活動紹介

(1)滋賀大学教育学部との共同研究から誕生しました。

学習・発達支援室は、平成17年4月に附属特別支援学校内に新設されました。
平成15年から6年計画で実施した滋賀大学との共同研究、『「知の21世紀をきり拓く特別支援教育の在り方を探る(6年計画)」~個別の教育ニーズに基づく学習支援プログラムの開発と地域における特別支援教育のセンター的役割を担う研究の構築~』をベースに滋賀大学教員と附属教員による研究成果として立ち上がった相談ルームです。

(2)滋賀大学教育学部との連携で現代的教育ニーズに的確にお応えいたします。

附属特別支援学校は、滋賀大学との共同研究を通じて、特別支援教育における資質の向上に努めています。学習・発達支援室では、附属教員を現代的教育ニーズにお応えできる専門性の高いアドバイザーとして派遣しています。

①講師派遣:県内の各校園や地域からの特別支援教育に関する研修会や各種委員会に講師等を派遣。

②巡回相談:大津市特別支援教育対象児等教育支援委員会の相談員、特別支援教育に関わる巡回相談員としての地域支援。

③附属校サポートセンター:滋賀大学教育学部附属幼稚園・小学校・中学校における学習や生活、行動等に配慮や支援が必要な幼児・児童・生徒に対して教育支援等についての巡回相談・指導支援を定期的に実施。

室員紹介

滋賀大学教育学部附属特別支援学校教員

辻 延浩 (代表・校長)
木村 政秀(支援室長・副校長)

コーディネーター
◎福谷 芳恵
今咲 美香
谷  智代
久田 広光

滋賀大学教育学部教員(スーパーバイザー)

窪田 知子

松島明日香