のペット化;近代人に特有の自然にたいする感受性、感性の受容の歴史、崇高という18世紀のあたらしい美意識、


・ヴィダル=ナケ.P.
・記憶の暗殺者たち 人文書院2884Y.
・朝日新聞 1995.09.03.
・VIDAL-NAQUET.P.、HITLER、
・ナチズム、歴史修正主義、


・筒井清忠
・書評:カーノカン.W.B.『カリキュラム論争−−アメリカ一般教育の歴史
・朝日新聞 1996.03.10.
・TUTUI.K.ON CARNOCHAN.W.B.、
・カリキュラム論争、アメリカ一般教育の歴史、「新しい教養」、


・高山宏
・カステロフィリア 作品社 3600Y. 書評 BY 鷲田清一
・図書新聞 1996.07.20.
・TAKAYAMA.H.、WASHIDA.K.、
・カステロフィリア(城砦愛好 渋沢訳)、記憶、建築、AKIRA、18世紀精神史、


・RIEDEL、M.
・VERSTEHEN OD. ERKLAE

・PFAFFEROT、RIEDEL、DILTHEY、HAB.、
・VERDTEHEN、VERNUNFTKRITIK、HISTORISMUS、


・MINK.L.O.
・HISTORICAL UNDERSTAN

・MINK.L.O.、DRAY、HEMPEL、DANTO、
・HISTORICAL UNDERSTANDING、COVERING-LAW、


・COOK.P.ED.
・PHILOSOPHICAL IMAGINATION AND CULTURAL MEMORY:APPROPRIATING HISTORICAL TRADITION、 ACADEMIC A.UNIVERSITY PUBLISHERS GROUP/LONDON 1993.PB.13.95P.
・PQ 46-185.1996.10.
・MACINTYRE、SCHNEEWIND.J.B.、DANTO、ROSEN.S.、
・CULTURAL MEMORY、APPROPRIATING HISTORICAL TRADITION、


・INGRAM.D.
・REASON、HISTORY、AND POLITICS:THE COMMUNITARIAN GROUNDS OF LEGITIMATION IN THE MODERN AGE
・ETHICS 107-2.1997.01.
・INGRAM.D.、
・REASON、HISTORY、POLITICS、COMMUNITARIANISM、

1997/07/15作成

データベース・ホームページへ戻る。