学校ボランティア派遣

教育実践総合センターが核となり、教員志望学生の実践的指導力形成のために、学校園での教育体験を深める3つのプロジェクトを実施しています。

  • 石山プロジェクト:本学近隣の公立幼稚園、および小学校での1~4回生によるスクールサポーター活動
  • 栗東・守山プロジェクト:1,2回生での交流実習→学生サポーター活動→3回生での教育実習→発展実習という継続した活動
  • 上記の各プロジェクト活動によるサポーターの特徴
    1. 活動に対する課題意識を一人ひとりの学生がしっかりと持っている。
    2. 毎週、決まった学年や学級での活動によって、子どもたちと良好な関係が築け、学習支援が効果的に行える。
    3. 毎月1回の省察会を通して、悩みごとの相談や実践的指導力の育成につなげている。
    4. 報告会を通して自己の取組みを考察しつつ、新たな課題を見出し、指導力の向上につなげている。