附属中学校で金融庁による「金融経済教室」を実施しました

 1月25日(金)に、附属中学校3年生を対象として、金融庁の職員による出張授業を実施しました。生徒の金融リテラシーを高めることを目的とした金融庁・財務局によるプロジェクトで、滋賀県では初の試みです。当日は、講義と演習により、生活をしていく上での「お金」との付き合い方や、経済を支える金融について理解した上で、今後のライフデザインのイメージを捉えました。

アーカイブ