●ごあいさつ

 環境の世紀といわれる21世紀ですが、本当に環境に配慮した世紀を実現するには、わたしたち自身の身近な環境から正しく理解していく必要があります。もし、水の中を観察する機会と道具があれば、身近な場所に実に豊かな生物の世界が広がっていることを理解できるでしょう。さらに、水の中の環境を詳細に調べることができれば、水の中の環境が人間活動から様々な影響を受けていることにも気づくことでしょう。琵琶湖の生物の調査や、大津キャンパス周辺での生き物の調査をとおして、身近な環境の理解を深めてみませんか。

●不定期更新 ゼミの写真

2014年5月18日の環水平アーク

天然真珠が見つかりました

●主な研究対象

  • 湖底の環境と生物のかかわり
  • 熱帯湖沼における生物生産
  • 身近な水環境の科学的な観察

●お知らせ

2018年4月20日
新学期が始まり3週間がたちました。毎年繰り返しのことが多いですが、一方で研究室は新しいメンバーになり新鮮さもやってきます。さてどんな一年になるでしょうか。
2018年2月8日
無事卒業論文発表会がおわりました。卒業論文では、生まれて初めてきちんとした形で研究をしたことと思います。研究成果はほんのわずかかもしれませんが、その小さな一歩が実は大きな一歩である、と説明できれば立派な研究です。
2018年1月16日
滋賀大学の通勤手当の規則に、交通用具は(1) 自動車、原動機付自転車その他の原動機付の交通用具(2) 自転車、そり、スキー及び舟艇。ただし、原動機付のものを除く。という表現があります。同様の規定はいくつかの自治体などであります。原動機のついていない舟艇やそり、スキーで通勤するってすごいですね。そんな滋賀大学にはこれに対応して?桟橋があります。スキー・そり置き場も必用かも。
2018年1月4日
新年あけましておめでとうございます。昨年を振り返りつつ、今年の決意と行きたいところですが、毎年おなじことが繰り返されているのが現状でしょうか。昨年よかったことは、論文を読むのにタブレットを使いだしたらすごく便利だったことです。老眼対策ですね。今年の目標はたくさん論文をよんで、自分も論文を書く。結局毎年同じことです。
2017年4月20日
教育基本法第二条の五には「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに」という文言があります。博物館はまさにその役割の一翼を担い、それを支えているのが学芸員です。ところで、日本は法治国家であるとされ、政治家は法律をもとに国を動かすものだと思っていました。
2017年4月10日
新学期が始まってしまいました。今年度の担当授業を更新しました。
2017年2月2日
とあるカプセル式のコーヒーメーカーを使っているのですが、カプセルを買うのが面倒で、普段はコーヒーメーカーでお湯を作ってインスタントコーヒーを飲んでいます。今朝、作ったインスタントコーヒーが抜群においしかったのですが、よくみると前日のカプセルが。新しい技を見つけてしまったかもしれません。失敗は成功の母
2017年1月13日
今年は新年のあいさつが遅くなりました。恒例の卒論・修論指導の時期です。今年は力作ぞろいといえるでしょう。やはり、自分たちでフィールドの観察結果をもとに計画した研究はうまくいきます。机上の議論しかない研究計画は考え直してください(これから卒論に取り組む学生へのメッセージ)。
2016年8月1日
定期試験も終わり、採点もなんとか終わりました。今年も夏本番の「湖沼学実習」を実施します。8月4・5日は観測、6・7日はキャンパス内でデータ解析と生物観察です。なお、今年から初等教育コースの2回生が受講生です。
2016年4月1日
2年連続の嬉しい4月1日。学生のみなさん、9月と12月に一週間ずつ研究のため不在にします。特に12月に不在の意味を理解するように!
2016年2月6日
David Bowie の訃報につづき、Maurice Whiteの訃報とは。自分が学生時代から慣れ親しんだミュージシャンがいなくなるのは寂しいものです。
2016年1月7日
まだ正月松の内なので、明けましておめでとうございます、と書けますね。さて、公文書に使うと問題になると話題の消えるボールペンですが、学生の論文の添削には赤色の消えるボールペンが便利だということに、昨年ようやく気が付きました。替え芯をたくさん用意して頑張るぞ!と思っていたのですが、赤ペンを入れる状態に達しない原稿が続出!!例年年末に赤ペンのインクが足りなくなってヒイヒイ言っているのですが・・・。
2015年12月1日
卒論の題目提出やゼミの中間発表が近づくと真剣になるのはわかりますが、次の日からスイッチが切れたようにふるまうのは褒められたものではありません。何かをやり過ごす練習をしているのであればそれは大学でやることではありません。社会にでれば幾度となく試練がやってきます。ただ、本当の意味で真剣になったことのない人には向き合えないような試練だと思いますよ。
 
 
 
 
海のナディア。

これより前のお知らせはこちら