教育学研究科学生が、日本家政学会関西支部研究発表会で若手優秀発表賞を受賞しました

平成30年11月24日に帝塚山大学で開催された日本家政学会関西支部第40回(通算第96回)研究発表会で、教育学研究科学校教育専攻教材開発コース環境教育領域2年生 髙橋 幸宏さんが、「日本家政学会関西支部 若手優秀発表賞」を受賞しました。この賞は、同研究発表会において、優れた演題を発表した40歳未満の若手研究者を表彰する若手顕彰制度によるもので、髙橋さんと本学 久保加織教授との共同研究を口頭発表した「ふなずし製造方法の違いがもたらす嗜好性への影響」が受賞対象となりました。

アーカイブ