空間的視点取得


※ 上から3課題の詳細は「空間的視点取得の生涯発達に関する研究 2006 風間書房」  をご覧下さい。

「3つの山問題」   

子どもの空間認知能力の発達を調べるために、ピアジェとインヘルダー(Piaget,J. & Inhelder,B.,1948)において用いられた課題。
(課題の詳細はこちら)
 
顔回転課題   


幼児期初期の空間的視点取得能力を測定するために開発された実験課題です。
(課題内容はこちら)
(Einglish)

地図回転課題
  

児童期以降(特に成人)の空間的視点取得能力を測定するために開発された実験課題です。
課題内容はこちら

くるくるかくれんぼ
  

幼児から高齢者までゲーム感覚で空間的視点取得能力を測定できる課題です。認知能力のスクリーニング・テストとしても使えます。
課題内容はこちら




 =空間認知勉強会のお知らせ=
  
  参加者全員が文献を読み、概要を発表する会です
  空間的視点取得に関係する文献を歓迎します
  参加を希望される方は、渡部にメールで連絡を下さい
  報告をして頂けるなら、どなたでも参加可能です
  (初回のみオブザーバー参加が可能です)
  
  <次回>
  日時:2019年6月16日(日) 13:30−16:30(予定)
  場所:滋賀大学教育学部




 ご意見


 もどる