カリキュラム

カリキュラムの構造

本学部のカリキュラムは、「教養教育科目」、「教職科目」および「専門教育科目」から成ります。

「教養教育科目」

大学入門科目
大学での学習に必要な基本的スキルと心構えを身につけます。
全学共通教養科目
人文科学、社会科学、自然科学、特定主題の4分野にわたって多彩な科目が開講されます。
外国語科目
異文化理解とコミュニケーションの能力を育成します。
体育科目
体力づくりや身体管理について学びます。

「教職科目」

教育と教職、子どもの成長と発達、教育方法等に関する基礎的理解を図るとともに、今日の教育へ柔軟かつ適切に対応できる実践的指導力のある教員を育成します。

「専門教育科目」

各専攻・専修別に多彩な専門科目を設け、高度な学問的見識を身につけることを目指します。

学校教育教員養成課程のカリキュラム

  • 入学当初はクラスに属して共通の内容を学びます。1年次の秋からそれぞれのコースに分かれ、専攻分野を深く学びます。
  • 本学部は実践的能力を重視しています。中核となる「教育参加カリキュラム」には、教員としての実践的な力を育てるさまざまなプログラムが用意されています。
  • 教育課程の終着点は教員となることです。学部スタッフとプロフェッショナルOBによる「進路支援プログラム」が、就職を強力にバックアップします。

各専攻・専修のカリキュラム・マップ

  • 科目の詳細についてはシラバスを参照してください。