【教職大学院】研究成果報告会・中間報告会を開催しました

 平成3132日(土),滋賀大学教職大学院研究成果報告会・中間報告会を開催しました。滋賀大学教職大学院は平成294月に設置され,本年3月初めての修了生を送り出します。当日は滋賀県教育委員会,滋賀県総合教育センター,市町教育委員会,連携協力校の校長先生方,教育関係者の方をはじめ多くの皆様にご参加いただき,第一期生となる学校経営力開発コース2年次生5名及び教育実践力開発コース2年次16名による研究成果報告会と,第2期生となる学校経営力開発コース1年次生6名と教育実践力開発コース1年次生6名による中間報告会が行われました。

 大学院生それぞれが学校や地域における今日的な課題の解決に向けて,テーマを設定し,研究を積み重ねてきた成果です。教職大学院での教育研究が一歩ずつですが,着実に前へ進んでいることを感じました。参加者からは「どの報告者も教育課題を見極めたコンセプトある研究発表であった。」「教職大学院での経験を現場で他の教員とともに協働してくれることを期待する。」等の感想をいただきました。

 教職大学院の教育研究は,連携協力校の校長先生をはじめ多くの皆様のご理解とご協力の上に成り立っています。今後も,滋賀県の学校現場の課題解決をめざし,地域から必要とされる教職大学院として,さらに充実に向けて努力していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

喜名理事の挨拶

学校経営力開発コースの報告

 

 

 

 

 

 

 

教育実践力開発コースの報告

 

アーカイブ