附属学校園 後援会

滋賀大学教育学部附属学校園後援会は、膳所キャンパスに校舎を移転する際に、その移転費用を学内だけでなく広く地域の方にも寄附していただくことを目的に、昭和37年(1962年)10月に発足しました。
その後変遷を経て、現在は、附属幼稚園・小学校・中学校・特別支援学校に学ぶ子どもたちの教育環境設備の改善および教育・研究活動等に対する援助を行い、これからの時代に求められる資質や能力を子どもたちに育むための豊かな教育環境を維持・継続し、附属学校園の教育・研究の発展に寄与することを目的に活動しています。
在校生・在園生・卒業生の保護者、同窓生や元教員らにより活動しており、保護者と教員が生徒や園児の健全な育成のために協力し、また親睦を深めるPTAや育宝会とは性格を異にします。
附属学校園に入学・入園される生徒・園児の保護者の皆様方には、以上の経緯及び目的をご理解いただき、入会金の納付によりご入会いただきますようお願い申しあげます。

活動報告

後援会だより

役員名簿

大学との連携(寄附のお願い)

後援会の歴史