教材開発コース 保健体育領域

教材開発コースとは

教材開発コースは、それぞれの専門分野に教科教育学、教材開発及び授業研究等を置き、実践的理論的な教育研究を行います。

教材開発コース【保健体育領域】における教育・研究の概要

保健体育領域

学校体育の諸問題を総合的に究明し、現代社会に対応する保健体育科教育の実践に資することをめざします。
初等体育・中等保健体育科教育の内容を深めるとともに、関連する体育・スポーツ・健康諸科学の専門知識と研究方法を学び、保健体育教員としての教育実践・研究能力の向上を図ります。

保健体育領域の教員一覧

平井 肇ひらい はじめ

研究テーマ
スポーツに関わって現代社会で見られる現象や問題の分析と検討

大平 雅子おおひら まさこ

研究テーマ
人間の生体情報・生理状態の計測による評価研究、就寝環境(光・香り・音楽等)デザインに関する研究

松田 繁樹まつだ しげき

研究テーマ
サッカーに関する研究,トレーニングに関する研究,子どもの足裏形態に関する研究

最近の修士論文題目の例

  • 中学校における武道教育の方向性を探る -武道の特性を生かす剣道授業について-
  • 遊びの「3つの間」の問題点を探る ―小学校児童の遊びの現状と課題―
  • 日本における新しいホッケーの提唱:ホッケー5の普及に向けて
  • 中学生における体力トレーニング介入が足趾把握力,体幹部筋力および基礎運動能力に及ぼす影響
  • 小学校女性教師の体育実践に関する力量についての質的研究
  • NBAのグローバル戦略に外国籍選手が及ぼす影響
  • やり投げ選手における体幹トレーニングが投擲記録および体力テストに及ぼす影響-二軸動作の観点を踏まえて-
  • 8週間のレジスタンストレーニングおよびプライオメトリクストレーニングが様々な体力要素およびキックパフォーマンスに及ぼす影響
  • 小学校体育科における技能力向上プログラムの開発と効果に関する研究
  • 中学校における剣道の授業改善に関する研究