沿革

滋賀大学教育学部附属幼稚園のあゆみ

昭和26年 4月30日 私立東浦幼稚園設置される(設立者は川又清忠氏、1年保育1学級)
  7月10日 滋賀大学学芸学部代用附属幼稚園となる
昭和29年 12月27日 旧女子師範学校倉庫を改造し、園舎1棟をつくる
昭和30年 7月 1日 滋賀大学学芸学部附属幼稚園設置される
  9月 1日 2年保育年長・年少学級用の保育室及び便所をつくる
  10月20日 2年保育年少1学級が開設される
昭和31年 4月12日 1年保育・2年年少・年長各1学級計3学級となる
  6月23日 附属幼稚園育宝会(PTA)会則ができる
昭和39年 2月21日 移転新築工事起工式をあげる
昭和40年 3月31日 大津市昭和町10-3の新園舎に移転する
  4月17日 新園舎竣工式をあげる
  7月 附属学校プールが完成する
昭和41年 4月 1日 滋賀大学教育学部附属幼稚園と改称される
  9月24日 附属学校運動場および幼稚園園庭固定遊具の施設の整備が完成する
滋賀大学附属学校完工式をあげる
昭和42年 6月 藤棚をつくる
昭和43年   園庭に信号機をつくる
昭和44年 4月11日 暖房工事竣工
昭和49年 4月 1日 3歳児学級増になる
  6月 3日 3歳児入園式
昭和50年 4月 4学級進行により5学級となる
  10月25日 附属小学校百周年、付属幼・小・中新築移転10周年記念式典
  11月 3歳児保育室増築の起工
昭和51年 3月 6日 3年保育の園舎増築竣工
創立25周年記念誌の発刊
附属幼稚園同窓会設立
  4月 1日 1年保育の廃止、3年保育・2年保育が完成5学級となる
昭和52年 4月 1日 専任園長決まる
昭和58年 3月 園長室増築竣工
昭和60年 3月 北園舎・中園舎・遊戯室・管理棟の窓わくをアルミサッシに改修する
昭和62年 11月 大学官舎の移転にともない園庭の拡張および固定遊具の移動、整備が完成する
平成 2年 4月 玄関改修工事、教生控室改修工事が完成する
平成3年 3月 創立40周年式典、記念誌の発行
同窓会よりモニュメント『風の子』寄贈される
  8月 旧プールを撤去し『なかよし広場』をつくる
平成5年 4月 北校舎・中園舎間に屋根をかける
平成11年 3月 遊戯室改修工事、湯沸室改修工事が完成する
平成12年 3月 旧固定遊具を撤去し、総合遊具・虹の橋を新設する
平成13年 3月 創立50周年記念式典、記念誌の発行
育宝会記念事業として堰堤整備工事が行われる
親子に名前を募り、「たからのもり」に決定
平成14年 4月 幼児用便所改修工事が完成する
平成17年 8月 年少用遊具(ジャングラミング)導入
平成21年 8月 職員室改修、なかよしホール冷房装置設置
平成22年 3月 幼児用便所増設、職員便所改修
平成22年 8月 全保育室空調工事
平成22年 10月 創立60周年記念式典
平成23年 3月 園舎塗装改修工事・手洗い場改修工事完成
平成24年 2月 遊具下安全マット設置
平成24年 3月 3歳児保育室手洗い場・アコーディオンカーテン設置
平成26年 8月 給水管全面更新工事
平成27年 8月 幼児用便所増設工事