連合大学院2022年「先端教育課題総合研究」(若松担当分)関連資料

■8月8日(月)分 講義レジュメ および資料

 

○講義ノート(レジュメ)
  若松の講義ノートをそのままPDFファイルにしています。当日はメモを書き込みながら聞いていただきたいので、プリントアウトを推奨します。こちらからダウンロードしてください。

 

○講義資料
  資料は、授業中に画面提示もしますので、プリントアウトは必ずしも必要ありません。

 

 A.圧縮版 …PCでダウンロードして解凍できる方はこちらを使ってください。

 

 B.非圧縮版 …Aを使えない方はこちらから1つずつダウンロードしてください。
   資料1はこちら
   資料2はこちら
   資料3はこちら
   資料4はこちら
   資料5はこちら
   資料6はこちら
   資料7はこちら
   資料8はこちら
   資料9はこちら

 

授業終了後には感想や意見を こちらに入力してください。

連合大学院2021年「教育実践研究T」(若松担当分)講義スライドおよび資料

8月21日に行われる連合大学院「教育実践研究T・教育実践基礎研究T」の「教育研究法基礎(量的研究法)」で使用する講義スライドならびに資料等を以下にアップしましたので、必ず講義前日までにダウンロードし、必要なものはプリントアウトしておいてください。(7月30日更新)

 

0.以下の資料等についての説明や留意事項をこちらにアップしましたので、まず読んでください。

 

★以下のファイルを圧縮してまとめましたので、zipファイルの解凍方法がわかる方はこちらから一括ダウンロードしてください。それができそうにない方は、以下からひとつずつダウンロードしてください。

 

【追加アップロード 2021.8.21 終了後 】 すみません! 8/20追加分に誤りがありましたので、訂正でアップします。4枚目のスライドです。
 すみませんが4枚追加したものをまとめてあります。各スライド右下に、そのスライドがどの位置に挿入されるかを示してあります。こちらからダウンロードしてください。
※判別分析と数量化T類の位置が逆でした。たいへん申し訳ありませんでした!

 

--- 個々のファイルはこちら ---

 

1.テキスト代わりのPowerPointスライドはこちらです。

 

2.授業の中で使う3種のスライドは以下です。
 (1)資料1 カイ2乗分布 はこちらです。

 

 (2)資料2 達成動機尺度について はこちらです。

 

 (3)資料3 因子分析と重回帰分析の題材となる調査項目 はこちらです。

 

3.分析実習に使うフリーソフト「HAD」用のExcelファイルは以下です。
 (1)カイ2乗検定で使うファイル1はこちらです。
    同じくファイル2はこちらです。
    同じくファイル3はこちらです。

 

 (2)相関係数の算出で使うファイル1はこちらです。
    同じくファイル2はこちらです。
    同じくファイル3はこちらです。

 

 (3)因子分析で使うファイルはこちらです。

 

 (4)重回帰分析で使うファイルはこちらです。

 

4.HAD演習の出力結果みほんはこちらです。

 

 以上です。

 

【受講後の感想】
 こちらから入力をお願いします。