新型コロナウイルス感染症に対する教育学部・教育学研究科の対応について(5/10からの授業の実施形態について)

教育学部
教育学研究科
特別支援教育専攻科
      学生各位

 教育学部・教育学研究科では5月9日(日)までオンライン授業を実施しています。この間、関西圏におけるコロナウイルス感染症はいまだ収束の気配が見えず、京都・大阪・兵庫に出されている緊急事態宣言も延長されようとしています。これを受けまして、教育学部・教育学研究科においては、現在の対応『オンライン授業を原則とする』を近畿2府1県に出されている緊急事態宣言解除まで継続することとします。
 
 授業形態については改めて5月8日(土)までにサクセスを通じて担当教員から連絡があります。

〇 授業の形態

・同時双方向型
 Teams や Zoom を用いて行います。開講曜限に受講してください。

・オンデマンド型
 SUCCESSやSULMSを用いて行います。

・対面型
 少人数のゼミや実習などは、担当教員と受講生が相談の上対面で開講される場合があります。

・ハイブリッド
 対面授業と同時双方向型を組み合わせたものです。大津キャンパス近辺に在住する受講生は対面授業を受講できます。それ以外の受講生は同時双方向型で受講します。詳しくは担当教員の説明を受けてください。

 なお、大津キャンパスへの入構は禁止しません。