専攻科

概要

特別支援教育専攻科は、主に幼稚園、小・中学校、特別支援学校の現職教員や教員志望者等を対象として、障害児教育に関する高度の専門的事項を教授するとともに、その研究を指導して、障害児教育に携わるすぐれた教育者を養成することを目的に設置されています。
本学専攻科は、知的障害児教育の研究を始め、LD・ADHD・自閉症スペクトラムなどの発達障害に関する研究や教育に積極的に取り組んでいます。また、特別支援教育やインクルーシブ教育が推進されている中で、特別支援学校だけでなく、特別支援学級や通級による指導における教育を担う高度な専門性を持つ教員の養成や、通常学級でさまざまな困難を経験している子どもにも対応できる教員の養成にも力を注いでおり、特別支援教育コーディネーターとしての役割の遂行や「個別の指導計画」「個別の教育支援計画」の作成等に求められる発達検査や心理アセスメントに関するカリキュラムも充実させています。
専攻科生の研究(卒業)論文では、特別支援学校における教育実践に関するもの、発達障害児の教育と療育の連携に関するもの、特別支援学級や通級指導教室の役割に関するもの、通常学級における支援体制の構築に関するもの、ダウン症児や自閉症児の事例研究、障害児の放課後の地域生活に関するものなど、各自の関心に沿ってテーマ設定しています。

取得できる免許

1年間の在学期間中に必要な単位を取得することによって、特別支援学校教諭一種免許状(知的障害児、肢体不自由者、病弱者)または特別支援学校教諭専修免許状(知的障害児、肢体不自由者、病弱者)を取得することができます。

入学者の募集

学部生時代に障害児教育を学んだ人だけでなく、他研究分野の卒業生の入学を広く募集しています。小・中・高等学校、幼稚園の教諭の普通免許状をもつ人ないし取得見込みの人に出願資格があります。専攻科入学試験についての詳しい情報(出願資格、出願手続、試験日時など)は、下記を参照してください。

卒業後の進路

卒業生は、特別支援学校や小・中学校の特別支援学級、通級指導教室(ことばの教室)、通常学級の教諭をはじめ、療育機関、社会福祉施設などさまざまな障害児教育および福祉の担い手となって活躍しています。