学部長メッセージ

神学部長

滋賀大学教育学部は、1875(明治8)年に設立された滋賀県師範学校を出発点とし、以来140年余の長きにわたって、滋賀県をはじめ各地に優秀な教員を送り出し、地域社会の発展に貢献してきました。教育は「人が人を育てる」仕事。時代がどのように変わろうと、人(ひと)でなければできない仕事だと思う・・・。これは、滋賀大学教育学部を卒業して小学校の教壇に立つ、ある中堅教師の言葉です。AIにより種々の職業が消失すると言われる現在、この言葉はより実感を伴って響いてきます。

教師を目指す理由には、子どもが好きだから、教えることが得意だから、数学の問題を解くことが好きだから、歴史を探ることが好きだからなどいろいろなものがあるでしょう。滋賀大学教育学部では多様な得意分野を持ち個性豊かな教育者の育成を図ります。将来、教師としての日々の実践の中で様々な教育的課題に取り組み、その解決のために探求し続けることができる。その出発点として先進的なカリキュラムを用意し、教師としての基礎的・基本的な力を備え、その魅力を深く理解する学生を育てています。

本学部の教員養成カリキュラムは3本の柱から成り立っています。大学入門科目からはじまり、教員としての基礎的力を身につける基本カリキュラム、多様な教育体験を積み、実践力を育てる教育参加カリキュラム、そして個々の学生が得意分野を深め、自信をもって教壇に立つための得意分野育成カリキュラムです。さらに、滋賀県の学校教育を長くリードしてこられた本学OB陣や学部スタッフによる手厚い就職支援や、地域の学校・教育委員会と連携して地域全体で学生を育てる体制も整えています。その成果は、教員就職実績にはっきりと現れています。全国の教員養成系国立大学・学部の中でも良好な結果を残しています。特に、正規教員採用率は毎年上位に位置しています。

子どもたちが子ども時代を充分に生き、未来を切り拓いていく力を身につけるために、教師の存在はたいへん大きいものです。激動の社会で教育学部の役割は今後ますます重要になるでしょう。滋賀大学教育学部は、これからも教職に対する情熱と誇りを持った力量ある教員をしっかりと育てます。