附属中学校で2018年度 ILECさくらサイエンスプラン事業を実施しました

 1月25日(金)、附属中学校において、ILEC主催の2018年度 さくらサイエンスプラン事業の一環として、理科授業の視察の受け入れと意見交換会を実施しました。この事業は、ILECJSTの助成を受けて実施するもので、滋賀県の協力も得ています。

 日本の優れた科学技術や、琵琶湖を擁する滋賀県、日本の環境教育について中国湖南省の教員等に紹介し、教育現場関係者が水環境を主題とする環境教育について学び、日本との交流を持つねらいがあります。

 事業に参加したのは、湖南師範大学付属小中学校の教員等計10名で、滋賀県立琵琶湖博物館からの参加もありました。授業の視察後は、本校での生徒を主体とした理科授業の進め方と中国との違いについて、意見交換を行いました。

アーカイブ