Works

 

学生、教員の作品・研究を掲載

New:わたしはこんなかんじ 2011

自分の姓名から選んだ漢字をモチーフとしたB1サイズのポスター。
漢字にこめられた太古の意味のイメージを呼び覚ましたり、
直感的に新しいイメージを作る試み。

2011秋:デザイン1

 

New:ブックデザイン2011

小説「幸福な食卓」を共通のモチーフに設定してブックデザインの習作をおこなった。
本来、ブックデザインと言えば、扉、目次、本文の組版から造本までを含む
ニュアンスが強いが、ここでは、作業時間、力量を考慮して
ジャケットのデザインのみに限定した。

2011春:デザイン1

 

わたしはこんなかんじ/10

自分の姓名から選んだ漢字をモチーフとしたB1サイズのポスター。
漢字にこめられた太古の意味のイメージを呼び覚ましたり、
直感的に新しいイメージを作る試み。

2010秋:デザイン1

 

正体尚不明

赤瀬川源平氏の「正体不明」の視点を借りて作成した共同制作。

2006秋-2010秋:メディアデザイン

 

ブックデザイン07

小説「博士の愛した数式」を共通のモチーフに設定してブックデザインの習作をおこなった。
本来、ブックデザインと言えば、扉、目次、本文の組版から造本までを含む
ニュアンスが強いが、ここでは、作業時間、力量を考慮して
ジャケットのデザインのみに限定した。

2007秋:デザイン1

 

Powers of two

イームズの映像作品へのオマージュ。イームズはジャンプ率を10倍にして、
銀河系の彼方までジャンプした。しかし、ここではジャンプ率を2倍にすることで、
個人的・日常的な空間を見つめ直した。

2007秋:メディアデザイン2

 

パーソナル VI/07-08

VI(Visual Identity)とは、視覚的なシステムで組織等のイメージを
統一することをさす。具体的にはシンボルマークやイメージカラーの設定を核として、
さまざまな展開してゆく。2007年には各学生本人のVIをデザインした。
2008年には本人ではなく対話をしながら友人のVIをデザイン。

2007春/2008春:デザイン1

 

ピクトグラム

ピクトグラム(絵文字)は、私たちの生活の中でもたくさん機能しており、
重要な役割を担っています。ピクトグラムによるコミュニケーションは、
文字の機能を全て担うようなことは望めそうにもありませんが、
事前学習が不要で、スピード感があり、美しくて楽しいものになります。

2005春:基礎デザイン

 

美研3回生のVI

2007春:デザイン1

 

ブックデザイン06

受講生各自が好きな書籍を選んで、ジャケットをデザイン。
イラストレーション、写真、タイポグラフィなど各自のイメージに
合う手段を選んで制作した。

2006秋以前:デザイン2