CST養成プログラム研修報告会を開催し、認定式を挙行しました

 

平成31214日(木)、教育学部において、理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー:CST)養成プログラムの受講者研修報告会を開催し、認定式を挙行しました。研修報告会、認定式には、共同実施機関である滋賀県教育委員会、大津市教育委員会、草津市教育委員会、野洲市教育委員会、長浜市教育委員会、東近江市教育委員会、高島市教育委員会より、CSTご担当の先生方が出席してくださいました。

本研修報告会は、CST養成プログラムを受講し研修に取り組んできたCST候補の先生方が、成果と課題を報告するとともに、今後のCST活動の効果的な実施に向けた情報交換の場ともなるよう開催したものです。

糸乗前教育学部教授、青木明弘滋賀県教育委員会幼少中教育課指導主事からの挨拶に続き、プログラムを修了した現職教員4名(中学校教員2名・小学校教員2名)と学生2名から報告がありました。報告では、夏期集中研修、模擬CST活動、理科支援生指導、授業力向上などの成果と課題について、1年間の様子を交えた発表が行われ、学生プログラムを受講中の大学生も先生方の発表を熱心に聞いていました。

今年度は、現職教員4名がコア・サイエンス・ティーチャーに、学生2名が准コア・サイエンス・ティーチャーに認定されました。認定式では、杉江淑子教育学部長より、現職教員4名、学生2名の計6名に認定証がそれぞれ授与され、今後地域のCSTとして活躍することを期待する旨の挨拶をいただきました。

 

糸乗教授挨拶

青木指導主事挨拶

 

 

 

 

 

 

 

現職教員報告

学生報告

 

 

 

 

 

 

 

認定証授与

杉江学部長挨拶

 

 

 

 

 

 

 

記念写真

アーカイブ